エド・ルイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エド・ルイス
Ed 'Strangler' Lewis in the ring cph.3b19139.jpg
Lewis applies a headlock to Ivan Linow, 1920
プロフィール
リングネーム エド "ストラングラー" ルイス
本名 ロバート・ヘルマン・ジュリアス・フリードリッヒ
身長 178cm
体重 120kg
誕生日 1891年6月30日
死亡日 (1966-08-08) 1966年8月8日(75歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ウィスコンシン州の旗 ウィスコンシン州
デビュー 1904年
引退 1942年
テンプレートを表示

エド "ストラングラー" ルイスEd "Strangler" Lewis、本名:Robert Herman Julius Friedrich1891年6月30日 - 1966年8月8日)は、アメリカ合衆国ウィスコンシン州出身のプロレスラー。

ルー・テーズカール・ゴッチら多くの名レスラーが尊敬したレスラーの一人でもあり、現役時代には世界ヘビー級王座を3度獲得した(NWA本部が認定していないものも含めると、通算6度の世界王者という説もある)。

来歴[編集]

14歳の時に、エド "ストラングラー" ルイス(1890年代のレスラー、エヴァン "ストラングラー" ルイスにあやかったものと思われる)のリングネームでデビュー。

1920年ニューヨーク版の世界ヘビー級王座を初獲得(これがルイスのキャリアでの初タイトル獲得でもあった)。1928年にはボストン版AWA世界ヘビー級王座の初代王者に認定された。

1934年リグレー・フィールドで行われたジム・ロンドス戦では実に3万5275人もの観衆を集めたとされる。この当時、若きルー・テーズと知り合い、彼にレスリング技術を教えた。

1942年頃よりセミリタイア状態となり、1944年NWAフロリダ・ヘビー級王座を獲得(即日返上)したのを最後に現役を引退。

引退後は愛弟子でもあるテーズのマネジャーとして彼のタイトルマッチや防衛戦を間近で見守り続けた。

1966年8月8日、ニューヨークにて75歳で死去。

2016年4月2日、WWE殿堂のレガシー部門に迎えられた[1]

獲得タイトル[編集]

アメリカン・レスリング・アソシエーション(ボストン)
  • AWA世界ヘビー級王座(ボストン版)
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
  • NWAフロリダ・ヘビー級王座
ミッドウエスト・レスリング・アソシエーション
  • MWA世界ヘビー級王座
ワールド・レスリング・エンターテインメント
その他

得意技[編集]

その他 [編集]

ルー・テーズは、ルイスを非常に尊敬しており、彼をマネジャーとして指名したほどである。また、晩年には20世紀最高のレスラーは自分ではなく、ルイスだと語っており、テーズの考えるベストレスラー25人のうちの一人でもある。

脚注[編集]

  1. ^ a b Congratulations to the 2016 WWE Hall of Fame Legacy inductees”. WWE.com. 2016年4月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]