グレート-O-カーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グレート-O-カーン
プロフィール
リングネーム グレート-O-カーン[1]
岡 倫之
本名 岡 倫之
ニックネーム ドミネーター
アマ格闘技十冠王[2]
身長 188cm
体重 115kg
誕生日 (1991-06-12) 1991年6月12日(30歳)
出身地 群馬県前橋市
所属 新日本プロレス
スポーツ歴 総合格闘技
レスリング
柔道
空手
キックボクシング
ブラジリアン柔術
グラップリング
パンクラチオン
サンボ
トレーナー 永田裕志
デビュー 2017年1月3日
テンプレートを表示
獲得メダル
男子 レスリング
全日本レスリング選手権大会
2012 フリー120kg級
2013 フリー120kg級
全日本選抜レスリング選手権大会
2012 フリー120kg級
2013 フリー120kg級
2014 フリー125kg級
全日本学生レスリング選手権大会
2010 フリー120kg級
2011 フリー120kg級
2012 フリー120kg級
2013 フリー120kg級
2013 グレコローマン120kg級
全日本大学レスリング選手権大会
2013 フリー120kg級
国民体育大会
2008 フリー120kg級
2009 フリー120kg級
2011 フリー120kg級
2013 フリー120kg級
全国高等学校総合体育大会
2008 フリー120kg級
2009 フリー120kg級
全国高等学校選抜レスリング大会
2008 フリー120kg級
2009 フリー120kg級
全日本ジュニアレスリング選手権大会
2009 フリー120kg級
2010 フリー120kg級
2011 フリー120kg級

グレート-O-カーン(グレート゠オー゠カーン、1991年6月12日 - )は、群馬県前橋市出身の日本プロレスラー。本名、岡 倫之 (おか ともゆき)


略歴[編集]

花咲徳栄高等学校日本大学商学部卒業[3]

レスリングでは2012年全日本レスリング選手権大会フリースタイル120kg級優勝、2014年全日本選抜レスリング選手権大会125kg級優勝などの実績を持つ[4]。2014年にブシロードに入社、ブシロードクラブに所属していた[5]

2015年にプロレスラーへの転向を表明、同年6月27日の『巌流島』道場マッチ2にてプロデビューを果たす。鈴木堅世を相手に1R40秒で下し、勝利を飾った[6]。同年8月にはブルガリアで行われた世界コンバットレスリング選手権大会に参戦、100kg超級で優勝[7]

2016年1月3日、新日本プロレスへの入団を発表[8]

2017年1月3日、ディファ有明にて開催された大プロレス祭りにて永田裕志を相手にプロレスデビューを果たす。2月21日ヘナーレとの対戦でヘナーレが足を負傷してレフェリーストップではあるものの、岡もデビュー1ヶ月半にして初勝利をマークした。 8月4日G1 CLIMAX 27愛媛大会のバッグステージで北村克哉とのタッグチームをモンスターレイジと命名。 同年開催のWORLD TAG LEAGUE出場を宣言するも、出場を逃した。

7月6日、岡は北村とのタッグで全日本プロレスに初参戦するが、秋山準大森隆男組に敗れた。[9]

2017年10月から12月にかけて開催のヤングライオン杯では、最終戦で北村に敗れるなど3勝2敗に終わる。

2018年6月30日イギリスミルトン・キーンズにて行われたRPWとの合同興行に参戦のため、事前告知なく秘密裏に渡英し海野翔太の対戦相手"X"として第1試合に出場した。この際、顔面に護符布を装着して素顔を隠し、キョンシーのような風貌のコスチューム姿で入場。リングイン後に布を外して正体を明かした。また、自らを"ドミネーター"(支配者)と名乗り、リングネームをグレート-O-カーン[1]に変更した。翌日のマンチェスター大会にも引き続きグレート-O-カーンとして出場している。後日、新日本プロレスより岡がそのまま帰国せずにグレート-O-カーンとして海外遠征が決定したことが発表された[10]

