明石家さんまの転職DE天職

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
明石家さんまの転職DE天職
ジャンル バラエティ番組 / 特別番組
企画 髙橋利之(総合演出兼務)
演出 髙橋利之(総合演出、企画兼務) /
中山準士
出演者 明石家さんま司会ほか
製作
プロデューサー 岩下英恵 /
向山典子、長瀬徹、小島俊一、井上伸正、柳井千晴、名田雅哉、菅賢治 /
横田崇CP
制作 日本テレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
公式サイト
第1回
放送期間 2013年9月16日
放送時間 月曜日 19:00-21:54
放送分 174分
回数 1
第2回
放送期間 2014年4月21日
放送時間 月曜日 19:00-21:54
放送分 174分
回数 1
第3回
放送期間 2014年9月15日
放送時間 月曜日 21:00-22:54
放送分 114分
回数 1
第4回
放送期間 2015年5月3日
放送時間 日曜日 19:00-21:54
放送分 174分
回数 1
第5回
放送期間 2016年10月10日
放送時間 月曜日 19:56-22:54
放送分 178分
回数 1
第6回
放送期間 2017年4月30日
放送時間 日曜日 19:00-21:54
放送分 174分
回数 1
第7回
放送期間 2018年4月29日
放送時間 日曜日 19:00-21:54
放送分 174分
回数 1
第8回
放送期間 2019年4月28日
放送時間 日曜日 19:00-21:54
放送分 174分
回数 1
テンプレートを表示

明石家さんまの転職DE天職』(あかしやさんまのてんしょくでてんしょく)は、日本テレビ系列2013年から不定期に放送されている特別番組ドキュメンタリーバラエティ番組)。司会を務める明石家さんま冠番組

概要[編集]

テーマ毎に、ある職業から別の職業に転職をしたVTRで紹介。前の職業から比べて今の年収の増減を聞き、VTRに出た人の何人かがスタジオに登場する。番組の最後には、司会の明石家さんまが自身の持ち歌を披露するのがお決まりとなっている。

司会者[編集]

放送内容[編集]

ゲスト[編集]

第1回
第2回
第3回
第4回
第5回
第6回
第7回
第8回

VTR出演[編集]

放送日時[編集]

回数 放送日時 備考
第1回 2013年9月16日月曜日)19:00 - 21:54
第2回 2014年4月21日(月曜日)19:00 - 21:54
第3回 2014年9月15日(月曜日)21:00 - 22:54
第4回 2015年5月3日日曜日)19:00 - 21:54
第5回 2016年10月10日(月曜日)19:56 - 22:54 [2]
第6回 2017年4月30日(日曜日)19:00 - 21:54
第7回 2018年4月29日(日曜日)19:00 - 21:54
第8回 2019年4月28日(日曜日)19:00 - 21:54

主なスタッフ[編集]

第8回
  • 企画・総合演出:髙橋利之
  • コンセプト:桜井慎一(第6回〜はコンセプトのみ、第5回までは構成兼務)
  • TM:小椋敏宏(第5回〜)
  • SW:鎌倉和由
  • CAM:田代義昭(第5,6,8回)
  • MIX:大島康彦(第4,5,8回)
  • VE:竹内萌江(第8回)
  • 照明:千葉雄(第8回)
  • 美術プロデューサー:上條宏美
  • デザイン:波多野真理
  • 大道具:大川啓介
  • 技術協力:日テレ・テクニカル・リソーシズジャパンテレビ
  • 美術協力:日テレアート
  • 編集:澤田直樹(第5,7回〜、スタジオヴェルト
  • MA:谷弘明(第8回)
  • 音効:加藤つよし
  • リサーチ:羽柴千晶、高木洋志(高木→第1〜3,5,8回)、梶谷翔平、齋藤譲(齋藤→第6,8回)、エムカク(第8回)
  • TK:矢島由紀子(第1,3回〜)
  • デスク:宮城知代
  • 演出補:北原加歩、今井希、河﨑千佳子、久保陸、古田ほなみ、陳曉蔚、佐々木伶菜、大塚未結、青木俊人、小椋美沙、永田茉由子(河﨑・久保→第7回〜、北原・今井・古田以降→第8回)
  • AP:飯髙昌宏、杉本朋子、出浦寿恵、林貴恵(飯髙(高)→第8回、第1,6,7回はディレクター、その他→第7回〜)
  • ディレクター:齋藤吉彦、有瀧希、金光豪、三木茜、池田翔、齋藤健太、池田修大、須藤将太、中西裕樹、金山泰之、櫛田健太郎、橋田裕元、川村元昭、長谷川雄平、梅津聡真、細川祐子、渡辺梢子、下村彩人、増田貴也(齋藤吉・中西→第1回〜、細川→第4回〜、増田→第3,5回〜、金光→第1〜4回は演出補、第5回〜、有瀧→第5回〜、川村→第6回〜、池田修→第6,8回、金山・櫛田→第7回〜、三木・池田・齋藤健・須藤・橋田・長谷川・梅津・渡辺・下村→第8回)
  • 演出:中山準士
  • プロデューサー:岩下英恵/向山典子(向山→第6回〜)、長瀬徹、小島俊一(小島→第1〜6,8回)、井上伸正(第8回)、柳井千晴(第8回、第3〜7回はAP)、名田雅哉/菅賢治(菅→第2回〜)
  • チーフプロデューサー:横田崇(第8回、第1回は編成)
  • 制作協力:いまじんZION創輝
  • 製作著作:日テレ

