ルパンの娘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルパンの娘
著者 横関大
発行日 2015年8月26日
発行元 講談社
ジャンル 恋愛小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判 
ページ数 344
次作 ルパンの帰還
公式サイト kodansha.co.jp
コード ISBN 978-4-06-219683-3
ISBN 978-4-06-293746-7文庫本
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

ルパンの娘』(ルパンのむすめ)は、作家・横関大の小説。2015年8月26日単行本[1]2017年8月8日文庫本[2]講談社から刊行された。2019年7月12日には、続編『ルパンの帰還』が単行本を経ずに文庫化されている[3]

泥棒一族“Lの一族”の娘と、警視庁捜査一課に所属し家族全員が警察官という青年が、様々な困難に見舞われながらも、許されない恋愛を敢行する物語である。

2019年7月11日からフジテレビ系「木曜劇場」でテレビドラマ化されている[4]

あらすじ[編集]

三雲華は警察官の恋人・桜庭和馬の家に挨拶に行く事となったが、華が育った三雲家は、代々泥棒を生業としており、一家全員が盗人だった事から別れる事を命じられた。その後のある日、荒川の河川敷で華の祖父・巌の焼死体が見つかり、和馬は犯人を捜すことになる。

登場人物[編集]

三雲華(みくも はな)
本作の主人公。代々泥棒一家“Lの一族”(Lは大泥棒・ルパンの頭文字)の娘。家族の誰よりも盗みの才能を持つものの家業を継ぐことを拒み、普通に生きていくため図書館司書として働いている。
代々警察一家の警察官・桜庭和馬と付き合っている。普段はおっとり優しいが、いざ仮面に身を包むと豹変する。
桜庭和馬(さくらば かずま)
華の恋人。代々警察一家の息子。自身も警察官で、捜査3課に所属しているが、代々泥棒一家の娘・華と付き合っている(華の家業は知らない)。
たびたび華の家族や悪党たちに追い詰められ窮地に陥っている。
三雲尊(みくも たける)
華の父。美術品専門の泥棒で品のあるダンディーな男。三雲家が住んでいる高級タワーマンションの住人からキャビアや高級ワインなども調達している。三雲家の指示系統の主軸的存在で強力なリーダーシップと鋭い洞察力と実行力で一家を引っ張る。
華が家業を継がないことをよく思っておらず、長男も引きこもりという現状に、”Lの一族”が自分たちの代で終わってしまうかもと危惧。悦子とは常にラブラブ状態。
三雲悦子(みくも えつこ)
華の母。55歳という年齢を全く感じさせない妖艶な雰囲気を持つ宝飾品専門の泥棒。美意識が極限まで高く宝飾品や美しいものにに目がない。
強力な実行力がある尊を心から尊敬し頼りにしており彼とはラブラブ状態だが、やるときはやる。

書誌情報[編集]

ルパンの娘
ルパンの帰還

テレビドラマ[編集]

ルパンの娘
ジャンル 連続ドラマ
原作 横関大 『ルパンの娘』
脚本 徳永友一
演出 武内英樹
品田俊介
洞功二
出演者 深田恭子
瀬戸康史
小沢真珠
栗原類
どんぐり
加藤諒
大貫勇輔
信太昌之
マルシア
さとうほなみ
藤岡弘、
麿赤兒
渡部篤郎
音楽 Face 2 fAKE
エンディング サカナクション「モス」
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
製作
プロデュース 稲葉直人
荒井俊雄
製作 フジテレビ第一制作室
放送
映像形式 文字多重放送
番組連動データ放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2019年7月11日 -
放送時間 木曜 22:00 - 22:54
放送枠 木曜劇場
放送分 54分
公式サイト

特記事項:
初回は15分拡大(22:00 - 23:09)。
テンプレートを表示

2019年7月11日からフジテレビ系「木曜劇場」で放送されている[5]。主演は深田恭子[5]

キャスト[編集]

Lの一族[編集]

桜庭家[編集]

  • 桜庭和馬(華の恋人・警視庁捜査三課) - 瀬戸康史[4]
  • 桜庭美佐子(和馬の母・鑑識課非常勤職員) - マルシア[7]
  • 桜庭典和(和馬の父・警視庁警備部SAT隊長) - 信太昌之
  • 新谷香(和馬の妹・杉並警察署交通課) - さとうほなみ[8]
  • 桜庭和一(和馬の祖父・元警視庁捜査三課課長) - 藤岡弘、(特別出演)[7]

その他[編集]

  • 円城寺輝(華の幼馴染の泥棒) - 大貫勇輔
  • 橋元エミリ(和馬のお見合い相手・警視庁刑事総務課・元警視総監の孫娘) - 岸井ゆきの[9]
  • 巻栄一(警視庁捜査三課・和馬の先輩) - 加藤諒
  • 横塚(警視庁捜査三課・和馬の同僚) - 杉崎シュンペーター[10]

ゲスト[編集]

第1話
第2話
第3話
  • 鬼塚翔平(SNS強盗) - 成田瑛基
  • 月城悠人(SNS強盗) - 一條恭輔[12]
  • 早船久志(SNS強盗) - 伊島空
第4話
第5話

