ネイル・グアイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ネイル・グアイ
プロフィール
リングネーム ザ・ハングマン
スーパー・デストロイヤー
スーパー・デストロイヤー・マークIII
タワーリング・インフェルノ
ジョン・ルイ
ジャン・ルイ
ル・ボレー
ジャン=ピエール・ラサール
本名 ネイル・グアイ
(ニール・グァイ)
ニックネーム 人間絞首刑台
身長 191cm - 194cm
体重 132kg - 137kg
誕生日 (1942-07-21) 1942年7月21日(76歳)
出身地 カナダの旗 カナダ
ケベック州の旗 ケベック州マタン
テンプレートを表示

ネイル・グアイNeil Guay1942年7月21日 - )は、カナダの元プロレスラーケベック州マタン出身のフランス系カナダ人

ザ・ハングマンThe Hangman)などのリングネームで知られ、覆面レスラーとしても活躍した。

来歴[編集]

警察官で、現職時代は柔道の達人であったという[1]。退職後[2]1960年代よりプロレスラーとして活動[3]ジャン=ピエール・ラサールJean-Pierre LaSalle)やル・ボレーLe Bourreau=死刑執行人)などのリングネームを用い、モントリオールのグランプリ・レスリングやインターナショナル・レスリング、カルガリースタンピード・レスリングマリタイム地区イースタン・スポーツ・アソシエーションなどカナダの各プロモーションを転戦した。

1974年末に覆面レスラーのスーパー・デストロイヤーThe Super Destroyer)に変身して、翌1975年4月に新日本プロレスの『第2回ワールド・リーグ戦』に初来日。公式戦では10勝4敗1分けという戦績を残した(アントニオ猪木坂口征二大木金太郎キラー・カール・クラップに敗退し、ストロング小林と引き分け。マサ斎藤からはカウントアウト勝ちを収めた)[4]。リーグ戦終了直後の韓国遠征にも参加し、5月23日に奨忠体育館にて大木のインターナショナル・ヘビー級王座に挑戦[5]。試合後に覆面を剥がされ素顔を曝している。

1975年10月よりカルガリーにて、タワーリング・インフェルノThe Towering Inferno[6]なるマスクマンに再変身[7]ブッチャー・ブラニガンドン・ガニアミスター・ヒトギル・ヘイズヒール勢と共闘して、エディ&ジェリー・モローが保持していたインターナショナル・タッグ王座にも挑戦した[8]。このギミックで1976年4月の『第3回ワールド・リーグ戦』に再び来襲するが、負傷により途中欠場するなど、前年のような活躍は果たせなかった[9]

帰国後、黒覆面のザ・ハングマンThe Hangman)を名乗って太平洋岸のNWAロサンゼルス地区に出現。絞首刑用のロープを手にした怪ヒールとして頭角を現し[10]、1976年9月3日にチャボ・ゲレロを破ってアメリカス・ヘビー級王座を獲得[11]、10月29日にはロディ・パイパーと組んでアメリカス・タッグ王座も奪取[12]ミル・マスカラスとのマスクマン対決も行っている。1977年には素顔のネイル・グアイ名義でテキサス西部のアマリロ地区にも遠征、ドリー・ファンク・ジュニアテッド・デビアス、アメリカ武者修行中の天龍源一郎らと対戦した[13][14]

以降もLAを主戦場に、1977年5月からはベビーフェイスに転向してキース・フランクス(後のアドリアン・アドニス)と抗争を展開。一時はフランクスに覆面を剥がされたが、報復として彼の髪の毛をカットしている[15]。フェイスターン後のLAではプロフェッサー・タナカタンク・パットンブル・ラモスともアメリカス・ヘビー級王座を争った[16]。同年8月、ザ・ハングマン名義で新日本プロレスの『闘魂シリーズ』に通算3度目の来日。スタン・ハンセンブラックジャック・マリガンとの超大型外国人トリオの一角として、9月29日に大阪府立体育館にて、ハンセンと組んで坂口&小林の北米タッグ王座に挑戦した[17]

1978年ジョン・ルイJohn Louie)のリングネームで素顔となってテネシー州メンフィスCWA(旧NWAミッドアメリカ)に登場[18]ソニー・キングマネージャーに迎えて再びヒールとなり、4月24日のミッドサウス・コロシアムではジェリー・ローラーとの髪切りマッチが行われた[18]。タッグでは同じフランス系カナダ人ジョー・ルダックをパートナーに、ローラー&ジミー・バリアントの人気コンビと南部タッグ王座を争った[19]

その後はフランス名のジャン・ルイJean Louie)の名義でカナダに戻り、1979年5月14日にバンクーバーでNWAパシフィック・コースト・ヘビー級王座を獲得[20]。同地区ではボビー・ジャガーズらとタッグを組み、ジン・キニスキードン・レオ・ジョナサンをはじめ、因縁のアドリアン・アドニスや海外遠征中の剛竜馬とも対戦した[21]

1979年9月よりAWAに参戦し、またもや覆面レスラーに変身。スーパー・デストロイヤー・マークII(後のサージェント・スローター)のパートナー、スーパー・デストロイヤー・マークIIIThe Super Destroyer Mark III)を名乗り、大型マスクマン・チームを結成する[22]。当時バーン・ガニア&マッドドッグ・バションが保持していたAWA世界タッグ王座にも再三挑戦したが、後に仲間割れを起こし、マークII(スローター)はボビー・ヒーナン、マークIII(グアイ)はロード・アルフレッド・ヘイズをマネージャーに覆面レスラー同士の抗争も行った[23]

