G・B・H (プロレス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
G・B・H
ステーブル
メンバー 真壁刀義(2代目リーダー)
本間朋晃
名称 Great Bash Heel
過去メンバー 下記参照
デビュー 2006年10月2日 (2006-10-02)
団体

G・B・H(ジー・ビー・エイチ)は、新日本プロレスのユニットである。Great Bash Heel(グレート・バッシュ・ヒール、最も偉大で凶悪なヒール)の略であり、イギリス警察で凶悪傷害事件を意味する暗号コード「Grievous Bodily Harm」の意味も込められている。

正式名称の通り、結成当初はヒールユニットであったが、CHAOSとの分裂で殆どのメンバーがCHAOSに移籍したため、現在は正規軍扱いとなり、真壁刀義本間朋晃によるタッグチームとして機能している。

概要[編集]

第48代IWGPタッグ王者であった蝶天タッグこと蝶野正洋天山広吉であったが、日頃の蝶野の態度に反感を持った天山がタッグを解消し、新たなユニット結成を決意。

2006年10月2日に、天山が真壁、越中詩郎と結成し、同年10月14日に天山がユニット名をG・B・Hとする事を発表した。これを毒舌家の永田裕志は「ゴリラ(真壁のあだ名)・バッファロー(天山のあだ名)・ヒップ(越中の得意技)の頭文字だ」と発言した。

10月16日、天山が真壁、越中と敵対関係だった矢野通石井智宏を取りまとめ、ユニットの軸となるメンバーが揃った。

その後、長州力がプロデュースする興業のLOCK UPでのアパッチプロレス軍との抗争等で名を上げた真壁や矢野の活躍もあり、ヒール軍団としての地位も向上した。

中でもユニット加入後の真壁の成長は凄まじく、正規軍であった時代は中堅レスラーとして燻っていたが、ヒールとして覚醒し、2007年7月には永田裕志が持っているIWGPヘビー級王座にも挑戦出来るほど確固たる地位を築いた。

同年8月に蝶野の画策で(レジェンド軍結成)越中のユニット離脱もあったが、天山の念願であった邪道外道のユニット勧誘に成功。

2008年2月17日、両国で天山の復帰戦で石井が敗北、試合後、天山はG・B・Hを追放される。

2008年4月27日の大阪大会で飯塚高史が天山と組んでIWGPタッグ選手権試合に挑戦。試合中に天山にスリーパーホールドを決め、試合直後に椅子で天山を殴打し電撃加入した。

2008年9月5日後楽園ホール大会、邪道・外道と対戦していたタイガーマスクをロウ・キーが襲撃し加担したとして反則負け、メインで真壁、矢野のIWGPタッグに挑戦した中邑、後藤をバーナード、フーラーが裏切り襲撃し他のRISEメンバーにも襲いかかり、結果G・B・Hと結託した。

試合でのセコンドにはほぼ全員が付いており、場外に出た相手を全員で痛めつけるのが恒例となっていた。また、同ユニットのメンバーが対戦で負けそうになるとセコンドにいるメンバー全員が乱入・妨害を行う為、G・B・H非所属のセコンドレスラーが総出で食い止めようとする場面もよく見られ、レフェリーの監視をかいくぐっての凶器攻撃を毎回のように行っていた為、対戦相手のレスラーのほとんどが血まみれの姿になる事が多かった。

2009年4月5日の両国で中邑戦で真壁が矢野の裏切りにより敗北、今後のG・B・Hのメンバー構成は残りのメンバーが真壁、矢野のどちらにつくかで流動的となった。4月23日中邑真輔と矢野が新軍団、CHAOS(ケイオス)の結成を発表したため矢野派だったG・B・Hメンバーは離脱したことになり、G・B・Hのメンバーは真壁と本間だけという形となった。しかし、軍団分裂後のG1クライマックスで真壁が優勝、同年のプロレス大賞敢闘賞に輝いた。

ユニット分裂後は、真壁と本間のタッグチームとしてラフファイト中心の試合展開は継続しつつも、キャラクター的にはベビーフェイス色が濃くなり、正規軍と共闘することが多くなった。

2010年初頭にはノア主催のグローバル・タッグ・リーグ戦へ出場。初戦はかつてのG・B・H殺法でキース・ウォーカー&バイソン・スミス組に勝利するも残り2戦では負け、リーグ戦敗退。しかし、リーグ戦中に真壁が杉浦貴にフォール勝ちしたことから杉浦の持つGHCヘビー級王座に挑戦する事が決定。試合当日に至るまで、真壁は幾度となく杉浦に襲撃を仕掛けるも、GHC戦では杉浦のオリンピック予選スラムに敗れた。その2カ月後の5月3日に真壁は中邑の持つIWGPヘビー級王座を奪取し、3度防衛に成功する。因みに同年4月4日の大会では真壁対本間による初のG・B・H同士のスペシャルシングルマッチが組まれた。

