ブライアン・ジェイムス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブライアン・ジェイムス
2014-04-03 21-01-41 NEX-6 6342 DxO (13900666422).jpg
プロフィール
リングネーム ロード・ドッグ
BGジェイムス
ザ・ローディー
ブライアン・アームストロング
ジェシー・ジェイムス・アームストロング
ジェシー・ジェイムス
ダーク・シークレット
本名 ブライアン・ジェラルド・ジェイムス
身長 185cm
体重 110kg
誕生日 (1969-05-20) 1969年5月20日(48歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジョージア州の旗 ジョージア州マリエッタ
所属 WWE
スポーツ歴 レスリング
トレーナー ボブ・アームストロング
デビュー 1986年
テンプレートを表示

ブライアン・ジェイムスBrian Girard James1969年5月20日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラージョージア州マリエッタ出身[1]WWF時代のロード・ドッグRoad Dogg)、TNA時代のBGジェイムスBG James)のリングネームで知られる。

天性の美声から繰り出されるマイクパフォーマンスの名手。父親は1970年代に活躍したプロレスラーのボブ・アームストロング。兄のスコット・アームストロングブラッド・アームストロングスティーブ・アームストロングも元レスラーである。

来歴[編集]

キャリア初期[編集]

アメリカ海兵隊出身で、湾岸戦争への従軍経験もある。

1986年、当時NWA加盟団体であったCCW(Continental Championship Wrestlin)にて父、兄弟達が使用していたリングネームであるアームストロングを肖り、ブライアン・アームストロングBrian Armstrong)でプロレスラーデビューを果たす。

1992年ジム・コルネットが主宰するSMW(Smoky Mountain Wrestling)にてリングネームをダーク・シークレットThe Dark Secret)へと変更。シングル戦線で活動するも前座としての出場機会が中心であった。1993年よりリングネームをブライアン・アームストロングへと戻し、兄のスコット・アームストロングブラッド・アームストロングザ・アームストロングスThe Armstrongs)なる兄弟ユニットを結成して活動。

1994年1月、当時メジャー団体であったWCWと兄弟と共に契約を交わして入団。ブラッドとのタッグで活動するがトップ戦線に絡む事ができず、シングル戦線ではWCW US王座を保持するスティーブ・オースチンに挑戦するも奪取する事ができなかった。

WWF[編集]

1995年4月、メジャー団体であるWWFへと移籍。ザ・ローディーThe Roadie)のリングネームでジェフ・ジャレットとタッグを組んでレイザー・ラモン & 1-2-3キッドと短期抗争を展開し、6月25日のKing of the Ring 1995では準決勝まで進出するもラモンをセコンドに従えたサビオ・ベガと対戦するが敗戦した。

1995年8月より一時WWFを離脱。古巣であるSMWを経由してWWFと提携していたジェリー・ジャレット & ジェリー・ローラーが主宰するUSWA(United States Wrestling Association)にジェシー・ジェイムス・アームストロングJesse James Armstrong)のリングネームで参戦。初参戦となる10月30日、トレイシー・スマザーズと組んでUSWA南部タッグ王座を奪取。PG-13(JCアイス & ウルフィーD)との抗争後シングルプレイヤーへと転向し、WWFで相棒であったジェフ・ジャレットとUSWAヘビー級王座、USWA統一世界ヘビー級王座を巡って抗争。1996年6月10日、ジェフとUSWAヘビー級王座 & 敗者USWA追放を賭けた試合を行い敗戦し、USWAから脱退する事になった。

1996年6月、オットー・ワンツオーストリアにて主宰するCWA(Catch Wrestling Association)に短期参戦後、8月よりUSWAに復帰。9月には抗争相手であったウルフィーDの助っ人となり、ビル・ダンディー & ジェイミー・ダンディーと抗争を開始。ラダーマッチテーブルマッチといったハードコアマッチを展開した。

1996年10月、WWFにジェシー・ジェイムスJesse James)のリングネームで復帰。1997年4月よりロッカビリーと抗争を展開。10月よりリングネームをロード・ドッグRoad Dogg)へと変更。同月には抗争を展開していたロッカビリーがリングネームをビリー・ガンへと変更し、ニュー・エイジ・アウトローズThe New Age Outlaws)なるタッグチームを結成。11月24日のRAW is WARにてリージョン・オブ・ドゥームホーク & アニマル)からWWF世界タッグ王座を奪取した。

当時飽和状態であり、王者チームの入れ替わりが激しかったタッグ戦線において長期防衛し、1998年1月より開始されたチェーンソー・チャーリー & カクタス・ジャックとの抗争においても幾度となく挑戦を退けた。3月29日、WWF年間最大のイベントであるWrestleMania XIVにてチャーリー & ジャックとダンプスターマッチによる王座戦を行い敗戦してベルトを奪取されたものの、翌30日のRAWにてスティールケージマッチで再戦が行われて勝利し、王座を奪還。そして共闘関係にあったD-ジェネレーションXへとメンバー入りし、キャリアのピークを迎える事になる。

