豪姫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

豪姫(ごうひめ、天正2年(1574年)- 寛永11年5月23日1634年6月18日))は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての女性。宇喜多秀家の正室。前田利家の四女。豊臣秀吉の養女。羽柴氏。南の御方、備前の方、京。樹正院。洗礼名「マリア」。

生涯[編集]

天正2年(1574年)、織田氏家臣・前田利家の四女として尾張国荒子(愛知県名古屋市)に生まれる[1]。生母はまつ(芳春院)。

数え2歳の時(『川角太閤記』)、父の利家が羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)との仲を深めるため、子のなかった秀吉夫婦の養女として出された[2]。豪姫は秀吉や正室の寧々に太閤秘蔵の子として寵愛されたといわれる[3]。わずか数え2歳の時点で養子に出したことから利家と秀吉の間柄には信頼関係が醸成されていたことが窺える[4]。その後、一時播磨姫路城にいたらしい[5][6]

天正16年(1588年)以前に秀吉の猶子であった備前国(現・岡山県)の戦国大名岡山城主・宇喜多秀家の妻として嫁ぎ[7][8]「備前御方」と呼ばれ、文禄2年には「南御方」と改称した[9]。また両者の婚姻は天正14年(1586年)とする説もある[10]秀規[要出典]秀高秀継理松院山崎長卿富田重家室)・先勝院伏見宮貞清親王善福寺住職宣勝室)を産む。ところが、慶長5年(1600年)、秀家が関ヶ原の戦い石田三成ら西軍方に属していたため、戦後に宇喜多氏は改易。秀家は薩摩に潜伏し島津氏に匿われる。しかし慶長7年(1602年)、島津氏が徳川家康に降ったため、秀家は助命を条件に引き渡され、息子2人と共に慶長11年(1606年)に八丈島に流罪とされた。

宇喜多家が没落後、北政所に仕えていたが、洗礼を受けたのち、慶長12年(1607年)頃、金沢に引取られた[11]。その際、中村刑部と一色主膳が供として従い、豪は化粧料として1500石を受け、金沢西町に居住した[12]。これに伴い一族の宇喜多久閑も来沢して前田家から1500石を与えられた[13][14]ロドリゲス・ジラン神父は豪姫が洗礼を受けたことをローマに報告しており(『一六〇六の年報』)[15]、その信仰の先達を勤めたのは内藤ジュリアであったともいわれている[16]

寛永11年(1634年)5月、死去。享年61[17]。法名は、樹正院殿命室寿晃大禅定尼。葬儀は宇喜多氏の菩提寺、家臣であった中村刑部・一色主膳ら多くの有縁の方によって浄土宗大蓮寺 で行われた。

その他[編集]

文禄4年(1595年)、病弱で出産の度に大病にかかっていた豪姫だが、狐が憑いたのが原因だと言われ、養父・秀吉は10月20日、石田三成増田長盛に命じて狐狩の文書を出した[18][19][20]。この時は、内侍所御神楽が奏され、実父の利家も名刀三池伝太の威力で狐を落としたという[21]

系譜[編集]

子女

登場作品[編集]

映画
小説
テレビドラマ
ゲーム

参考[編集]

  • 桑田忠親「豊臣秀吉の狐狩に関する文書」(『歴史地理』66巻6号、1935年)
  • 桑田忠親「太閤狐狩の文書」(『戦国武将の生活』青磁社、1942年)
  • 桑田忠親「大西家所蔵狐狩の古文書」(『朱』12号、1971年)
  • 岩沢愿彦『前田利家(新装版)』(吉川弘文館、1988年)
  • 宮本義己「前田利家と豊臣秀吉」(花ヶ前盛明編『前田利家のすべて』新人物往来社、2001年)
  • 大西泰正「豪姫のこと」(『岡山地方史研究』122号、2010年)
  • 大西泰正「浮田休閑」(中西裕樹編『高山右近』宮帯出版社、2014年)
  • 立石定夫『戦国宇喜多一族』(新人物往来社、1988年)
  • 海老沢有道『高山右近〔新装版〕』(吉川弘文館、1989年)
  • 森脇崇文「文禄四年豪姫「狐憑き」騒動の復元と考察」(『岡山地方史研究』138号、2016年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 岩沢愿彦『前田利家(新装版)』(吉川弘文館、1988年)334頁
  2. ^ 岩沢愿彦『前田利家(新装版)』(吉川弘文館、1988年)335頁
  3. ^ 岩沢愿彦『前田利家(新装版)』(吉川弘文館、1988年)336頁
  4. ^ 宮本義己「前田利家と豊臣秀吉」(花ヶ前盛明編『前田利家のすべて』新人物往来社、2001年)35頁
  5. ^ 桑田忠親「太閤狐狩の文書」(『戦国武将の生活』青磁社、1942年)
  6. ^ 岩沢愿彦『前田利家(新装版)』(吉川弘文館、1988年)335頁
  7. ^ 岩沢愿彦『前田利家(新装版)』(吉川弘文館、1988年)335頁
  8. ^ 大西泰正「豪姫のこと」(『岡山地方史研究』122号、2010年)
  9. ^ 岩沢愿彦『前田利家(新装版)』(吉川弘文館、1988年)335頁
  10. ^ 桑田忠親「大西家所蔵狐狩の古文書」(『朱』12号、1971年)
  11. ^ 海老沢有道『高山右近〔新装版〕』(吉川弘文館、1989年)191頁
  12. ^ 立石定夫『戦国宇喜多一族』(新人物往来社、1988年)362頁
  13. ^ 海老沢有道『高山右近〔新装版〕』(吉川弘文館、1989年)191頁
  14. ^ 大西泰正「浮田休閑」(中西裕樹編『高山右近』宮帯出版社、2014年)170頁
  15. ^ 立石定夫『戦国宇喜多一族』(新人物往来社、1988年)369頁
  16. ^ 立石定夫『戦国宇喜多一族』(新人物往来社、1988年)369頁
  17. ^ 岩沢愿彦『前田利家(新装版)』(吉川弘文館、1988年)334-335頁
  18. ^ 桑田忠親「豊臣秀吉の狐狩に関する文書」(『歴史地理』66巻6号、1935年)
  19. ^ 桑田忠親「太閤狐狩の文書」(『戦国武将の生活』青磁社、1942年)
  20. ^ 桑田忠親「大西家所蔵狐狩の古文書」(『朱』12号、1971年)
  21. ^ 岩沢愿彦『前田利家(新装版)』(吉川弘文館、1988年)335-336頁

関連項目[編集]