スティーブ・アームストロング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スティーブ・アームストロング
プロフィール
リングネーム スティーブ・アームストロング
ランス・キャシディ
ザ・ファルコン
ザ・バレット(2代目)
本名 スティーブ・ジェームズ
身長 185cm
体重 102kg(全盛時)
誕生日 1965年3月16日(51歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジョージア州の旗 ジョージア州マリエッタ
トレーナー ボブ・アームストロング
デビュー 1983年
テンプレートを表示

スティーブ・アームストロングSteve Armstrong、本名:Steven James1965年3月16日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラージョージア州マリエッタ出身。

父親はWWE殿堂者ボブ・アームストロングWWEレフェリースコット・アームストロングと元WCWライトヘビー級王者ブラッド・アームストロングは兄、元WWF世界タッグ王者の "ロード・ドッグ" ジェシー・ジェームズことブライアン・アームストロングは弟である[1]

来歴[編集]

1983年、父のボブ・アームストロングが主戦場としていたアラバマサウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリングにてデビュー[1]トミー・リッチの従兄弟という設定のジョニー・リッチとのタッグチームで売り出され、1984年から1985年にかけてはジェリー・スタッブス&アーン・アンダーソンNWAサウスイースタン・タッグ王座を争った[2][3]

1987年トレイシー・スマザーズを新パートナーに、NWAのフロリダ地区でサザン・ボーイズThe Southern Boys)を結成[4]ベビーフェイスの若手コンビとして南部を主戦場に活躍し、1988年3月5日には古巣のアラバマにてロバート・フラー&ジミー・ゴールデンからNWAコンチネンタル・タッグ王座を奪取した[5]

同年7月には揃って新日本プロレスに初来日。軽快な空中殺法とイキのいいファイトスタイルで好評を博し[6]、再来日となる11月の『'88ジャパンカップ・シリーズ』ではジョージ高野を加えたトリオでエリミネーション方式の6人タッグ・リーグ戦に出場した[7]

1990年ヤング・ピストルズThe Young Pistols)のチーム名でWCWに参戦し[4]ミッドナイト・エクスプレスボビー・イートン&スタン・レーン)やファビュラス・フリーバーズマイケル・ヘイズ&ジミー・ガービン)と抗争[8]1991年11月5日にはトッド・チャンピオン&チップ・ザ・ファイヤーブレーカーを破ってUSタッグ王座を獲得、翌1992年1月14日にロン・シモンズ&ビッグ・ジョッシュに敗れるまでタイトルを保持した[9]

スマザーズとのコンビ解散後、1992年9月よりカウボーイギミックランス・キャシディLance Cassidy)に変身してWWFに登場。ハウス・ショーのミッドカードにおいて、テリー・テイラースキナーリポマンザ・バーザーカーアイアン・マイク・シャープなどの中堅ヒールから勝利を収めたが、翌1993年1月に短期間で離脱している[10][11]

WWF離脱後はジム・コルネットが主宰していたスモーキー・マウンテン・レスリングに参戦。スコット・アームストロングとの兄弟タッグで活動し、1993年から1995年にかけて、ロックンロール・エクスプレス、ヘブンリー・ボディーズ(トム・プリチャード&ジミー・デル・レイ)、ブルーズ・ブラザーズブライアン・リー&クリス・キャンディードなどのチームと抗争を展開した[12]

その間、1994年8月に覆面レスラーザ・ファルコンThe Falcon)として全日本プロレスに来日[13]ジ・イーグルとのマスクマン・コンビで活躍し、同年11月開幕の世界最強タッグ決定リーグ戦にも出場した[14]。全日本には1995年2月まで、ザ・ファルコンのギミックで通算4回参戦している。

1996年からはスコットと共にWCWに移籍。ハーレム・ヒートスタイナー・ブラザーズとも対戦したものの、選手層の厚かった当時のWCWではポジションを得られず、セミレギュラーの立場で2000年までジョバーを務めた[15]

セミリタイア後の2002年8月28日にはTNAに登場、父ボブ・アームストロングの別キャラクターだった覆面レスラーザ・バレットThe Bullet)に扮し、ジェフ・ジャレットと対戦した[2]。以降もアラバマのインディー団体に時折出場している[15]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

サウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリング
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
  • NWAフロリダ・タッグ王座:1回(w / トレイシー・スマザーズ)[16]
ワールド・チャンピオンシップ・レスリング
  • WCW USタッグ王座:1回(w / トレイシー・スマザーズ)[9]
オハイオ・ヴァレイ・レスリング
  • OVW南部タッグ王座:1回(w / トレイシー・スマザーズ)

脚注[編集]

  1. ^ a b Steve Armstrong”. Cagematch. 2011年7月25日閲覧。
  2. ^ a b Steve Armstrong”. Online World of Wrestling. 2011年7月25日閲覧。
  3. ^ a b NWA Southeastern Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年7月25日閲覧。
  4. ^ a b The Southern Boys”. Online World of Wrestling. 2011年7月25日閲覧。
  5. ^ a b NWA Continental Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年7月25日閲覧。
  6. ^ 『新日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P60(2002年、日本スポーツ出版社
  7. ^ The NJPW matches fought by Steve Armstrong in 1988”. Wrestlingdata.com. 2016年5月11日閲覧。
  8. ^ The WCW matches fought by Steve Armstrong in 1990”. Wrestlingdata.com. 2016年5月11日閲覧。
  9. ^ a b NWA-WCW United States Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年7月25日閲覧。
  10. ^ The WWE matches fought by Steve Armstrong in 1992”. Wrestlingdata.com. 2016年5月11日閲覧。
  11. ^ The WWE matches fought by Steve Armstrong in 1993”. Wrestlingdata.com. 2016年5月11日閲覧。
  12. ^ Steve Armstrong: Matches 1993-1996”. Cagematch. 2016年5月11日閲覧。
  13. ^ 『全日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P89(2002年、日本スポーツ出版社)
  14. ^ The AJPW matches fought by Steve Armstrong in 1994”. Wrestlingdata.com. 2016年5月11日閲覧。
  15. ^ a b Steve Armstrong: Matches 1996-2015”. Cagematch. 2016年5月11日閲覧。
  16. ^ NWA Florida Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年5月4日閲覧。

外部リンク[編集]