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル[17] 演出 視聴率
第1話 7月11日 泥棒一家の娘が警察一家の息子に禁断の恋!? 武内英樹 8.4%[18]
第2話 7月18日 警察が泥棒にご挨拶!?犬猿の対決が幕を上げる! 7.4%[19]
第3話 7月25日 泥棒の嫁VS鑑識の姑バトル!!秘宝を巡る争奪戦!! 品田俊介 8.2%[20]
第4話 8月01日 裏切りのお見合い!?恋敵出現 愛と哀しみの泥棒!! 5.8%[21]
第5話 8月08日 女泥棒ドロンジョ対決! 仮面の素顔と愛の終わり 武内英樹 6.0%[22]
第6話 8月15日 別れる宿命の二人! 華を襲う命の危機に和馬は… 洞功二 5.4%[23]
(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)
フジテレビ 木曜劇場
前番組 番組名 次番組
ストロベリーナイト・サーガ
(2019年4月11日 - 6月20日)
ルパンの娘
(2019年7月11日 - )
モトカレマニア
(2019年10月 -)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『ルパンの娘』(単行本)”. 講談社BOOK倶楽部. 講談社. 2019年5月10日閲覧。
  2. ^ a b 『ルパンの娘』(文庫本)”. 講談社BOOK倶楽部. 講談社. 2019年5月10日閲覧。
  3. ^ a b 『ルパンの帰還』(文庫本)”. 講談社BOOK倶楽部. 講談社. 2019年7月14日閲覧。
  4. ^ a b “深田恭子:主演連ドラで泥棒に 瀬戸康史は恋人&警察官”. まんたんウェブ (MANTAN). (2019年5月10日). https://mantan-web.jp/article/20190509dog00m200077000c.html 2019年5月10日閲覧。 
  5. ^ a b “深田恭子、令和初主演ドラマで泥棒役 “ドロンジョ”以来10年ぶり挑戦で「二面性を演じ分けられたら」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年5月10日). https://www.oricon.co.jp/news/2135189/full/ 2019年5月10日閲覧。 
  6. ^ “渡部篤郎、深キョンと9年ぶり共演で初の親子役 曲者ぞろいの“泥棒一家”が解禁”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年6月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2136643/full/ 2019年6月1日閲覧。 
  7. ^ a b “深田恭子主演『ルパンの娘』、瀬戸康史の家族に藤岡弘、&マルシア”. クランクイン!. (2019年6月14日). https://www.crank-in.net/news/65809/1 2019年6月14日閲覧。 
  8. ^ ゲス乙女。ほな・いこか、17年ぶりにフジテレビドラマ出演決定(コメントあり)” (日本語). 音楽ナタリー. 2019年6月14日閲覧。
  9. ^ “岸井ゆきの、瀬戸康史と再共演 『ルパンの娘』で深キョンの恋敵?”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年7月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2140620/full/ 2019年7月22日閲覧。 
  10. ^ GRahAMBoxTwitter”. Twitter (2019年7月11日). 2019年7月31日閲覧。
  11. ^ マルシアTwitter”. Twitter (2019年6月28日). 2019年7月31日閲覧。
  12. ^ 一條恭輔Twitter”. Twitter (2019年7月25日). 2019年7月31日閲覧。
  13. ^ “山崎静代:「ルパンの娘」で国際ロマンス詐欺の被害者役に 相方・山ちゃんの結婚で役作り?”. まんたんウェブ (MANTAN). (2019年8月1日). https://mantan-web.jp/article/20190731dog00m200084000c.html 2019年8月1日閲覧。 
  14. ^ “田中みな実、“パンチラ”武器のお色気女泥棒に変身「これほど露出することになるとは…」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年7月31日). https://www.oricon.co.jp/news/2141250/full/ 2019年7月31日閲覧。 
  15. ^ a b “真壁刀義&本間朋晃、田中みな実に“絶対服従”の手下役「精いっぱい応えたい!」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年8月6日). https://www.oricon.co.jp/news/2141733/full/ 2019年8月6日閲覧。 
  16. ^ “サカナクションが深田恭子主演ドラマの主題歌担当「小さくガッツポーズしました」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年6月24日). https://natalie.mu/music/news/336834 2019年7月13日閲覧。 
  17. ^ ルパンの娘(FOD)
  18. ^ “深田恭子主演の新ドラマ「ルパンの娘」初回視聴率8.4%でスタート”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年7月12日). https://hochi.news/articles/20190712-OHT1T50079.html 2019年7月12日閲覧。 
  19. ^ “深田恭子主演「ルパンの娘」第2話視聴率は7.4% 初回から1.0ポイントのダウン”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年7月19日). https://hochi.news/articles/20190719-OHT1T50142.html 2019年7月20日閲覧。 
  20. ^ “深田恭子主演「ルパンの娘」第3話視聴率は8.2%…前回から0.8ポイント上昇”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年7月26日). https://hochi.news/articles/20190726-OHT1T50068.html 2019年7月26日閲覧。 
  21. ^ “深田恭子主演「ルパンの娘」第4話視聴率は5.8%…前回から2.4ポイントダウン”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年8月2日). https://hochi.news/articles/20190802-OHT1T50051.html 2019年8月2日閲覧。 
  22. ^ “深田恭子主演「ルパンの娘」第5話視聴率は6.0%…前回から0.2ポイント上昇”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年8月9日). https://hochi.news/articles/20190809-OHT1T50086.html 2019年8月9日閲覧。 
  23. ^ “深田恭子主演「ルパンの娘」第6話視聴率は5.4%…前回から0.6ポイント減”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年8月16日). https://hochi.news/articles/20190816-OHT1T50049.html 2019年8月16日閲覧。 

外部リンク[編集]