菅林直樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
すがばやし なおき
菅林 直樹
生誕 (1964-07-13) 1964年7月13日(53歳)
北海道札幌市
国籍 日本の旗 日本
職業 新日本プロレスリング代表取締役会長
テレビ番組 ワールドプロレスリング

菅林 直樹(すがばやし なおき、1964年7月13日[1] - )は、日本実業家である。新日本プロレスリング株式会社で代表取締役会長を務めている[2]

経歴[編集]

北海道札幌市出身[1]。元々プロレスファンで、北海学園大学在学時に全日本プロレスの宣伝カーで運転助手のアルバイトを始め、プロレス業界に携わるようになる[1][3]。たまたま新日本プロレスの営業(札幌担当)の人と知り合いになり、プロレス業界入りを決意[4]。北海学園大学卒業後上京し、新日本プロレス営業部アルバイトの立場で福岡国際センターを担当[5]。正社員として入社するまでに3年かかった[5]。入社後は、営業部長、宣伝・ソフト事業執行役員を経て新日本プロレスがユークス傘下となった2005年12月に副社長に昇格[6][7]。当時社長を務めていたサイモン・ケリー猪木2007年3月に辞意を表明し退任すると、それに伴い社長代行となり同年4月25日付けで代表取締役社長に就任した[8][9][10]2012年1月、ブシロードの子会社となってからは菅林社長直下の経営戦略室を新設。「新規事業やパートナー企業との新商品、海外市場などの開拓を模索していくことになる。」という[11]

2013年9月24日、社長職をブシロードから執行役員として出向していた手塚要に譲り、自身は代表権を持ったまま代表取締役会長に就任した[12]

人物[編集]

  • 営業畑一筋の「背広組」として新日本プロレス経営陣のトップに立った。プロレス業界では「背広組の経営者は成功しない」というジンクスがあり、それについては「知ってます。でも、それは少し勘違いがあるのでは。見てますと『選手よりオレが』というのがあって、そのへんが選手の反感を買った。選手の言う事を聞いてばかりいると傾いてしまうので、微妙なバランスが必要では。あまり出しゃばらず、今の時代に応じた経営をしていけば、ジンクスを打ち破れるのでは」と語っている[13]
  • 金銭面にクリーンで、ユークスの新日本プロレス買収プランの立役者とされる[6][7]。ユークスの谷口行規、ブシロードの木谷高明からの信頼も厚い。
  • 坂口征二は、副社長昇格時(2005年)の菅林を「人柄は誠実で温厚、営業部長の時はヤリ手だった。ユークスを(新日本プロレスに)入れた功労者。」と評価している[6][7]
  • プロレスラーとの絡みで『ワールドプロレスリング』に登場することがある。2009年11月は後楽園ホール駐車場で飯塚高史に愛車を壊されたり、TAJIRIから毒霧攻撃を受けるなど受難続きだった[14]
  • 全日本プロレス元社長の内田雅之とは同郷ということもあって話す機会も多く、2012年の40周年記念興行の合同開催を実現に至った[15]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 菅林直樹プロフィール - 菅林直樹カウントダウンブログ「決意!」、2012年7月10日閲覧。
  2. ^ 会社概要 - 新日本プロレスリング公式HP、2012年7月10日閲覧。
  3. ^ なお、北海学園大学在学及び卒業の記載は『財界さっぽろ 2013年9月号』(財界さっぽろ、2013年8月15日、p234)より
  4. ^ 営業担当からは月給30万円と聞かされていたが、入社後長州力前田日明などの人気選手離脱により業績が悪化し月給7万円の時もあったという。
  5. ^ a b 菅林会長のブログ Profileより - 新日本プロレスHP、2012年11月2日閲覧。
  6. ^ a b c 東京スポーツ』2005年12月17日。
  7. ^ a b c 臨時株主総会で菅林副社長誕生 - 多重ロマンチック、2012年7月10日閲覧。
  8. ^ 4月25日に行われた株主総会と役員会において新社長に選任されたが、対外的には社長代行の肩書きを続け5月8日の会見(ユークスのゲームソフト『レッスルキングダム2 プロレスリング世界大戦』発売記念イベント)で新体制と共に社長就任を正式に発表した。
  9. ^ 東京スポーツ』2007年4月27日。
  10. ^ 新日本新社長決定 菅林直樹社長誕生へ - 多重ロマンチック、2012年7月10日閲覧。
  11. ^ ブシロード体制で目指すはキング・オブ・プロレスリング! 新日本プロレス戦略発表会リポート - ファミ通.com、2012年7月10日閲覧。
  12. ^ 新役員人事決定のお知らせ”. 新日本プロレス (2013年9月25日). 2013年9月25日閲覧。
  13. ^ 中日スポーツ』2007年10月23日、門馬忠雄によるインタビューより。
  14. ^ TAJIRIが菅林社長にまたも毒霧噴射!青義軍vs.CHAOSのシングル4番勝負は引き分け - スポーツナビ、2012年7月10日閲覧。
  15. ^ 7月1日、新日本と全日本が合同で、創立40周年記念大会を両国国技館にて開催!(※お客様へのお願いを追記)

外部リンク[編集]