1980年下期からは再び覆面を脱ぎ、素顔のザ・ハングマンとしてWWFに進出。フレッド・ブラッシーをマネージャーに迎え、ボブ・バックランドWWFヘビー級王座ペドロ・モラレスインターコンチネンタル王座に再三挑戦、ブルーノ・サンマルチノリック・マーテルとも対戦し、ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンではドミニク・デヌーチらを下した[24][25]。同年8月9日に開催されたシェイ・スタジアムでのビッグ・イベント "Showdown at Shea" では、レネ・グレイを相手に勝利を飾っている[26]。11月には新日本プロレスの『第1回MSGタッグ・リーグ戦』に、アンドレ・ザ・ジャイアントのパートナーとして通算4度目の、そして素顔では初の来日を果たす[27]。決勝戦には進めなかったものの、スタン・ハンセン&ハルク・ホーガン組とのスーパーヘビー級タッグ対決は話題を呼んだ。

その後は地元のモントリオールに定着し、ジノ・ブリットディノ・ブラボーらが運営していたインターナショナル・レスリング(Lutte Internationale)にて、スウェード・ハンセンクレージー・セーラー・ホワイトとのタッグなどで活動していた。1986年に引退したが、5年後の1991年に交通事故で重傷を負って以来、杖歩行を余儀なくされたという[1]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

NWAハリウッド・レスリング
NWAオールスター・レスリング
  • NWAパシフィック・コースト・ヘビー級王座:1回 [20]
コンチネンタル・レスリング・アソシエーション
インターナショナル・レスリング(モントリオール)

脚注[編集]

  1. ^ a b SLAM! Wrestling Canadian Hall of Fame: The Hangman Neil Guay”. SLAM! Sports. 2009年5月11日閲覧。
  2. ^ 凶悪犯逮捕時、犯人への過度な暴行が原因で免職されたという(ミスター高橋『幽霊軍団にギブアップ』1984年、ベースボール・マガジン社 / ISBN 4583024274)。
  3. ^ Neil Guay”. Wrestlingdata.com. 2018年4月26日閲覧。
  4. ^ NJPW 1975 The 2nd World League”. Puroresu.com. 2015年4月14日閲覧。
  5. ^ Show at Seoul”. Wrestlingdata.com. 2018年4月26日閲覧。
  6. ^ 1975年に大ヒットしたパニック映画タワーリング・インフェルノ』にあやかり、タイトルをそのままリングネームに使用したもの。来日時は「炎上仮面」なる異名が付けられた。
  7. ^ The Stampede matches fought by Neil Guay in 1975”. Wrestlingdata.com. 2018年4月26日閲覧。
  8. ^ The Stampede matches fought by Neil Guay in 1976”. Wrestlingdata.com. 2014年9月5日閲覧。
  9. ^ NJPW 1976 The 3rd World League”. Puroresu.com. 2015年4月14日閲覧。
  10. ^ Le Bourreau / Hangman Neil Guay”. Les Étoiles de la Lutte. 2018年10月3日閲覧。
  11. ^ a b NWA Americas Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月8日閲覧。
  12. ^ a b NWA Americas Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月8日閲覧。
  13. ^ West Texas results from 1977”. Kayfabe Memories. 2012年8月12日閲覧。
  14. ^ The Amarillo matches fought by Neil Guay in 1977”. Wrestlingdata.com. 2014年9月5日閲覧。
  15. ^ 『別冊ゴング』1977年7月号 P138-139(1977年、日本スポーツ出版社
  16. ^ The NWAHW matches fought by Neil Guay in 1977”. Wrestlingdata.com. 2014年9月5日閲覧。
  17. ^ NJPW 1977 Toukon Series”. Puroresu.com. 2015年4月14日閲覧。
  18. ^ a b The USWA matches fought by Neil Guay in 1978”. Wrestlingdata.com. 2014年9月5日閲覧。
  19. ^ a b NWA Southern Tag Team Title: Mid-America version”. Wrestling-Titles.com. 2011年6月22日閲覧。
  20. ^ a b NWA Pacific Coast Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月8日閲覧。
  21. ^ The ASW matches fought by Neil Guay in 1979”. Wrestlingdata.com. 2014年9月5日閲覧。
  22. ^ The AWA matches fought by Neil Guay in 1979”. Wrestlingdata.com. 2014年9月5日閲覧。
  23. ^ The AWA matches fought by Neil Guay in 1980”. Wrestlingdata.com. 2014年9月5日閲覧。
  24. ^ WWE Yearly Results 1980”. The History of WWE. 2009年5月11日閲覧。
  25. ^ WWE Yearly Results 1981”. The History of WWE. 2009年5月11日閲覧。
  26. ^ WWF Showdown at Shea 1980”. Cagematch.net. 2015年4月14日閲覧。
  27. ^ NJPW 1980 The 1st Madison Square Garden Tag Team League”. Puroresu.com. 2015年4月14日閲覧。
  28. ^ International Tag Team Title [Montreal]”. Wrestling-Titles.com. 2014年9月30日閲覧。

外部リンク[編集]