D-ジェネレーションXとしてネーションコーポレーションとユニット間の抗争を展開する中、WWF世界タッグ王座を通算5回獲得を見せる。

2000年、D-ジェネレーションXとして活動が休止。新たなパートナーとしてKクイックヒップホップタッグを結成して活動するもニュー・エイジ・アウトローズほどのインパクトを与えられず、中堅と甘んじる。そして薬物所持が発覚した為に12月18日、前座番組であるJakkedの出場を最後にWWFから解雇となった。

インディー団体[編集]

WWF解雇後、2001年10月よりWCW、WWFのレスラー達が集結したWWA(World Wrestling All-Stars)に参戦。同月23日、オーストラリアツアーにてジェフ・ジャレットと初代WWA世界ヘビー級王者決定戦を行い勝利し、初代王者に君臨した。12月3日、イングランドロンドンで行われたロンドンランブル・バトルロイヤルにて優勝を飾る。

2002年1月4日、IWAミッドサウスにて後にROHWWEで活躍する事になるCMパンクと対戦して敗戦している。

TNA[編集]

2002年9月、ジェフ・ジャレットが主宰するTNAと契約を交わし入団。リングネームをBGジェイムスBG James)へと変更。同月18日、タッグガントレット・フォー・ゴールドバトルロイヤルにブライアン・ローラーとのタッグで初登場するが優勝するに至らなかった。

2003年5月、コナンと組んでアナーキーアライアンストーナメントに出場したのをきっかけに、WWF時代のパートナーであったロン・キリングスも引き入れてヒップホップユニット、3LK3 Live Kru)を結成。11月26日、NWA世界タッグ王座を保持するジョニー・スウィンガー & サイモン・ダイアモンドに対して6人タッグマッチで王座戦を行う事を要求。グレン・ギルバーティを加えたスウィンガー & ダイアモンドと対戦して勝利し、ベルトを奪取。同時に3人で王座を共有する事になった。

2004年、フェイスターンしてリング内外を暴れ回っていたスコット・ダモール率いるチーム・カナダと抗争を展開。11月7日にはPPVであるVictory Road 2004にてコナンとのタッグでボビー・ルード & エリック・ヤングからNWA世界タッグ王座を奪取した。

2005年、TNA所属でありながらNWA加盟団体やインディー団体に参戦。4月17日、BCW(Border City Wrestling)にてWWEから解雇となり、TNAに移籍してきたジ・アウトローとニュー・エイジ・アウトローズを再結成。A-1 & トライタンと対戦して勝利。10月8日、NWAレッスルバーミンガムにてNWAアラバマヘビー級王座を保持するトム・プリチャードと対戦して勝利し、ベルトを奪取している。

TNAでは11月29日、ジ・アウトローがジェイムスの兄弟であるという事を発言してキップ・ジェイムスへとリングネームを変更。3LKに加入して4LK4 Live Kru)となる。12月11日、PPVであるTurning Point 2005にてチーム・カナダ vs 4LKとの対戦において突如造反し、敗戦。キップとユニットから脱退する事を宣言し、ジェイムス・ギャングThe James Gang)を結成した。

2006年、タッグ戦線で活動するもWWF時代ような王座を巡った争いに食い込めず、11月よりタッグネームをブードゥー・キン・マフィアVoodoo Kin Mafia)へと変更。2007年、王座戦線には相変わらず加わる事ができない状態であったがLAXスタイナー・ブラザーズリック・スタイナー & スコット・スタイナー)との抗争でストーリーラインを盛り上げた。

2008年1月、キップとのタッグ間において徐々に亀裂が生じるようになり、2月10日のPPV、Against All Odds 2008ではキップの代理として父であるボブ・アームストロングとの親子タッグでTNA世界タッグ王座を保持するAJスタイルズ & トムコに挑戦するも敗戦。これが決定打となりキップとのタッグは解消する事になった。4月13日、PPVであるLockdown 2008にてキップとスティールケージマッチによる遺恨戦を行い勝利した。キップとの抗争後、シングルプレイヤーへと転向。

2009年3月21日、GLCW(Great Lakes Championship Wrestling)にてキップとジ・アウトローズThe Outlows)のタッグネームで参戦。ケビン・ナッシュ & スコット・ホールとnWo vs D-ジェネレーションXを実現するも試合途中にナッシュがホールを裏切り、孤立したホールを圧倒して勝利した。5月2日、ハウスショーにてブルータス・マグナスとの試合をしたのを最後にTNAより解雇となった。

インディー団体[編集]

TNA解雇後、2009年6月27日、JAPW(Jersey All Pro Wrestling)に参戦。10月17日にはJAPWタッグ王者チームであり、故障していたブロディ・リーの代理としてネクロ・ブッチャーのパートナーを務めて王座を防衛。11月27日、CCW(Coastal Championship Wrestling)にてニュー・エイジ・アウトローズとして出場し、ロー・ダウンチャズ & ディーロ・ブラウン)とWWFリユニオンマッチを行い勝利。

