村雨辰剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
村雨むらさめ 辰剛たつまさ
生誕 (1988-07-25) 1988年7月25日(34歳)
 スウェーデン
国籍 スウェーデン
日本の旗 日本
職業庭師俳優タレント

村雨 辰剛(むらさめ たつまさ[1]、1988年7月25日[2] - )は、日本の庭師タレントスウェーデンスコーネ県オルケルユンガスウェーデン語版出身[3]、2015年[4](当時26歳)に日本帰化した[2]。帰化前の氏名は、ヤコブ・セバスティアン・ビヨーク: Jakob Sebastian Björk[5]。所属事務所はワイエムエヌ[2]。血液型O型

略歴[編集]

出生から日本移住まで[編集]

1988年7月25日[3]にスウェーデンで誕生した。幼い頃に実の両親が別れることになり、実の母親とスウェーデン空軍パイロットの継父によって、スウェーデン南部のスコーネ地方の郊外で[6]育てられた[7]

継父の影響でスウェーデン陸軍のレンジャー部隊へ入ることを考える一方、中学校の世界史の授業で日本への興味を抱き[6]Yahoo!チャットで日本人を見つけて、チャットで日本語を勉強していた[6][2]。幼い頃から「?」が多いものに魅力を感じる性格だったと回想しており、日本の歴史では戦国時代や武士道に関心を抱いた[1]。日本語の学習には英日辞典を使い[1]、現在、スウェーデン語、英語、日本語の三言語話者である[2]

チャットで知り合った日本人から招かれて[5]、16歳の夏休みの時に初めて日本を訪問し、神奈川県の逗子市横須賀市で3か月間のホームステイを経験した[8][5]。ホームステイ先は何代も続く旧家であり、伝統的な生活を体験した[9]。日本滞在中は鎌倉市などの神社仏閣を訪れたという[9]。レンジャー部隊の入隊試験に合格したものの入隊を辞退し、高等学校卒業後に日本へ移住した[10]

日本移住後[編集]

日本移住後は、愛知県名古屋市[6]、スウェーデン語や英語の語学講師として生計を立てていた[2]

しかし、2011年3月11日に東日本大震災が発生し、スウェーデンの家族から心配され、ちょうど語学講師の契約が切れるタイミングでもあったため、スウェーデンに一旦帰国した[11]

再来日後の2011年8月1日[3](23歳の時)、日本の伝統文化に携わりたいという思いから、求人情報誌で見つけた造園業の世界へ飛び込み[1][2]、以下のような経緯で名古屋市の山本庭苑という造園業者でアルバイトとして勤務した[6][3]

村雨は元々徒弟制度への憧れを抱いていた[4][12]。その理由として「学校へ通って、決められたカリキュラムをこなすだけでは学べないことがある」を挙げている[4]

だが山本庭苑では既に兄弟子が存在し、これ以上の弟子を採る余裕が無かった[13]。数十社から断られた後[11]、愛知県西尾市の加藤造園という造園業者に採用され、2012年6月1日[3]から、庭師の徒弟となり、5年間勤務した[6][3][13]。庭師として、人工的な西洋庭園に対して、日本庭園は自然と対話して人間が自然と触れた時の感覚を再現しようとしており、経年変化を良いものと捉える美意識を感じると語っている[1]

2015年[4](26歳の時)、日本国籍を取得した[2]。日本名の「村雨」は親方の父親の名前であり[5]作家の村雨退二郎に由来し[13]、『南総里見八犬伝』に登場する架空の日本刀の名称が「村雨」であることにも由来する[5]。また、「辰剛」の「辰」は辰年生まれであることに由来し、「剛」は親方の名前に由来する[5]。なお、日本へ帰化する際には、スウェーデン人の親から「戦争になったら、日本のために戦って死ねるのか」と問われたが、村雨は自分の覚悟を伝え、許してもらったという[12]

2016年1月2日[3]から株式会社YMNにタレントとして所属し、庭師の仕事と併行して、多数のテレビ番組やラジオ番組、テレビ広告などに出演している[2]

加藤造園では庭園の手入れや管理の技術を学んだが、一から庭園を造る「設計」の仕事があまり無かったため、5年間の修業を終えた後、親方に相談し、東京都の業者へ転職をした[13]

人物[編集]

趣味は、筋トレ肉体改造盆栽[2]

踏切の近くで鳴いていた子猫を保護して「芽吹き」(「め」ちゃん)と名付け、飼育している[14]

