トッド・スミス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハンソン
Hanson1.jpg
2015年
プロフィール
リングネーム アイバー
ハンソン[1]
トッド・ハンソン[1]
ジョニー・ヘイズ[1]
ハンサム・ジョニー[1]
ドン・チェスターフィールド[1]
トッド・ハンセン[1]
デューク・オブ・エレガンス[1]
トッド・スミス[1]
本名 トッド・スミス[1]
ニックネーム 空飛ぶ重戦車
ウォー・ビアード
ブランド・ニュー・バッド
身長 190cm[2]
体重 133kg[2]
誕生日 (1984-03-03) 1984年3月3日(35歳)[2]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
マサチューセッツ州の旗マサチューセッツ州リン[2]
所属 WWE
トレーナー キラー・コワルスキー
マイク・ホロー
デビュー 2001年[2]
テンプレートを表示

トッド・スミス英語: Todd Smith1984年3月3日 - )は、アメリカ合衆国男性プロレスラーマサチューセッツ州リン出身。WWE所属。

来歴[編集]

インディー団体[編集]

2001年、プロレスラーデビュー。

2014年1月、ROHが主催するトップ・プロスペクト・トーナメントに出場。4日、一回戦のチーズバーガー、二回戦のアンドリュー・エバレットとの対戦を制して決勝へ進出。25日、決勝戦にてレイモンド・ロウと対戦。勝利を収め、同大会優勝を果たした。4月4日、ロウとタッグチームウォー・マシンWar Machine)を結成し、ROHタッグ戦線に参入する。

2015年8月22日、Field Of Honor 2015にて、ウォー・マシンとして出場し、K.E.S.ランス・アーチャー & デイビーボーイ・スミス・ジュニア)と対戦。この試合に勝利を収め、試合後にK.E.S.が保持するGHCタッグ王座に挑戦することをアピールした[3][4]。9月19日、プロレスリング・ノアが主催するGREAT VOYAGE 2015 in OSAKAにウォー・マシンとして出場し、GHCタッグ王座を保持するK.E.S.ランス・アーチャー & デイビーボーイ・スミス・ジュニア)と対戦したが、敗北を喫して王座奪取とはならなかった[5]

12月18日、Final Battleにて、ROH世界タッグ王座を保持するキングダム(マット・ターバン & マイケル・ベネット)と対戦。勝利を収めて、第44代タッグ王者組に輝き、ROHでのタイトル初戴冠を果たした[6]

2016年11月、新日本プロレスが主催するタッグリーグ戦、WORLD TAG LEAGUEにウォー・マシンとして出場[2]

2017年4月9日、天山広吉&小島聡組からIWGPタッグ王座を奪取した。

WWE[編集]

NXT[編集]

2018年1月16日、WWEと契約を交わし入団[7][8]。4月11日、WWEの傘下団体であるNXTにてヘビー・マシーナリー(タッカー・ナイト & オーティス・ドーゾビッチ) vs リディック・モス & ティノ・サバテリの試合中にロウと共にウォー・レイダース(War Raiders)として乱入。両タッグを襲撃すると最後にサバテリにフォールアウトを決めてリングを占拠した[9]

2019年1月26日、NXT TakeOver: PhoenixでNXTタッグ王者チームのジ・アンディスピューテッド・エラ(カイル・オライリー & ロデリック・ストロング)に挑戦。終盤になると孤立して集中攻撃をされるも合体技を側転で避けるとハンドスプリング・エルボーなどの技で挽回。そしてフォールアウトを決めて勝利。王座を戴冠した[10]

WWE[編集]

2019年4月15日、WWE・RAWで自身はアイバーIvar)、ロウはエリックへとリングネームを変更。そしてタッグネームをバイキング・エクスペリエンスに改めてデビューした[11]。同月22日、タッグネームをバイキング・レイダース (The Viking Raiders)に改名[12]

得意技[編集]

