ジョニー・バリアント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョニー・バリアント
プロフィール
リングネーム "ラシャス" ジョニー・バリアント
ジョニー・V
ジョン・L・サリバン
ジョニー・サリバン
本名 トーマス・サリバン
ニックネーム 弾丸男爵
身長 187cm
体重 120kg(全盛時)
誕生日 (1946-11-25) 1946年11月25日
死亡日 (2018-04-04) 2018年4月4日(71歳没)[1]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ペンシルベニア州の旗 ペンシルベニア州
アレゲニー郡ピッツバーグ
トレーナー アル・コステロ
デビュー 1967年
テンプレートを表示

ジョニー・バリアント"Luscious" Johnny Valiant、本名:Thomas Sullivan1946年11月25日 - 2018年4月4日)は、アメリカ合衆国プロレスラーおよびプレイング・マネージャーペンシルベニア州ピッツバーグ出身。

1970年代に一世を風靡したヒールのタッグチーム・ユニット、バリアント・ブラザーズThe Valiant Brothers)の一員として、WWAWWFNWAAWAなど各団体で活躍した。

来歴[編集]

ファビュラス・カンガルーズアル・コステロに鍛えられ、ザ・シークが主宰していたデトロイト地区の団体で1967年にデビュー。デビュー前はリング・クルーをしていたという。その後、往年のプロボクサーと同じリングネームジョン・L・サリバンJohn L. Sullivan)を名乗りニューヨークWWWFに登場。当初はベビーフェイスの新鋭として、キラー・コワルスキーケンタッキー・ブッチャーブル・ラモストール・タナカミツ・アラカワジョージ・スティールバロン・シクルナブルドッグ・ブラワールーク・グラハムなどのヒール勢と対戦し、ブルーノ・サンマルチノのパートナーに起用されることもあった[2]

1969年9月、日本プロレスに初来日[3]。WWWFを主戦場としつつ1970年代前半は師匠のアル・コステロも参加していたNWFにも出場しており[4]1973年7月には同年よりNWFとの提携を開始した新日本プロレスに来日[5]。4年前の初来日時はキャリア不足のため前座試合で敗退を重ねていたが[6]、新日本ではムーンドッグ・メインシーン・リーガンに次ぐ3番手外国人のポジションとなり、アントニオ猪木ともシングルマッチで3回対戦している[7][8]

帰国後の1973年11月、先輩格の "ハンサム" ジミー・バリアントに誘われ "ラシャス" ジョニー・バリアント"Luscious" Johnny Valiant)と改名し、金髪悪党タッグチームバリアント・ブラザーズThe Valiant Brothers)」を結成[9]。翌1974年1月5日、インディアナポリスWWAでブルーノ・サンマルチノ&ディック・ザ・ブルーザーからWWA世界タッグ王座を奪取[10]。WWWFでは同年5月8日、地元のペンシルベニアにてディーン・ホー&トニー・ガレアを破り、WWWF世界タッグ王座を獲得した[11]

1976年5月にはバリアント・ブラザーズとして全日本プロレスに来日、ジャイアント馬場&ジャンボ鶴田インターナショナル・タッグ王座およびグレート小鹿&大熊元司アジア・タッグ王座の両タイトルに挑戦している[12]。その後もジミーとのコンビでジョージアフロリダなど南部NWA圏から太平洋岸サンフランシスコ地区まで全米を転戦し、各地のタッグ王座を総なめにした[13]

1978年の下期、ジミーが肝炎を患い欠場することになったため、WWA時代の盟友でもあるガイ・ミッチェルを "ジェントルマン" ジェリー・バリアントに変身させてバリアント・ブラザーズを再編[14]1979年3月6日、トニー・ガレア&ラリー・ズビスコを破ってWWFタッグ王座に返り咲いている[11]。後にジミーも加わり、一時はトリオとして北東部一帯を暴れ回った[15]1980年2月にはジェリーとのコンビで再び全日本プロレスに参戦、極道コンビが保持するアジア・タッグ王座に再挑戦した[16]

チーム解散後はシングルプレイヤーとしてWWAおよびAWAのテリトリーに参戦。兄貴分のジミーほどシングルの実績は残していないが、1981年4月にディック・ザ・ブルーザーからWWA世界ヘビー級王座を奪取している[17]。AWAでは同年10月より一時的にベビーフェイスに転向し、ジェリー・ブラックウェルボビー・ダンカンと対戦[18]、当時AWAで大ブレイクしていたハルク・ホーガンマネージャーを務めたこともあった[19]。その後はヒールに戻り、1980年代前半はブルーノ・サンマルチノが興したIWFやカナダオンタリオ地区のビッグ・ベア・プロモーションズなどのインディー団体で活動した[20][21]