結婚歴があり、東日本大震災の発生後には当時の妻と共にスウェーデンに帰国している。その後、加藤造園で働いている時期に離婚。娘がいる[15]

出演歴[編集]

テレビドラマ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

テレビCM[編集]

  • KAGOME野菜ジュース 英会話教師役[2]

著書[編集]

[24]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 【著者】村雨辰剛と申します。新潮社・1600円村雨辰剛さん「好き」が僕を運んでくれた毎日新聞』朝刊2022年6月11日(今週の本棚)2022年6月15日閲覧
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa 所属芸能事務所(株式会社YMN)公式サイト内のプロフィール(2022年6月15日閲覧)
  3. ^ a b c d e f g 本人のフェイスブックアカウントの「基本データ」
  4. ^ a b c d 「徒弟制度に憧れていた」“筋肉体操”で活躍するイケメン庭師が語る日本での仕事と伝統[リンク切れ]BLOGOS(2019年05月08日)
  5. ^ a b c d e f 「古き良き日本文化に惹かれ、日本に帰化したスウェーデン人庭師」リクルート公式サイト「Meet Recruit」(2016年6月20日)2022年6月15日閲覧
  6. ^ a b c d e f なにもしなくても、日本は「出る杭」だ NHK『筋肉体操』出演・庭師の村雨辰剛さんインタビュー 文春オンライン(2019年4月14日)2022年6月15日閲覧
  7. ^ 『僕は庭師になった』p.26
  8. ^ NHK『みんなで筋肉体操』で話題の庭師・村雨辰剛さんインタビュー「庭師は、世界規模で日本の伝統を伝えていける立派な仕事」タウンワーク「働くコラム」(2018年09月20日)2022年6月15日閲覧
  9. ^ a b 筋肉と日本庭園を愛する村雨辰剛さんが日本人に伝えたいこと読売新聞社「大手小町」(2019年3月14日)2022年6月15日閲覧
  10. ^ a b 『僕は庭師になった』p.19
  11. ^ a b 「みんなで筋肉体操」に出演の北欧出身の庭師、初の自伝的エッセー AERA dot.(2019年3月30日)2022年6月15日閲覧
  12. ^ a b 徒弟制度に憧れ帰化。筋肉と庭園を愛する庭師、村雨辰剛さんパソナキャリア(2018年4月25日)2022年6月15日閲覧
  13. ^ a b c d スウェーデン出身の僕が庭師になったワケ 日本への憧れを昇華できる「これぞ天職!」[リンク切れ]婦人公論(2019年4月3日)
  14. ^ 道ばたで拾った子猫 イケメン庭師はひっそり猫を愛でる」sippo(2019年5月4日)2022年6月15日閲覧
  15. ^ 武士道精神に魅せられ、日本に帰化したスウェーデン出身庭師。日本人として、文化を継承していくことに相応しい人間になれるよう、日々鍛錬を続ける」HIGHFLYERS(2020年3月24日)2022年6月15日閲覧
  16. ^ テレビ東京開局55周年特別企画ドラマスペシャル『二つの祖国』公式サイト「国際派キャスト」
  17. ^ 綾野剛主演『オールドルーキー』第2話に桂宮治、村雨辰剛、竹財輝之助がゲスト出演” (日本語). Real Sound. 2022年6月25日閲覧。
  18. ^ NHK「番組表検索結果詳細」第69回NHK紅白歌合戦 「夢を歌おう」
  19. ^ 「庭師・村雨辰剛、数学番組で自慢の“筋肉”を披露」ORICON NEWS(2020年12月2日)
  20. ^ "NHK『趣味の園芸』番組の"顔"11年ぶりに交代 "園芸王子"三上真史から庭師・村雨辰剛にバトンタッチ". ORICON NEWS. oricon ME. 8 March 2021. 2021年3月8日閲覧
  21. ^ あさチャン! あさトク 密着 日本文化を継承する外国人”. TVでた蔵 (2018年3月5日). 2022年7月6日閲覧。
  22. ^ NEWSな2人 外国人が大激怒!外国人が生きづらい日本、反対!”. TVでた蔵 (2018年1月13日). 2022年7月6日閲覧。
  23. ^ 『みんなで筋肉体操』で話題の金髪イケメン庭師に密着 修業時代を振り返る”. exciteニュース (2018年10月29日). 2022年7月6日閲覧。
  24. ^ 村雨辰剛と申します。新潮社(2022年6月15日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]