いこかもどろか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いこかもどろか
監督 生野慈朗
脚本 鎌田敏夫
原作 鎌田敏夫
出演者 明石家さんま
大竹しのぶ
小林稔侍
加藤善博
渡辺えり子
清水紘治
阿藤海
渡嘉敷勝男
信実一徳
ベンガル
主題歌 大塚純子
撮影 仙元誠三
編集 川島章正
製作会社 TBS
東宝
配給 東宝
公開 日本の旗 1988年8月27日
上映時間 105分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 16億円[1]
テンプレートを表示

いこかもどろか』は、1988年8月27日に公開された日本映画カラービスタビジョン、105分。配収16億円。

TBS系で放送されたテレビドラマ男女7人夏物語』(1986年)、『男女7人秋物語』(1987年)で共演した明石家さんま大竹しのぶのW主演で、脚本は『男女7人シリーズ』を手掛けた鎌田敏夫、監督も同シリーズの演出を担当した生野慈朗がそれぞれ務めた。

あらすじ[編集]

田口翔平は、証券会社に勤務するサラリーマンで、無類の女好き。ある日、暴力団から借り入れた現金を使い込み、借金返済のためにひったくりをしようと計画する。ところが、その金をギャンブルで会社の金を使い込んだという向井小夜子に横取りされる。翔平と小夜子は、強盗を計画し、画廊から現金を盗むが、別の男に盗られてしまう。2人は東北新幹線の車内で金を取り返すことに成功し、福島駅で下車。レンタカー東京に戻ろうとするが、警察や暴力団から追われる羽目となった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

受賞歴[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1988年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  2. ^ a b c 桂千穂 『スクリプター 女たちの映画史』 日本テレビ放送網1994年、322頁。ISBN 4-8203-9413-4

参考文献・出典[編集]

外部リンク[編集]