レイモンド・ロウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レイモンド・ロウ
Raymond Rowe
レイモンド・ロウRaymond Roweの画像
プロフィール
リングネーム レイモンド・ロウ[1]
レイ・ロウ[1]
レイモンド・ライト[1]
本名 レイモンド・ロウ
ニックネーム デス・ロウ
ミスター・ライト
身長 187cm[2]
体重 117kg[2]
誕生日 (1984-08-21) 1984年8月21日(33歳)[2]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オハイオ州の旗オハイオ州
クリーブランド[2]
所属 ROH
トレーナー ジョシュ・プロフィビション
ロウ・マルコニ
デビュー 2003年5月[2]
テンプレートを表示

レイモンド・ロウ英語: Raymond "Ray" Rowe1984年8月21日 - )は、アメリカ合衆国男性プロレスラーオハイオ州クリーブランド出身。ROH所属。

ハンソンと共にタッグチームウォー・マシンとして活動している。

来歴[編集]

2003年5月にプロレスデビューし、地元であるオハイオ州を中心にインディー団体を転戦。2012年よりNWAヒューストンを主戦場に移し、ジャックス・デインとのタッグ、パス・オブ・レジスタンスThe Path Of Resistance)としてNWAローンスタータッグ王座に戴冠するなどタッグ戦線で活躍。2013年からは階級をジュニアヘビー級に転向し、4月20日にNWAローンスタージュニアヘビー級王座を保持するマイク・デルを相手に勝利を収めて、同王座を獲得した。

6月1日、ROHが主催するHonor In The Heart Of Texasにて、ボビー・フィッシュを相手に同団体に初参戦を果たす。2014年1月、ROHが主催するトップ・プロスペクト・トーナメントに出場。初戦でコンゴ、準決勝でコーリー・ホリスを破り、決勝へ進出するも、ハンソンに敗北を喫し準優勝で終わる。これを機にROHへレギュラー参戦するようになり、4月4日、ハンソンとタッグチーム、ウォー・マシンWar Machine)を結成した。8月にバイク事故を起こし深刻な怪我を負い、長期離脱を余儀なくされてしまう[3]2015年3月1日、ROH 13th Anniversary: Winner Takes Allにて、メインイベントに出場したハンソンをアシストする役目として登場し、ROHに復帰を果たす[4]

8月22日、Field Of Honor 2015にて、ウォー・マシンとして出場し、K.E.S.ランス・アーチャー & デイビーボーイ・スミス・ジュニア)と対戦。この試合に勝利を収め、試合後にK.E.S.が保持するGHCタッグ王座に挑戦することをアピールした[5][6]。9月19日、プロレスリング・ノアが主催するGREAT VOYAGE 2015 in OSAKAにウォー・マシンとして出場し、GHCタッグ王座を保持するK.E.S.と対戦したが、敗北を喫して王座奪取とはならなかった[7]

12月18日、Final Battleにて、ROH世界タッグ王座を保持するキングダム(マット・ターバン & マイケル・ベネット)と対戦。勝利を収めて、第44代タッグ王者組に輝き、ROHでのタイトル初戴冠を果たした[8]

2016年11月、新日本プロレスが主催するタッグリーグ戦、WORLD TAG LEAGUEにウォー・マシンとして出場[2]

2017年4月9日、天山広吉&小島聡組からIWGPタッグ王座を奪取した。

得意技[編集]

デス・ロウ[2]
フルネルソンで捕らえた相手を持ち上げながら左手のクラッチを切り、落ちてくる相手の後頭部に強烈な膝蹴りを見舞う[9]。現在のフィニッシュ技。
フォールアウト
ウォー・マシンとしてのフィニッシャー。ロウがバックドロップで投げ、仰向けの相手にハンソンがダイビング・レッグドロップを決めるコンビネーション[10]
ショットガン・ニー
ランニング・ダブル・ニー・ストライク
各種スープレックス
フォアアーム・スマッシュ
トペ・スイシーダ

タイトル履歴[編集]

NWAブランデット・アウトロー・レスリング
  • NWA BOWヘビー級王座 : 1回
  • NWA BOWアウトロー王座 : 1回
NWAレスリング・レボリューション
  • NWAグランド・ウォリアー王座 : 2回
NWAローンスター
  • NWAローンスタージュニアヘビー級王座 : 1回
  • NWAローンスタータッグ王座 : 1回(w / ジャックス・デイン
VIPレスリング
  • VIPヘビー級王座 : 2回
アブソリュート・インテンス・レスリング
  • AIWアブソリュート王座 : 1回
  • JTライトニング・トーナメント 優勝
インターナショナル・レスリング・カルテル
  • IWC世界ヘビー級王座 : 1回
  • IWCタッグ王座 : 1回(w / J-ロック)
クリーブランド・オール・プロレスリング
  • CAPWヘビー級王座 : 1回
  • CAPWタッグ王座 : 1回(w / ジェイソン・ベイン)
ファイアストーム・プロレスリング
  • ファイアストーム・プロヘビー級王座 : 1回
リング・オブ・オナー
新日本プロレス

入場テーマ曲[編集]

  • Am I Evil? / Metallica
  • Death Rowe / Dog Race[11]
  • Blood and Tears / Eric Baumont & Jean-Michel Bacou

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Raymond Rowe”. Online World of Wrestling. 2016年8月14日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 『WORLD TAG』“初出場”外国人チーム決定!! ROHから“凶獣”ウォー・マシンが参戦!WLWからブライアン・ブレーカー&リーランド・レイスもエントリー!【WT16】”. 新日本プロレス公式サイト. 2016年11月4日閲覧。
  3. ^ ROH STAR INJURED IN MOTORCYCLE ACCIDENT”. 2016年2月14日閲覧。
  4. ^ COMPLETE ROH 13TH ANNIVERSARY SHOW REPORT: JAY BRISCOE DEFENDS THE TITLE AGAINST THREE TOP CHALLENGERS, SAMOA JOE COMES HOME, ALBERTO EL PATRON GETS HIS SHOT AT THE TV TITLE, THE BUCKS AND REDRAGON RENEW THEIR FEUD, AND MUCH MORE By Stuart Carapola”. 2016年2月14日閲覧。
  5. ^ ROHのWar MachineがKESに勝利しGHCタッグ挑戦をアピール!【プロレスリング・ノア】”. 新日本プロレス公式サイト. 2015年8月26日閲覧。
  6. ^ Ring of Honor tag team heading to Pro Wrestling Noah”. 2015年8月26日閲覧。
  7. ^ GREAT VOYAGE 2015 in OSAKA”. プロレスリング・ノア公式サイト. 2015年9月19日閲覧。
  8. ^ ROH Final Battle 2015 live results: Jay Lethal vs. AJ Styles, Roderick Strong vs. Bobby Fish”. Wrestling Observer. 2015年12月18日閲覧。
  9. ^ RING OF HONOR IN NASHVILLE, TN TV TAPING LIVE REPORT By Larry Goodman”. 2016年2月14日閲覧。
  10. ^ METZGER'S ROH TV REPORT 4/5: A.J. Styles vs. Briscoe main event, plus Elgin, A.C.H., War Machine in action leading to big episode next week”. 2016年2月14日閲覧。
  11. ^ "Death Rowe"©2013 Planet of the Stapes Music/Scott Mesorana www.youtube.com

外部リンク[編集]