ジョージ・スティール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョージ・スティール
George Steele.jpg
ジョージ・スティール(2009年)
プロフィール
リングネーム ジョージ "ジ・アニマル" スティール
ザ・ステューデント
アニマル・マシーン
本名 ウィリアム・ジェームズ・マイヤーズ
ニックネーム 鋼鉄ゴリラ
身長 188cm
体重 132kg(全盛時)
誕生日 (1937-04-16) 1937年4月16日(79歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミシガン州の旗 ミシガン州
ウェイン郡デトロイト
トレーナー バート・ルビー
デビュー 1962年
引退 1989年
テンプレートを表示

ジョージ・スティールGeorge "The Animal" Steele、本名:William James Myers1937年4月16日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラーミシガン州デトロイト出身。

ジ・アニマルの異名通り、スキンヘッドに全身剛毛の狂獣系ヒールとして一時代を築いた怪奇派レスラーの大御所である。1980年代中盤からはWWFでコミカルなベビーフェイスに転向し、子供たちの人気を集めた。

日本では「ジョージ・スチール」と表記されていたが、本項では原音に近い表記を使用する。

来歴[編集]

ミシガン州立大学を卒業後、ミシガン州マディソンハイツで高等学校の体育教師をしていた[1]。教職に就く一方、地元デトロイト地区のプロモーターだったバート・ルビーに師事し、1962年にプロレスラーとしてデビューする。当時は教員を続けながら学校の休暇時にリングに上がり、素性を隠すために覆面レスラーザ・ステューデントとして試合を行っていた[2][3]

その後、覆面を脱いで狂乱ファイターのジョージ "ジ・アニマル" スティールに変身。ハイスクールでアメリカンフットボールレスリングの非常勤コーチを務めつつ、本格的にプロレスに注力するようになる。1967年からはWWWFに進出。翌1968年5月20日には、ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンにてブルーノ・サンマルチノWWWF世界ヘビー級王座に挑戦している[4]

以降、1980年代初頭までデトロイトのNWAビッグタイム・レスリングとWWWF(WWF)を主戦場に、両テリトリーを股にかけて活躍した。本拠地デトロイトではザ・シークボボ・ブラジルと遺恨試合を繰り広げ、1980年5月3日にはフランキー・レインと組んでNWA世界タッグ王座を獲得[5]。ニューヨークではゴリラ・モンスーンチーフ・ジェイ・ストロンボーと抗争し、ペドロ・モラレス、サンマルチノ、ボブ・バックランドら歴代王者にも再三挑戦した[6]

この間、日本には1971年7月に日本プロレス[7]1974年7月に全日本プロレス[8]1979年6月に新日本プロレスに来日している[9]ジャイアント馬場アントニオ猪木ともシングルマッチで対戦したが、直線的で単調な試合スタイルが日本では受け入れられず、実績を残すことはできなかった[10]。なお、WWFでは1981年キラー・カーンタッグチームを組んだことがある[11]

1984年ビンス・マクマホン・ジュニアの新体制下で全米侵攻を進めていたWWFと再契約。ミスター・フジマネージャーに迎え、かつてと同様ヒールのポジションでWWF世界王者ハルク・ホーガンに挑戦したが[12]1985年5月10日収録のサタデー・ナイト・メイン・イベントでの6人タッグマッチにおいて、悪党仲間のアイアン・シーク&ニコライ・ボルコフと仲間割れ[13]。これを機にベビーフェイスに転向し、異色の人気者となる。1986年からはランディ・サベージとの抗争がスタートし、サベージのマネージャーだったミス・エリザベスに恋をするという美女と野獣アングルも組まれた。1988年には "Mine" なるハンドパペットを「友人」として帯同するなど、後のマンカインドとミスター・ソッコのギミックの先駆的存在ともなった[14]

その後もWWFの前座戦線で活躍していたが、1988年クローン病を患い引退[15]。リタイア後は、その特異なキャラクターを活かし俳優業にも進出[16]1994年公開の映画エド・ウッド』(ティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演)では、同じく元プロレスラーの俳優トー・ジョンソンTor Johnson)の役を演じた[17]。風貌が似ていることから、スティールはレスラー時代にジョンソンと間違えられることが度々あったという。

