ニュー・デイ (プロレス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ニュー・デイ (The New Day)は、アメリカ合衆国プロレス団体WWEで活動している黒人プロレスラーのユニット。

メンバー[編集]

概要[編集]

2014年11月より3人でゴスペルギミックのトリオを結成し、PVの作成を始める。

同月28日に、カーティス・アクセル&スレイター・ゲイター(ヒース・スレイター&タイタス・オニール)との6人タッグマッチにて実戦デビューし勝利。

2015年3月30日のRAWにて、コフィ&ビッグ・Eが昇格したてのルチャ・ドラゴンズと組み、ジ・アセンション(コナー&ビクター)&ブラス・リング・クラブ(セザーロ&タイソン・キッド)との対戦で、ルチャ・ドラゴンズとの交代が少なく、観客がルチャに期待していたため、試合終了後から『NEW DAY SUCKS』とのコールが起きヒールターン。

4月26日、Extreme Rulesにて、ブラス・リング・クラブと対戦。ビッグ・E&コフィ・キングストンが出場し、勝利。タッグチーム王座を奪取した。

6月14日、Money in the Bankでは、コフィの不在の中での戦いとなり、王座から陥落するが、8月23日のサマースラムで勝利。

12月12日に放送されたRAW大会では、番組冒頭でニュー・デイがRAWタッグ王座の防衛を果たし、ザ・デモリッションの持つタッグ王座最長保持記録を更新した。 しかし試合後の祝賀会で、喜んだニュー・デイのウッズがシャンパンをコミッショナーであるステファニー・マクマホンにかけてしまった為、ステファニーはメインでもタッグ王座防衛戦を組まれ、その挑戦者に選ばれたのは現WWEユニバーサル王者のケビン・オーエンズ&クリス・ジェリコ組と更にセス・ロリンズ&ロマン・レインズを加えた3WAYマッチ戦を行うことになった。 この試合はニュー・デイがフォール勝ちで王座防衛を果たし、Roadblock: End of the Lineシェイマス & セザーロ組に負けるまで最長記録を保った。

その後スマックダウン移籍

入場曲[編集]

  • New Day, New Way - 現在使用中

外部リンク[編集]