2010年1月30日、NWAヒューストンにてディスファクションと組んでACWタッグ王座を保持するメイソン・クインと2vs1によりハンディキャップマッチを行い勝利してベルトを奪取。4月よりCWE(Canadian Wrestling's Elite)にてニュー・エイジ・アウトローズで参戦。ロード・ドッグ & ビリー・ガンのリングネームで出場した。

2011年3月5日、PWS(Pro Wrestling Syndicate)にて勝者はPWSヘビー級王座を獲得する事ができる変則6人タッグマッチにてビリー & XパックとD-ジェネレート・オブ・レスリングD-Generates of Wrestling)なるユニットを結成してリアリティ・チェックダニー・デマント & ケビン・マシューズ)& 王者であるデボン・ムーアと対戦するが敗戦し、ベルトを奪取するに至らなかった。8月12日、WWFやWCWに所属経験のあるICPが主宰するJCW(Juggalo Championship Wrestling)にニュー・エイジ・アウトローズとして参戦。jWo(ナッシュ & Xパック)と対戦するが敗戦した。

WWE[編集]

2011年4月2日、ジョージア州アトランタフィリップス・アリーナで行われたWWE殿堂の記念式典に出席、ブラッドやスコットと共に、父のボブ・アームストロングの殿堂入りのインダクターを務めた[2]。10月からはロード・エージェントとしてWWEと再契約し、裏方ながら久々のWWE復帰が実現。12月12日のRAWで行われたスラミーアワードにプレゼンターとして登場したことをきっかけに、TV出演の機会も増えている。

2012年1月29日、Royal Rumble 2012にてロイヤルランブルマッチで23番目の選手としてサプライズ参戦。7月23日、RAW1000回記念放送であるRAW 1000にてビリー・ガンとXパックと共に1998年4月27日にWCWバージニア州に所在するスコープアリーナで開催したNitroに襲撃した時の戦闘用ジープに乗って登場。D-ジェネレーションXのメンバーと久々に顔を合わせ、往年のマイクパフォーマンスを披露した。12月にはニュー・エイジ・アウトローズとしてハウスショーに出場。

2013年3月4日、RAWにてプリモ & エピコと対戦して勝利。同月11日、RAWにてローデススカラーズコーディ・ローデス & ダミアン・サンドウ)と対戦するも試合途中にブロック・レスナーの介入により襲撃されノーコンテストとなった。

2014年1月13日、RAWにてヒールターン。ザ・シールドと抗争中であったCMパンクの助っ人として登場し、対戦するが敗戦。同月26日、Royal Rumble 2014にてWWEタッグ王座を保持するコーディ・ローデス & ゴールダストに挑戦して勝利。ベルトを奪取した。2月よりウーソズとベルトを巡って抗争を開始。また、ダニエル・ブライアンと抗争中であったケインと共闘。同月28日には傘下団体であるNXTにてジェイソン・ジョーダン & タイ・デリンジャーと対戦して胸を貸している。3月3日、RAWにてウーソズとWWEタッグ王座を行い敗戦し、王座陥落。4月6日、WrestleMania XXXにてケインと組んでザ・シールドと対戦するがわずか2分で敗戦した。

その他[編集]

  • リングネームでロード・ドッグと名乗っているがニュー・エイジ・アウトローズとしてのマイクパフォーマンスにおいてはロード・ドッグ・ジェシー・ジェイムスとアピールする。

得意技[編集]

フィニッシャー
ネックブリーカー
ビリー・ガンとの連携技。ジェイムスがパイルドライバーの体勢で抱え上げ、ビリーが相手の両足を掴んで叩きつける。

獲得タイトル[編集]

ACCW
  • ACCWヘビー級王座 : 1回
CWF
  • CWFヘビー級王座 : 1回
TNA
w / コナン & ロン・キリングス
USWA
  • USWA南部ヘビー級王座 : 1回
  • USWA TV王座 : 2回
  • USWA南部タッグ王座 : 2回
w / トレイシー・スマザーズ
WWA
  • WWA世界ヘビー級王座 : 1回
WWF / WWE
w / ビリー・ガン
w / ビリー・ガン

決め台詞[編集]

  • Oh! You didn't know, Your Ass better call somebody!
  • Ladies & Gentlemen, boys & girls, children of all ages, DeGeneration X proudly brings to you, it's WWF Tag Team Champion of the World! The Road Dogg Jasse James, the Bad ass Billy Gunn, the New Age Outlaws!!

入場曲[編集]

  • Oh You Didn't Know?
  • With My Baby Tonight
  • Break It Down
  • Gettin' Rowdy
  • Oh, You Didn't Know? ver.TNA
  • Nobody Moves
  • Bad Jam

脚注[編集]

  1. ^ B.G. James”. Online World of Wrestling. 2016年8月26日閲覧。
  2. ^ WWE Hall of Fame Class of 2011 Inductees: "Bullet" Bob Armstrong”. WWE.com. 2011年7月25日閲覧。

外部リンク[編集]