1995年WWE殿堂に迎えられ、1997年12月29日にはTAKAみちのくのパートナーとして『Raw is War』に出場(ジェリー・ローラー&ブライアン・クリストファーと対戦)[18]。翌1998年末からはベビーフェイスの怪物軍団ジ・オディティーズクルガンゴルガジャイアント・シルバ)のマネージャー役となってアティテュード期のWWFに復帰した[19]

2000年1月10日にはWCWの『マンデー・ナイトロ』でジェフ・ジャレットと対戦。特別レフェリーのクリス・ベノワおよびオールド・エイジ・アウトローズ(アーン・アンダーソンラリー・ズビスコポール・オーンドーフテリー・ファンク)のフォローを受けて勝利を飾っている[20]。以降もインディー団体へのスポット出場を続け、2008年6月8日にはジェイク・ロバーツカマラココ・B・ウェアと共にTNAPPV "Slammiversary" に登場。ジェイ・リーサルソウ・カル・バルのウェディング・セレモニー(かつてWWFで行われたランディ・サベージとエリザベスの結婚式のパロディ)に出席した。

2010年11月15日、"Old School edition" と銘打って行われたスペシャル版のWWERaw』に出演[21]コフィ・キングストンデビッド・オタンガ戦に乱入し、往年の"Big Bite"(ターンバックルの噛み破り)を見せた。

エピソード[編集]

  • ヒール期のインタビューシーンでは、よだれを垂らしながら緑色に塗られた舌を突き出していた。マネージャーのフレッド・ブラッシーによると、口の中にクロレッツを含んで色を付けていたとのこと[22]
  • 少女時代のステファニー・マクマホンは、スティールを本当の狂人と思い込んで真剣に怖がり、会場で彼に出くわすとビンスの後ろに隠れて怯えていたという[23]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

NWAビッグタイム・レスリング
スーパースターズ・オブ・レスリング
グランデ・レスリング・アライアンス
  • GWAヘビー級王座:1回
ワールド・レスリング・フェデレーション

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ The main behind the Animal”. George Steele.com. 2009年8月10日閲覧。
  2. ^ Wrestler Profiles: George "The Animal" Steel”. Online World of Wrestling. 2011年5月19日閲覧。
  3. ^ George Steele Gallery: The Student”. Online World of Wrestling. 2011年5月19日閲覧。
  4. ^ WWE Yearly Results 1968”. The History of WWE. 2009年8月10日閲覧。
  5. ^ a b NWA World Tag Team Title [Detroit]”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月19日閲覧。
  6. ^ WWE Specific Arena Results: MSG 1970-1979”. The History of WWE. 2009年8月10日閲覧。
  7. ^ JWA 1971 Summer Big Series”. Puroresu.com. 2015年7月17日閲覧。
  8. ^ AJPW 1974 Summer Action Series”. Puroresu.com. 2015年7月17日閲覧。
  9. ^ NJPW 1979 Summer Fight Series”. Puroresu.com. 2015年7月17日閲覧。
  10. ^ 『プロレスアルバム16 THE HEEL』P4、P49(1981年、恒文社
  11. ^ WWE Yearly Results 1981”. The History of WWE. 2009年8月10日閲覧。
  12. ^ WWE Yearly Results 1984”. The History of WWE. 2014年10月19日閲覧。
  13. ^ WWE Yearly Results 1985”. The History of WWE. 2014年10月19日閲覧。
  14. ^ George Steele Gallery: Mine”. Online World of Wrestling. 2009年8月10日閲覧。
  15. ^ Pinning Crohn's Disease”. George Steele.com. 2009年8月10日閲覧。
  16. ^ George Steele in Movies”. George Steele.com. 2011年5月19日閲覧。
  17. ^ Ed Wood”. AllRovi. 2011年5月19日閲覧。
  18. ^ WWF RAW is WAR #240”. Cagematch.net. 2015年7月17日閲覧。
  19. ^ WWE Yearly Results 1999”. The History of WWE. 2015年7月17日閲覧。
  20. ^ WCW Monday NITRO #225”. Cagematch.net. 2015年7月17日閲覧。
  21. ^ WWE Legend roll-call on an "old school" edition of Raw”. WWE.com. 2010年11月16日閲覧。
  22. ^ 『フレッド・ブラッシー自伝』P346(2003年、エンターブレインISBN 4-7577-1692-3
  23. ^ Stephanie Marie McMahon Biography”. Karma's Wrestling Retro. 2009年12月2日閲覧。

外部リンク[編集]