NEVER無差別級6人タッグ王座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NEVER無差別級6人タッグ王座
詳細
現王者 SANADA
EVIL
BUSHI
獲得日 2017年5月3日
管理団体 新日本プロレス
創立 2016年1月4日

NEVER無差別級6人タッグ王座は、日本プロレス団体である新日本プロレスが管理する王座(タイトル)。

概要[編集]

2015年12月21日、同王座の設立が発表された。翌2016年1月4日の東京ドーム大会にて王座決定戦が行われ、高橋裕二郎バッドラック・ファレタマ・トンガ矢野通ジェイ・ブリスコマーク・ブリスコが対戦。後者が初代王者となった。 2016年9月25日、王者マット・サイダルが液体大麻所持で逮捕されたため、第7代王者組がタイトル返上。同日王座決定戦が行われた。

歴代王者[編集]

タッグ王者が王座返上した場合は、王座決定戦によるタイトル移動。それ以外は、前王者に勝利してのタイトル移動。

タッグチーム 防衛回数 獲得日付、結果 獲得した場所(特殊な試合形式・その他備考)
初代 矢野通
ジェイ・ブリスコ
マーク・ブリスコ

(CHAOS)

1 2016年1月4日 東京ドームバッドラック・ファレ&高橋裕二郎&タマ・トンガ
第2代 バッドラック・ファレ
高橋裕二郎
タマ・トンガ

(BULLET CLUB)

0 2月11日 大阪府立体育会館
第3代 矢野通
ジェイ・ブリスコ
マーク・ブリスコ

(CHAOS)

0 2月14日 アオーレ長岡
第4代 ケニー・オメガ
マット・ジャクソン
ニック・ジャクソン

(ジ・エリート)

2 2月20日 後楽園ホール
第5代 棚橋弘至
マイケル・エルガン
ヨシタツ
1 4月10日 両国国技館
第6代 ケニー・オメガ
マット・ジャクソン
ニック・ジャクソン

(ジ・エリート)

0 5月3日 福岡国際センター
第7代 小島聡
リコシェ
マット・サイダル
0 7月3日 岩手産業文化センター

マット・サイダルの不祥事で王座返上

第8代 小島聡
リコシェ
デビッド・フィンレー
1 9月25日 ワールド記念ホールアダム・コール&マット・ジャクソン&ニック・ジャクソン)
第9代 SANADA
EVIL
BUSHI

(ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン)

0 2017年1月4日 東京ドーム

(前王者組、バットラック・ファレ&高橋裕二郎&ハングマン・ペイジ組、YOSHI - HASHI&ウィル・オスプレイ&邪道組とのガントレットマッチ)

第10代 棚橋弘至
中西学
田口隆祐

(タグチジャパン)

0 1月5日 後楽園ホール
第11代 SANADA
EVIL
BUSHI

(ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン)

1 2月11日 大阪府立体育会館
第12代 田口隆祐
棚橋弘至
リコシェ

(タグチジャパン)

0 4月4日 後楽園ホール
第13代 SANADA
EVIL
BUSHI

(ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン)

3 5月3日 福岡国際センター

主な記録[編集]

  • 最多戴冠回数:3回 -棚橋弘至(5代、10代、12代)、リコシェ(第7代、第8代、第12代)、SANADA (第9代、第11代、第13代)、EVIL (第9代、第11代、第13代)、BUSHI ( 第9代、第11代、第13代)
  • 最多連続防衛:3回 -SANADA 、EVIL 、BUSHI(第13代)
  • 最多通算防衛:4回SANADA、EVIL 、BUSHI

関連項目[編集]

外部リンク[編集]