2020年10月16日、-O-カーンはG1 CLIMAX 30両国国技館大会の公式戦オカダ・カズチカVSウィル・オスプレイの終盤に乱入、オカダをエリミネーターで襲撃し、オスプレイの勝利をアシストした[11][12]。同年10月18日より、-O-カーンが立ち上げた新ユニット「THE EMPIRE」のリーダーとして活動する[13]

11月15日からのWORLD TAG LEAGUE 2020にて-0-カーンはジェフ・コブをパートナーとして参戦した。しかし、5勝4敗で予選敗退となり、4敗はいずれも-O-カーンが喫したものであった。

2021年1月4日のWRESTLE KINGDOM15にて、棚橋弘至とのスペシャルシングルマッチに敗れた。

1月6日のNEW YEAR DASH!!にて辻陽太天山広吉小島聡組と対戦し勝利を収めたが、試合終了後も-O-カーンはなおも天山を痛め続け、TTDで天山を担架送りにした。

1月30日のTHE NEW BEGINNING in NAGOYAにて、天山との敗者モンゴリアンチョップ封印マッチに勝利した。同大会で行われたNEVER無差別級王座の試合後、-O-カーンは勝利した棚橋のマイクパフォーマンス中に乱入してエリミネーターで襲撃し、NEVER無差別級王座への挑戦を表明した。

2月28日、大阪城ホールで行われたCASTLE ATTACKにて棚橋とのNEVER無差別級選手権に挑むが、敗れた。

3月4日、日本武道館で行われた旗揚げ記念日にてNEW JAPAN CUP1回戦で内藤哲也にレフェリーストップで勝利した。だが3月11日、アイテムえひめで行われた2回戦で矢野通に敗れてしまう。

4月26日、広島サンプラザホール大会にて再び内藤と対戦。-O-カーンもエリミネーターで決めようとするも、内藤のデスティーノで切り返され、最後は正調デスティーノで敗北した。

9月18日からのG1 CLIMAXに初出場。開幕から3連勝を収めるも、4勝5敗(不戦勝1勝を含む)で予選落ちとなった。

11月6日の大阪府立体育会館で行われたPOWER STRUGGLEにて矢野通が保持するKOPW 2021に挑戦。試合は事前のファン投票により「アマチュアレスリングマッチ」で行われたが、6-5で判定負けした。

11月14日からのWORLD TAG LEAGUE 2021にアーロン・ヘナーレとのタッグで出場したが、7勝4敗で予選落ちとなった。

得意技[編集]

レスリングの経験と、類いまれな体格を生かしたパワーファイトが特徴である。

フィニッシュ・ホールド[編集]

エリミネーター(アイアン・クロー・スラム)
相手の右サイドから自らの右手で相手の前頭部を鷲掴みし、担ぎ上げてそのままマットに叩きつける。アイアン・クロー式の変形チョーク・スラム。海外遠征でイギリスを主戦場として戦う-O-カーンのフィニッシャーの1つ。海外遠征中は、不夜城という名称で使用していた。
モンゴリアン・バックブリーカー
正面から右手で相手の頭部を鷲掴みにし、そのまま背後に回って左手で相手の両足を交差させながら背中に担ぎ上げ、前傾姿勢を取りながらスタンドで締め上げるアイアン・クロー式・変形バックブリーカー。
アイアン・クロー
正式名称はブレーン・クローと呼ばれる、顔面を片掌で掴み、そのまま握力を使って締めつける古典的なプロレス技。

投げ技[編集]