シンシティ・プランジ
シットダウン・ダブルアーム・パワーボム
スピン・キック[2]
シングル時におけるフィニッシャー
ラリアット
ハンソンの場合、ロープに振られて返ってくる際、側転しながら相手の後方へ移動して直後に放っていく型を得意としている。
ダイビング・ボディ・プレス
ムーンサルトプレス
サイドバスター
スネーク・アイズ
ボディスラムの要領で担ぎ上げた相手を空中に放り投げ、落下する勢いを利用してターンバックルに相手の顔面を打ち付ける。
フォールアウト
フィニッシュ・ホールド。相手をロウがバックドロップの要領で抱え上げ、ハンソンがコーナーポスト最上段から抱え上げられた相手の喉元目掛けてギロチン・ドロップを放っていく。
ダブル・チョークスラム
ウォー・マシン・コンボ・スラム
ロウがロープから返ってきた相手の懐に潜り込み、上半身を抱えて上空へと放り投げ、ハンソンが落下してくる相手を肩口で受け止めて前のめりに倒れ込み、相手を背中からマットに叩きつける。

獲得タイトル[編集]

NXT
w / ロウ
NWAニューイングランド
  • NWAニューイングランド・テレビジョン王座 : 1回
  • NWAニューイングランドタッグ王座 : 1回
w / ビュー・ダグラス
アルティメット・チャンピオンシップ・レスリング
  • UCWタッグ王座 : 1回
w / ビュー・ダグラス
エクストリーム・レスリング・アライアンス
  • XWAヘビー級王座 : 1回
カオティック・レスリング
  • カオティック・レスリングヘビー級王座 : 3回
  • カオティック・レスリングタッグ王座 : 2回
w / サイコ
ニューイングランド・チャンピオンシップ・レスリング
  • NECWテレビジョン王座 : 2回
  • アイアン8・チャンピオンシップ 優勝(2010年)
ニューイングランド・レスリング・アライアンス
  • NEWAヘビー級王座 : 1回
ノースイースト・レスリング
  • NEWヘビー級王座 : 1回
ミレニアム・レスリング・フェデレーション
  • MWFヘビー級王座 : 1回
  • MWFタッグ王座 : 1回
w / ビュー・ダグラス
ROH
第44代, w / レイモンド・ロウ
  • トップ・プロスペクト・トーナメント : 優勝(2014年)
新日本プロレス

入場テーマ曲[編集]

  • Blood and Tears / Eric Baumont & Jean-Michel Bacou
  • Prepare For War / David Grimason
  • War / CFO$ - 現在使用中

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i Hanson: Profile & Match Listing”. Internet Wrestling Database. 2016年11月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 『WORLD TAG』“初出場”外国人チーム決定!! ROHから“凶獣”ウォー・マシンが参戦!WLWからブライアン・ブレーカー&リーランド・レイスもエントリー!【WT16】”. 新日本プロレス公式サイト. 2016年11月4日閲覧。
  3. ^ ROHのWar MachineがKESに勝利しGHCタッグ挑戦をアピール!【プロレスリング・ノア】”. 新日本プロレス公式サイト. 2015年8月26日閲覧。
  4. ^ Ring of Honor tag team heading to Pro Wrestling Noah”. 2015年8月26日閲覧。
  5. ^ GREAT VOYAGE 2015 in OSAKA”. プロレスリング・ノア公式サイト. 2015年9月19日閲覧。
  6. ^ ROH Final Battle 2015 live results: Jay Lethal vs. AJ Styles, Roderick Strong vs. Bobby Fish”. Wrestling Observer. 2015年12月18日閲覧。
  7. ^ WWE signs Ricochet & War Machine for developmental territory NXT”. SKYSports.com. 2018年1月16日閲覧。
  8. ^ WWE officially signs free-agent stars Ricochet, War Machine”. BaltimoreSUN.com. 2018年1月16日閲覧。
  9. ^ WWE NXT Results – 4/11/18 (War Raiders debut during main event, Kairi Sane vs. Lacey Evans)”. Wrestleview.com. 2018年4月12日閲覧。
  10. ^ WWE NXT TakeOver Phoenix Results: News And Notes After DIY Reunites, Belair-Baszler Steal The Show”. Forbes. 2018年1月27日閲覧。
  11. ^ WWE Raw Results: News And Notes After Miz, Usos And AJ Styles Are Drafted Via Superstar Shake-Up”. Forbes. 2019年4月15日閲覧。
  12. ^ WWE Raw Results: News and Notes After AJ Styles Becomes No. 1 Contender”. Forbes. 2019年4月22日閲覧。

外部リンク[編集]