チェーズ・オーエンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チェーズ・オーエンズ
Chase Owens
Chase Owens 2016.jpg
2016年9月
プロフィール
リングネーム チェーズ・オーエンズ
ケビン・ベンドル
ニックネーム クラウンド・ジュエル
身長 185cm[1]
体重 93kg[1]
誕生日 (1990-03-07) 1990年3月7日(27歳)[1]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テネシー州の旗テネシー州ブリストル
スポーツ歴 フットボール[2]
野球[2]
トレーナー リッキー・モートン
デビュー 2007年2月17日[1]
テンプレートを表示

チェーズ・オーエンズ英語: Chase Owens1990年3月7日 - )は、アメリカ合衆国男性プロレスラーテネシー州ブリストル出身。

来歴[編集]

2007年2月17日、チャンピオンシップ・レスリング・アライアンスChampionship Wrestling Alliance、略称 : CWA)のイベント、Snowed The F Outのトニー・ギブンス戦でプロレスデビューを飾る。9月22日に同団体が主催するトーナメント、ベスト・オブ・ザ・ベストに初出場したが、一回戦でザ・ジンを前に敗れる。

2008年11月14日、キングスポートを拠点とするサザン・ステイツ・レスリングSouthern States Wrestling、略称 : SSW)に参戦し、ギブンスが保持するAWA世界ヘビー級王座に挑戦。自身初となるタイトルの挑戦となったが、奪取には至らなかった。

2011年2月26日、ノースカロライナ州を拠点とするミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリングMid Atlantic Championship Wrestling、略称 : MACW)のイベント、Rage In The Cageに出場。シグモンを下して、NWAミッドアトランティックジュニアヘビー級王座に戴冠し、初のベルト奪取となる。

3月24日、NWAスモーキーマウンテンに参戦し、新設されたNWAマウンテン・エンパイア王座を賭けて、ジェイソン・キンケイドとラダー・マッチで対戦。この試合を制して、同タイトルの初代王者に輝いた。4月1日、同団体が主催するスモーキーマウンテンカップに出場し、優勝。8月27日にはCHIKARAに参戦し、ヤングライオンズカップに出場。一回戦でヤコブ・ハンマーメイヤー、グレゴリー・アイアン、オバリヨンと4WAYマッチで激突したが、敗北を喫した。

2012年10月13日、NWAスモーキーマウンテンのイベント、All Or Nothingに参戦。空位となったNWA世界ジュニアヘビー級王座を賭けたトーナメントに出場し、決勝戦でマット・コナード、ザック・ビンセントとトリプルスレットマッチで対戦。この試合に勝利を収め、同王座の第85代王者となった。

2014年10月13日、新日本プロレスPPVKING OF PRO-WRESTLINGに参戦。自身が保持するNWAジュニア王座の防衛戦としてBUSHIと対戦。これにピンフォール勝ちを収め、同王座の防衛に成功。試合後、NWA社長のブルース・サープマイクパフォーマンスを行い、次期挑戦者として獣神サンダー・ライガーを指名[3]。11月8日、POWER STRUGGLEにて、ライガーを相手に防衛戦に臨んだが、ピンフォール負けを喫し、王座から陥落した。

2015年5月、新日本が主催するジュニアヘビー級選手のリーグ戦、BEST OF THE SUPER Jr.に初出場。決勝進出とはならなかったものの、公式最終戦で田口隆祐から勝利を収め、田口の決勝進出を阻む活躍を見せつけ、4勝3敗という結果に終わった。10月23日、新日本が主催するRoad to POWER STRUGGLE所沢大会にて、ケニー・オメガに紹介されBULLET CLUBに加入。オメガとタッグチームを結成してSUPER Jr. TAG TOURNAMENT 2015にエントリー。翌24日、1回戦でROPPONGI VICEロッキー・ロメロ & バレッタ)と対戦したが、敗戦した。

得意技[編集]

パッケージドライバー
パイルドライバーの体勢から胴をクラッチせず、相手の膝裏辺りを捕らえながら持ち上げて、脳天からマットに突き刺す荒技。
ローリング・エルボー[1]
スウィンギング・スリングショット・バックブリーカー[1]
フリッピング・ネックブリーカー[1]
ドロップキック[1]

獲得タイトル[編集]

NWA
  • NWAサザンヘビー級王座(第23代)
  • NWAテネシータッグ王座 : 1回(w / クリス・リチャーズ)
  • NWAマウンテンエンパイア王座 : 2回
  • NWAマウンテン・ステート・レスリングジュニアヘビー級王座 : 1回
  • NWAミッドアトランティックジュニアヘビー級王座 : 3回
  • NWA世界ジュニアヘビー級王座 : 3回(第85、87、89代)
  • スモーキーマウンテンカップ 優勝(2011年)
CWA
  • CWA TV王座 : 1回
TSW
  • TSWツインステイツ王座 : 1回

入場テーマ曲[編集]

前奏部分に映画「SAW」の挿入曲「Hello Zepp」を使用している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 【10.13両国全カード決定!】年内最後の“IWGPヘビー選手権”AJvs棚橋!“権利証戦”オカダvs内藤!勝者同士が1.4東京ドームで激突!!”. 新日本プロレス公式サイト. 2014年9月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月24日閲覧。
  2. ^ a b 『週刊プロレス』2015年12月7日号増刊、プロレスラー写真名鑑号 2016、頁7。
  3. ^ KING OF PRO-WRESTLING 第2試合”. 新日本プロレス公式サイト. 2014年10月13日閲覧。

外部リンク[編集]