ブレーンバスター
リバース・ブレーンバスター
背後から相手の頭部を左脇下に抱え込み、右手でタイツを掴みながら担ぎ上げ、勢いよく後方へ倒れ込むことで相手をフェイスバスター気味に顔面からマットに叩きつけるリバース式の変形ブレーンバスター。
雪崩式ブレーンバスター
バックドロップ
フロントスープレックス
ジャーマンスープレックス
ジャンピング・ネックブリーカードロップ
アトミック・フェイス・バスター
アトミック・ドロップの体勢で相手を担ぎ上げ、そこから180°前方回転させながら前方へ投げ落とし、顔面からマットに叩きつける変形フェイス・バスター。見栄えのいい豪快な繋ぎ技だが、正式名称はない。
リフティング・フラットライナー
正面からロック・ボトムの体勢で相手の右脇下から相手に組みつき、右腿に左手を添えてマットと平行に高々と担ぎ上げ、勢いよく背面から倒れ込むことで相手を顔面からマットに叩きつける変形フラットライナー。
サイド・スープレックス
一本背負い

打撃技[編集]

エルボー
バックエルボー
逆水平チョップ
チョップ・スマッシュ
耳を掴んで耳にチョップすることもある。
モンゴリアンチョップ
-O-カーンの場合は、独特の甲高い奇声を発しながら小さくジャンプして放つのが特徴。3発目は、チョップというより胸板への両手での張り手に近い形でなぎ倒すことが多い。
王統流二段蹴り
王統流正拳突き
張り手
地獄突き
ラリアット
スライディングキック
コーナーポストに相手を逆さ吊りにてかける。

関節技[編集]

肩固め
膝十字固め
アイアンコブラツイスト
コブラツイストの体勢から相手の顔面を自身の右手でアイアン・クローで極める複合技。
大空スバル式羊殺し
Vtuberグループ『ホロライブ』の短編アニメ『ホロのぐらふぃてぃ』にて、大空スバル角巻わために使ったツッコミから考案された技[14]
相手の首に手を回し首を支点に腰を反らす事で首と腰の両方、アイアンクローで顔面へもダメージを与える。他の技につなげやすい反面、相手の体重を腕で支える必要があるため高難度の技[15]

飛び技[編集]

プランチャ・スイシーダ
ムーンサルト

合体技[編集]

アーロン・ヘナーレ
Imperial Drop [16]
ヘナーレがファイヤーマンズキャリーで相手を担ぎ上げ、-O-カーンが走り込んでダイヤモンド・カッターを決める。
大空スバル式羊殺し・フブキ
大空スバル式羊殺しとクロスヒールホールドを同時に極める。
大空スバル式羊殺し・マリン
前述の大空スバル式羊殺し・フブキの体勢から-O-カーンがエルボードロップを投下する。

その他[編集]

玉座
相手をコーナーポストに寄り掛からせ、その上に腰掛ける。精神的ダメージが大きい。そのあと、-O-カーンはこの体勢から両腕を取り変形のパロスペシャルで締め上げる。

タイトル歴[編集]

MEM
  • MEMヘビー級王座 : 1回
SWE
  • SWEタッグ王座 : 1回(w / ランペイジ・ブラウン)
RPW
プロレス大賞
  • 技能賞(2021年)[17]

人物[編集]