歴代のスタッフ[編集]

  • 作家:渡邉祐樹(第1~3回)
  • 構成:石原健次(第6,7回、第1回は構成・コンセプト、第2,3回は離脱、第4,5回は作家)
  • TM:江村多加司(第1〜4回)
  • CAM:早川智晃(第1,2回)、東武志(第3,4,7回)
  • MIX:池田正義(第1回)、藤岡絵里子(第2,7回)、三石敏生(第3回)、山田値久(第6回)
  • VE:佐久間治雄(第1,6回)、鈴木昭博(第2,7回)、山口考志(第3回)、三山隆浩(第4回)、八木一夫(第5回)
  • 照明:宮田千尋(第1,3回)、粂野高央(第2回)、谷田部恵美(第4回)、小笠原雅登(第5〜7回)
  • 大道具:前田賢治(第1回)
  • 小道具:佐々木洋平(第6回まで)
  • 電飾:池田大介(第1,2,4回)、黒沢裕之(第3,5回)、佐山直也(第6回)
  • 編集:橋本治(第1回)、武井大彰(第3回)、岩谷咲(第2~4回)、生田目隼(第2,4〜6回)、亀井美咲(第6回)(スタジオヴェルト)
  • MA:佐渡吉志広(第1回)、小嶋雄介(第2,3,5回)、山田謙一(第4回)、神山幸久(第6,7回)
  • 映像協力:Phoenix Fly(第6回)
  • CG:キャニットG(第1回)
  • 編成企画:吉無田剛(第1回)
  • 広報:柳沢典子(第1回)
  • 営業:末岡寛雄(第1回)
  • リサーチ:岡田智樹(第4回)、足柄翔太(第5回)、徳嵩優香(第7回)
  • TK:石島加奈子(第2回)、山岸由佳(第2回)
  • 演出補
    • 第1回:山岡恭典、橋本慎也、大須賀美紀、本田千穂
    • 第2回:田辺貴之、橋本慎也、安部紘志、鈴木亮平、杉浦啓太、大須賀美紀、本田千穂
    • 第3回:小野喬、小林裕樹、反町礎良、小高浩志、杉浦啓太、本田千穂、大須賀美紀
    • 第4回:小林裕樹、山下晴代、吉見謙、加藤一真、山田貴央、本田千穂、五十棲崇之
    • 第5回:五十棲崇之、辻潤、瀧本雄将、櫻井野乃太、伊藤実知子、関直輝、兼平孔明、武津岡大介、渡辺隆、倉田隆一、村田遼
    • 第6回:池田翔、樫尾魅、直原史歩、須藤亜麻音、有本聡、片山恵介、轍桃香、葛生朋美、菅原千詠美、河田里実、植木風佳
    • 第7回:五十棲崇之、瀧本雄将、寺田健太、河田里実、蔡英之、兼平孔明、伊藤実知子、宮越友里、岸野基生、植木風佳、佐藤圭、石川卓哉
  • AP:岸加苗(岸→第1~4回)、前多由香、羽根葵(前多・羽根→第1,2回)、済本明里、灘村満理、中川聡子(済本・灘村・中川→第3回)、成子美里、森川高行(成子・森川→第4回)、矢嶋麻実(第4〜6回)、竹内加奈子(第7回)
  • ディレクター:田中友洋、佐々木文恵(田中・佐々木→第1~4回)、深沢博信、小松利光(深沢・小松→第1回)、中野誠(第1,5回)、作井正浩(第1〜6回)、土屋正和、藤澤貴之、田中真之(土屋〜田中→第2回)、陣崎行夫(第2~4回)、高橋公彦(第2,6,7回)、田野裕哉(第3〜5回)、吉野真一郎(第3,5回)、田渕公博(第3〜6回)、神野正義(第4回)、村田欣也(第4,5回)、山形和也(第4,7回)、高橋正人(第5回)、児玉章(第5,6回、第4回は演出補)、福司龍太、綾部健二(福司・綾部→第7回)、杉浦啓太(杉浦→第2,3回は演出補、第7回)
  • 演出:上利竜太(第1回)、内田秀実(第2,3回)
  • プロデューサー:持田順也(第7回)
  • チーフプロデューサー:田中宏史(第1〜4回)、松岡至(第5,6回)、糸井聖一(第7回)

その他[編集]

関連項目[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b “さんま司会「転職DE天職」に岡崎体育、欅坂46長濱&平手がパネラー参加”. ナタリー (ナターシャ). (2016年10月7日). http://natalie.mu/music/news/204731 2016年10月7日閲覧。 
  2. ^ 制作局に限り、22:54 - 23:00に事後枠『まだまだ、さんまの転職DE天職5』も別途放送。

外部リンク[編集]