極道コンビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

極道コンビ(ごくどうコンビ)は、プロレスラーグレート小鹿大熊元司によるプロレスタッグチーム。そのチーム名の通り、主にヒールのポジションで活躍した。

概要[編集]

日本プロレス在籍時の1967年8月より共にアメリカに遠征し、ライジング・サンズThe Rising Suns)のチーム名でテネシージョージア地区で活動[1]。テネシーでは同年10月にNWA世界タッグ王座を獲得し[2]エディ・グラハム&サム・スティムボートジャッキー・ファーゴ&ヘイスタック・カルホーンなどのチームとも対戦した[3]

渡米中、大熊がホームシックで体重が大幅に減少したため[4]1968年に単独で帰国。小鹿はシングルプレイヤーとしてアメリカでの活動を続けるが、1970年9月の小鹿の帰国から約半年後に大熊が再渡米[5]。その後、大熊は日本プロレスに戻ることなく1972年全日本プロレス旗揚げに参加、小鹿は日本プロレスに残留したためコンビは一時解散となったが、翌1973年4月に日本プロレスが崩壊。小鹿が他の日プロ残党と共に6月より全日本プロレスに合流したため、再び両者のタッグが復活することとなった[1]

1976年3月26日には韓国ソウルにて、日本プロレスの崩壊に伴い封印されていたアジアタッグ王座を獲得[6]。以降、1981年5月23日にケビン・フォン・エリック&デビッド・フォン・エリックに敗れるまで、同王座を通算4回獲得した(挑戦者チームには、バリアント・ブラザーズタンク・パットン&テッド・デビアスボボ・ブラジル&カルロス・コロン天龍源一郎&高千穂明久クルト・フォン・ヘス&カール・フォン・スタイガーなどがいる。4度目の戴冠時の王座決定戦ではザ・キウイズと対戦した)[7]

1970年代後半は国際プロレスのリングにも参戦し、アニマル浜口&マイティ井上の浪速ブラザーズとアジアタッグ王座を争った[8]1979年8月26日の『プロレス夢のオールスター戦』では長州力&アニマル浜口と対戦している[9]

アジアタッグ王座陥落後の1981年末には『世界最強タッグ決定リーグ戦』に初出場。以降も1986年までチームを継続させ、ジャパンプロレス勢や国際血盟軍とも対戦したが[1]1988年に小鹿が一時引退したためコンビは解散、さらに1992年に大熊が現役中に死去したため、事実上終結した。

スタン・ハンセンは、極道コンビを「巧さ、強さも強く印象に残っている」と自著で称賛している[10]

獲得タイトル[編集]

NWAミッドアメリカ
全日本プロレス

脚注[編集]

  1. ^ a b c Tag Team "Rising Suns"”. Wrestlingdata.com. 2015年12月29日閲覧。
  2. ^ a b NWA World Tag Team Title [Mid-America]”. Wrestling-Titles.com. 2015年12月27日閲覧。
  3. ^ The GWE matches fought by Great Kojika in 1967”. Wrestlingdata.com. 2015年12月27日閲覧。
  4. ^ ロスでミル・マスカラスと抗争…グレート小鹿<1>”. YOMIURI ONLINE (2015年3月2日). 2015年12月29日閲覧。
  5. ^ The CWF matches fought by Motoshi Okuma in 1971”. Wrestlingdata.com. 2015年12月29日閲覧。
  6. ^ a b All Asia Tag Team Title Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年12月27日閲覧。
  7. ^ 王座変遷史 アジアタッグ選手権”. Rodmann's Pro-Wrestling Site. 2015年12月27日閲覧。
  8. ^ IWE Dynamite Series - Day 2”. Cagematch.net. 2015年12月29日閲覧。
  9. ^ Tokyo Sports Pro Wrestling All-Star Dream Bout”. Cagematch.net. 2015年12月29日閲覧。
  10. ^ スタン・ハンセン『日は、また昇る』(2015年 徳間書店 ISBN 9784198640460 p87)

関連項目[編集]