2011年上半期は主にフリーとなって新日に戻って来た小島聡の軍団「小島軍(仮)」との交戦が主だったが、同年5月3日の福岡大会で「小島軍(仮)」のメンバーだったTAKAみちのく鈴木みのるの結託により追放された小島を真壁が救出に入り、晴れて小島と真壁は和解。小島追放後に名前が変わった「鈴木軍(仮)」との対戦を主体にする。

一方本間は、CHAOSの高橋裕二郎内藤哲也とのタッグチームNO LIMITの確執に着目。6月19日にコンプリート・プレイヤーズの新メンバーとなった高橋と内藤のシングルマッチで高橋が勝利。試合後、尚も孤立無援の内藤をいたぶるコンプリート・プレイヤーズの行為に我慢ならず乱入。邪道外道を蹴散らかすも田中将斗にはスライディングDを喰らい返り討ちに。しかし後のG1 TAG LEAGUEでは 内藤とタッグを結成し、同ブロックに出場していた田中、高橋組から勝利を収める。結果は2勝3敗と予選落ちとなったが、新たなタッグチームとして頭角を現し始めた。

2012年3月28日、新日本プロレスは本間朋晃との契約を解除したことを発表[1]。所属メンバーが真壁のみとなった為、チームとしては機能せず終息。しかし、ワールドプロレスリング内で流れる選手紹介の欄には未だにG・B・Hと表記されており、正式な解散とは至らなかった。

2013年3月23日、試合後CHAOSから攻撃を受けていた真壁を本間が救出、4月7日に本間が参戦し一年ぶりにタッグが復活した。以降、本格的に真壁と本間のタッグチームとして活動を行う。

2015年12月9日、真壁、本間組としてWORLD TAG LEAGUE 2015の優勝を果たした。2016年1月4日、レッスルキングダム 10にて、同じく真壁、本間組としてカール・アンダーソンドク・ギャローズ組よりIWGPタッグ王座を奪取した。1度防衛後、同年4月10日の両国国技館大会にてタマ・トンガタンガ・ロア組に敗れ王座陥落する。同年12月9日、真壁、本間組がWORLD TAG LEAGUE 2016にて優勝、連覇を果たした。決勝の相手はタマ・トンガ、タンガ・ロア組で、雪辱を果たした格好となった。

2017年1月4日、レッスルキングダム 11にて、真壁、本間組としてタマ・トンガ、タンガ・ロア組、矢野通、石井智宏組と3ウェイマッチでIWGPタッグ王座に挑戦するも、矢野組の勝利で戴冠を逃した。2月5日のTHE NEW BEGINNING in SAPPORO、2月11日のTHE NEW BEGINNING in OSAKAでも3ウェイ式のIWGPタッグ王座戦を戦ったが、いずれも矢野組の勝利に終わった。3月6日の旗揚げ記念日興行にて、通常のタッグマッチで矢野組とのIWGPタッグ王座戦が組まれる予定だったが、3月3日の沖縄大会にて本間が負傷、中心性頸髄損傷により長期欠場となることから、挑戦を辞退した。

2018年6月23日、本間が地元である山形大会にて、477日ぶりに試合に復帰。真壁らと組みロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンと対戦した10人タッグ戦で、最後は本間が小こけしを披露し、真壁のフォール勝ちをアシストした。

メンバー[編集]

元メンバー[編集]

元サポートメンバー[編集]

戦績[編集]

  • 天山広吉
  • 真壁刀義
    • 第54代IWGPヘビー級王者
    • 第2代WEWヘビー級王者
    • IWGPヘビー級暫定タッグ王者(越中詩郎とのタッグ)
    • 第51代IWGPタッグ王座(矢野通とのタッグ)
    • G1 CLIMAX 2009 優勝
    • WORLD TAG LEAGUE 2015 優勝(本間朋晃とのタッグ)
    • 第69代IWGPタッグ王座(本間朋晃とのタッグ)
    • WORLD TAG LEAGUE 2016 優勝(本間朋晃とのタッグ)
  • 越中詩郎
    • IWGPヘビー級暫定タッグ王者(真壁刀義とのタッグ)
  • 矢野通
    • 第4代WEWヘビー級王者
    • 第51代IWGPタッグ王座(真壁刀義とのタッグ)
  • 石井智宏
    • 第6代WEWヘビー級王者
  • 小島聡
  • 本間朋晃
    • WORLD TAG LEAGUE 2015 優勝(真壁刀義とのタッグ)
    • 第69代IWGPタッグ王座(真壁刀義とのタッグ)
    • WORLD TAG LEAGUE 2016 優勝(真壁刀義とのタッグ)

出演[編集]

TV

関連項目[編集]

脚注[編集]