ジャック・ルージョー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャック・ルージョー
プロフィール
リングネーム ザ・マウンティー
ジャック・ルージョー
ジャック・ルージョー・ジュニア
ケベッカー・ジャック
ジェリー・ロバーツ
本名 ジャック・ルージョー・ジュニア
ニックネーム 悪徳騎馬警官
身長 191cm
体重 113kg(全盛時)
誕生日 1960年6月13日(55歳)
出身地 カナダの旗 カナダ
ケベック州の旗 ケベック州
サン=シュルピス
トレーナー ジャック・ルージョー・シニア
デビュー 1977年
テンプレートを表示

ジャック・ルージョーJacques Rougeau, Jr.1960年6月13日 - )は、フランス系カナダ人の元プロレスラーカナダケベック州出身。WWFではザ・マウンティーThe Mountie)のリングネームで活躍した。

実兄レイモンド・ルージョーとのファビュラス・ルージョー・ブラザーズや、ケベッカー・ピエール(カール・ウエレ)とのザ・ケベッカーズなど、タッグ・プレイヤーとしての活躍も知られる。

父親のジャック・ルージョー・シニアはモントリオール地区のプロモーターで、1970年代にレスラーとして新日本プロレスに来日している。息子のジャン=ジャック・ルージョーとセドリック・ルージョーもプロレスラーである。

来歴[編集]

父ルージョー・シニアのトレーニングを受け、1977年スチュ・ハートが主宰するカルガリースタンピード・レスリングでデビュー。ジェリー・ロバーツJerry Roberts)の名前でアメリカ本土にも遠征し、1980年には中西部NWAセントラル・ステーツ地区ブルース・リードと組み、マイク・ジョージ&ボブ・スウィータンを破ってセントラル・ステーツ・タッグ王座を獲得している[1]

その後はジノ・ブリットディノ・ブラボーが運営していた地元モントリオールのインターナショナル・レスリング(Lutte Internationale)を主戦場に、1982年から1985年にかけて、兄レイモンド・ルージョーとのコンビで活躍。パット・パターソンビル・ロビンソンフレンチ・マーチンキング・トンガらのチームとカナディアン・インターナショナル・タッグ王座を争った[2]

並行してアラバマサウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリング(SECW)やテネシーコンチネンタル・レスリング・アソシエーション(CWA)などアメリカ南部のローカル団体にも参戦。SECWでは1981年にサウスイースタン・ヘビー級王座をジョー・ルダックから、同年11月にアラバマ・ヘビー級王座をデニス・コンドリーからそれぞれ奪取[3][4]。CWAでは1983年1月30日にテリー・テイラーを破り、AWA南部ヘビー級王座を獲得している[5]

1986年、兄レイモンドと共にWWF入り。アメリカのメジャー団体への初進出を果たす。当初はカナダ時代と同様ベビーフェイスのポジションだったが、1988年からジミー・ハートマネージャーに迎え、嫌味なフレンチ・カナディアンのヒールに転向。ブリティッシュ・ブルドッグスダイナマイト・キッドとはリング内外で抗争を展開した[6]1990年にはSWSに初来日。同年にルージョー・ブラザーズを解散し、一時WWFを離脱(レイモンドは引退してWWFのフランス語実況のカラー・コメンテーターを担当)。

1991年、カナダの王立騎馬警察ギミックとした新キャラクター、ザ・マウンティーThe Mountie)に変身してWWFに再登場。刑務官ギミックのビッグ・ボスマンと抗争を繰り広げた。1992年1月17日にはブレット・ハートからWWFインターコンチネンタル王座を奪取するが、1月19日のロイヤルランブルロディ・パイパーに敗れて陥落、文字通りの三日天下に終わった[7]

1993年、ピエールことカール・ウエレとのタッグチームザ・ケベッカーズThe Quebecers)を結成。ジョニー・ポロをマネージャーに、9月13日にリック&スコットスタイナー・ブラザーズからWWF世界タッグ王座を奪取する[8]。その後も1994年1月17日にマーティ・ジャネッティ&1-2-3キッド、同年3月31日にモー&メイブルのメン・オン・ナ・ミッションを破り、通算3回に渡って同王座を獲得した[8]

1994年に一時引退するが、1996年からはピエールとのコンビを再結成し、アメイジング・フレンチ・カナディアンズThe Amazing French Canadians)としてWCWに登場。1997年に行われた地元モントリオールの興行では、ハルク・ホーガンとのシングルマッチでフォール勝ちを収めた(ホーガンはモントリオールのプロレスファンの英雄的存在であるルージョー・ファミリーに敬意を表し、負けブックを自ら提案したという)[9][10]

その後、1998年のWWF、2000年のWCW再登場を経て引退。近年はモントリオールでプロモート業を手掛けつつ、プロレスリング・スクールを運営して若手選手の指導・育成に携わっている[11]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

Lutte Internationale
  • カナディアン・インターナショナル・タッグ王座:4回(w / レイモンド・ルージョー)[2]
セントラル・ステーツ・レスリング
サウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAアラバマ・ヘビー級王座:1回[4]
  • NWAサウスイースタン・ヘビー級王座:1回[3]
コンチネンタル・レスリング・アソシエーション
  • AWA南部ヘビー級王座:1回[5]
  • AWAミッドアメリカ・ヘビー級王座:2回
ワールド・レスリング・フェデレーション

脚注[編集]

  1. ^ a b NWA Central States Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月7日閲覧。
  2. ^ a b International Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月7日閲覧。
  3. ^ a b NWA Southeastern Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年3月7日閲覧。
  4. ^ a b NWA Alabama Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年3月7日閲覧。
  5. ^ a b AWA Southern Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年3月7日閲覧。
  6. ^ Backstage Heat: Jacques Rougeau & The Dynamite Kid”. Online World of Wrestling. 2010年8月25日閲覧。
  7. ^ a b History of the WWE Intercontinental Championship”. WWE.com. 2010年4月7日閲覧。
  8. ^ a b c History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2010年4月7日閲覧。
  9. ^ Biography of Raymond and Jacques”. Canadian Pro Wrestling Page of Fame. 2009年5月19日閲覧。
  10. ^ Canadian Hall of Fame: The Rougeau Family”. SLAM! Sports. 2010年1月12日閲覧。
  11. ^ Rougeau bringing new shows, book”. SLAM! Sports (October 13, 2011). 2012年3月7日閲覧。

外部リンク[編集]