1984年ビンス・マクマホン・ジュニアの新体制下で全米侵攻を開始していたWWFと再契約[22]。そのマイクパフォーマンスの才能をマクマホンに買われ、新手のヒールとして売り出し中だったブルータス・ビーフケーキのプレイング・マネージャーを任される。後にグレッグ・バレンタインのマネージメントも担当し、ビーフケーキとのタッグチーム「ドリーム・チームThe Dream Team)」を指揮。1985年8月24日、バリー・ウインダム&マイク・ロトンドUSエクスプレスからWWF世界タッグ王座を奪取させる[11]。タイトルは翌1986年4月7日のレッスルマニア2ブリティッシュ・ブルドッグスに奪われるが、その後もドリーム・チームを率いてタッグ戦線を賑わせた。ビーフケーキのフェイスターン後はディノ・ブラボーを加えてチームを再編している。WWFではジェシー・ベンチュラボビー・ヒーナンに先駆けるヒールのカラー・コメンテーターとしてもトークの才能を発揮した。

WWF離脱後はAWAでウェイン・ブルームマイク・イーノスのデストラクション・クルー(後にWWFでビバリー・ブラザーズとして活躍)のマネージャーとなり[23]1989年10月にAWA世界タッグ王者に就かせている[24]1996年にはジミーとのバリアント・ブラザーズでWWF殿堂に迎えられた。引退後は天賦のタレント性を活かし、コメディ役者として活躍していた[25]

2018年4月4日早朝、ペンシルベニア州ロスにて交通事故に遭遇し、病院へ搬送されたが死亡した[26]。71歳没[1]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

ワールド・レスリング・アソシエーション
NWAサンフランシスコ
ジョージア・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAジョージア・タッグ王座:1回(w / ジミー・バリアント)[28]
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
  • NWA USタッグ王座(フロリダ版):1回(w / ジミー・バリアント)[29]
ワールド・レスリング・フェデレーション

マネージャー担当選手[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b WWE Hall of Famer Johnny Valiant passes away”. WWE.com (2018年4月4日). 2018年4月5日閲覧。
  2. ^ WWE Yearly Results 1969”. The History of WWE. 2015年6月6日閲覧。
  3. ^ JWA 1969 Diamond Series”. Puroresu.com. 2018年4月5日閲覧。
  4. ^ The NWF matches fought by Johnny Valiant in 1973”. Wrestlingdata.com. 2015年1月9日閲覧。
  5. ^ NJPW 1973 Summer Big Fight Series”. Puroresu.com. 2018年4月5日閲覧。
  6. ^ The JWA matches fought by Johnny Valiant in 1969”. Wrestlingdata.com. 2018年4月5日閲覧。
  7. ^ 『新日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P83(2002年、日本スポーツ出版社
  8. ^ The NJPW matches fought by Johnny Valiant in 1973”. Wrestlingdata.com. 2018年4月5日閲覧。
  9. ^ Jimmy Valiant and Johnny Valiant”. Wrestlingdata.com. 2014年12月31日閲覧。
  10. ^ a b WWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月2日閲覧。
  11. ^ a b c d History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2010年4月2日閲覧。
  12. ^ The AJPW matches fought by Johnny Valiant in 1976”. Wrestlingdata.com. 2014年12月31日閲覧。
  13. ^ The Valiant Brothers”. Online World of Wrestling. 2009年4月23日閲覧。
  14. ^ Being a Valiant wasn't easy”. SLAM! Sports (May 17, 2005). 2009年4月23日閲覧。
  15. ^ WWE Yearly Results 1979”. The History of WWE. 2009年4月7日閲覧。
  16. ^ The AJPW matches fought by Johnny Valiant in 1980”. Wrestlingdata.com. 2014年12月31日閲覧。
  17. ^ a b WWA World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月2日閲覧。
  18. ^ The AWA matches fought by Johnny Valiant in 1981”. Wrestlingdata.com. 2014年12月31日閲覧。
  19. ^ Johnny Valiant dead”. The Independent (2018年4月5日). 2018年4月17日閲覧。
  20. ^ The IWF matches fought by Johnny Valiant in 1982”. Wrestlingdata.com. 2015年1月9日閲覧。
  21. ^ The BBP matches fought by Johnny Valiant in 1983”. Wrestlingdata.com. 2015年1月9日閲覧。
  22. ^ The WWF matches fought by Johnny Valiant in 1984”. Wrestlingdata.com. 2015年1月9日閲覧。
  23. ^ The AWA matches fought by Johnny Valiant in 1989”. Wrestlingdata.com. 2015年1月9日閲覧。
  24. ^ AWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年1月9日閲覧。
  25. ^ Johnny Valiant”. Online World of Wrestling. 2009年4月23日閲覧。
  26. ^ “WWE Remembers Johnny Valiant After Sudden Passing”. Wrestling Inc.. Webcapacity Incorporated. (2018年4月5日). http://www.wrestlinginc.com/wi/news/2018/0404/638619/wwe-remembers-johnny-valiant-after-sudden-passing/ 2018年4月5日閲覧。 
  27. ^ NWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月8日閲覧。
  28. ^ NWA Georgia Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月8日閲覧。
  29. ^ NWA United States Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月8日閲覧。
  30. ^ Demolition: the Imitators Become Innovators”. Online Onslaught (August 13, 2004). 2009年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年4月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]