  • 大のアニメ好きで知られ、特に『ラブライブ!』、『ラブライブ!サンシャイン!!』といったラブライブ!シリーズへの傾倒ぶりでも有名で、自称「最強のラブライバー[5]。中でも園田海未推しである。レスリング・格闘技の大会に参加する際にもアニメキャラのTシャツで会場入りすることが多く[5]、「史上最強のオタク」と呼ばれることもある。こうしたこともあり、なかでも海未の声を担当した声優で歌手の三森すずこと結婚したオカダとは、因縁づけられることがある[11][12]
  • ご当地マンホール鑑賞も趣味の1つであり、Instagramには度々遠征先のご当地マンホールの写真をアップしている。
  • 東京スポーツの岡本記者は、-O-カーンの独占インタビューに度々成功しており、「プロレスラー・グレート-O-カーン」としての人物像を知ることできる[18]。また、-O-カーンが試合に勝利すると称賛する[19]一方、敗北すると酷評している[20]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 登場当初は「ザ・グレート・オーカーン」や「グレート・オーカン」等の表記揺れが見られたが、後に「グレート-O-カーン」表記に統一された。
  2. ^ “アマ格闘技十冠王"の大型新人・岡が永田相手にデビュー「ベルト全部獲ります!」 大プロレス祭り”. ぼくらのプロレス (2017年1月3日). 2017年1月10日閲覧。
  3. ^ レスリング全日本王者・岡倫之がプロレス転向!新日入り表明 - 東京スポーツ・2015年1月9日
  4. ^ 岡倫之 日本レスリング協会 選手&大会データベース
  5. ^ a b c 世界でいちばん強くなりたい!「最強のラブライバー」こと、レスラー・岡倫之さんのPVからアニメへの愛情がダダ漏れる - ねとらぼ・2014年4月10日
  6. ^ 【巌流島】レスリング全日本王者・岡倫之が圧勝 - イーファイト・2015年6月27日
  7. ^ 【コンバットレスリング】初開催の世界大会で岡倫之が優勝 - イーファイト・2015年8月22日
  8. ^ 【WK10】“期待の新星”岡倫之&北村克哉が新日本プロレス入団! 新プロジェクト『LION’S GATE』第1回大会は2月25日(木)新宿FACEに決定!【入団会見】”. 新日本プロレスリング (2015年1月3日). 2016年10月7日閲覧。
  9. ^ 岡倫之&北村克哉が全日本プロレスに初参戦! 秋山&大森組に玉砕も、ヤングライオンの意地が炸裂!【全日本・新木場結果】” (日本語). www.njpw.co.jp. 2021年9月10日閲覧。
  10. ^ 【お詫びとお知らせ】岡倫之選手が“グレート-O-カーン”として海外武者修行することが決定したため、「飛び出せ!道場ボーイズ日誌~岡編~」の連載が終了となります”. 新日本プロレスリング (2018年7月6日). 2018年7月27日閲覧。
  11. ^ a b 闇落ちした“世界最強のラブライバー”グレート-O-カーンが凱旋帰国!推し声優・三森すずこさんと結婚したオカダ・カズチカを襲撃!,バトル・ニュース,2020年10月17日
  12. ^ a b 新日凱旋のグレート―O―カーン、“恋敵”のオカダ・カズチカを一蹴で「ええ気分じゃ」,スポーツ報知,2020年10月17日
  13. ^ 【10月18日(日)両国大会の全カードが決定!】メインは飯伏vsSANADAの『G1』優勝決定戦! セミは内藤&BUSHIvsEVIL&裕二郎! オスプレイ&-O-カーンがオカダ&SHOと激突!【G130】”. 新日本プロレスリング (2020年10月18日). 2020年10月18日閲覧。
  14. ^ 【アニメ】コーヒーと泥の違い - YouTube
  15. ^ https://twitter.com/Great_O_Khan/status/1375403710050799618
  16. ^ https://mobile.twitter.com/njpwworld/status/1463101174127931397
  17. ^ 【プロレス大賞】グレート―O―カーン 初の技能賞も不満げ「お目が高いのか、腐っておるのか分からんな」” (日本語). 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社 (2021年12月14日). 2021年12月14日閲覧。
  18. ^ 【新日本】グレート―O―カーン 世界初!独占インタビュー「オカダは余の時代の礎になる運命じゃ」” (日本語). 東スポWeb (2020年10月19日). 2021年8月11日閲覧。
  19. ^ 【新日本】オーカーン 姑息なEVIL組を大成敗! WTL4勝3敗は事実上の全勝だ” (日本語). 東スポWeb (2020年12月1日). 2021年8月11日閲覧。
  20. ^ 【新日本】オーカーン組 醜態連発でWTL2敗目 「靴を舐めろ!」タイチに逆要求される有様” (日本語). 東スポWeb (2020年11月15日). 2021年8月11日閲覧。

外部リンク[編集]