青函トンネル開通記念博覧会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
青函トンネル開通記念博覧会
イベントの種類 地方博覧会
開催時期 1988年7月9日 - 9月18日
会場 日本の旗 日本
青森県青森市 青森県観光物産館アスパム周辺(青森会場)
北海道函館市 弁天町旧函館ドック船体工場(函館会場)・笹流ダム周辺(パンダ会場)
主催 青函トンネル開通記念博覧会実行委員会
来場者数 青森会場 147万人
函館会場 120万人
パンダ会場 26万人

青函トンネル開通記念博覧会(せいかんトンネルかいつうきねんはくらんかい)とは、1988年(昭和63年)7月9日から9月18日にかけて青森県青森市北海道函館市で開催された博覧会。通称「函館EXPO'88」「青森EXPO'88」(はこだて/あおもりエキスポはちじゅうはち)、略称「青函博」。本項では、函館開催分を「函館EXPO'88」、青森開催を「青森EXPO'88」と主に表記する。

概要[編集]

1980年(昭和55年)11月18日に開催された青函圏経済文化振興協議会において、函館商工会議所から「青函トンネルの開通を記念して両市を会場に津軽海峡大博覧会を1985年(昭和60年)に開催してはどうか」という提案がなされた。函館市は1984年(昭和59年)度予算に調査費を計上し、1986年(昭和61年)に同市を中心とした実行委員会を発足させた。「青函トンネルの開業をテコに、青函経済圏の創出を」をスローガンに、当時の主要産業の造船業などの衰退で、地域経済が低迷していた函館市や青森市の地域活性化などをも視野に入れた一大イベントだった。総集客人数は天候不順の日が多かったにも関わらず、青森EXPO'88は目標を超える集客に成功するも一方で函館EXPO'88は目標を下回る集客数に終わった。

博覧会開催を機に函館市は観光を軸としたウォーターフロント開発や、函館山ロープウェイのリニューアルなどを行った。同時に両市を「青函圏」と名付け、青函トンネル開業1周年に当たる1989年(平成元年)3月13日には経済産業、文化面など各分野のより一層の交流を目的とした「ツインシティ」(双子都市)提携を実施。2019年(平成31年/令和元年)現在も交流は続いており、当初55事業から始まり2019年時点では112事業で各分野での草の根交流を展開している[1]。その他、関連事項として津軽海峡連絡道路などが研究されている。

  • 会期:1988年7月9日 - 9月18日
  • テーマ:新たな交流と発展―北の飛躍を目指して
函館EXPO'88
  • 会場
    • 主会場:函館市弁天町地区 旧函館どつく船体工場周辺
    • パンダ展示会場:函館市赤川町 笹流ダム周辺
  • 来場者数
    • 主会場:約120万人(目標150万人)
    • パンダ展示会場:約26万人(目標60万人)
  • マスコット:かんちゃん - カモメをモチーフに、未来へと羽ばたくイメージとした。
青森EXPO'88
  • 会場:青森市安方地区 青森県観光物産館アスパム周辺
  • 来場者数:約147万人(目標140万人)
  • マスコット:シャコちゃん - 亀ヶ岡文化を代表する遮光器土偶をモチーフに、アンテナなどSF的なイメージを加えた形とした。

施設・パビリオン[編集]

函館EXPO'88
  • エキスパレス - 函館どつく旧船体工場を利用した展示場。
    • 青函トンネル館 - 先進導坑をモチーフとした2つのトンネルの入口から入り実物の建設機械や模型、6面スクリーンによる映像上映などで建設の過程を紹介し出口にはトンネルの実物大模型としてED75を塗り替えた電気機関車「ED79 88」と通路に新幹線に対応した三線軌条構造の軌道を展示。
    • 2001年交通システム館 - 縦8.5m・横15.5mの巨大交通パノラマやリニアモーターカー模型を展示した。
    • 道南歴史館 - 道南地域の縄文時代以来からの歴史解説や歴史文化財を展示。
    • みんなのギャラリー - みんなで創る青函博を具現化するべく、道南地域の文化サークルから寄せられた美術品や手芸などを展示。
    • テーマシアター「Touching the future 未来へとどけ」 - 東宝映像美術による70mm大型映像システム「ジャパックス」を用い縦20m・横26mのスクリーンに子供たちの表情や道南の四季折々の情景、人々の喜びや希望を描く。
    • 立体映像館「人間と鉄-この永遠なるもの」 - 日本鉄鋼連盟協賛による、つくば科学万博でも上映された過去から未来のスペースコロニーへ至る鉄と人間の関わりを描く立体映画。
    • ルート27 - 道南27市町村の大型地図やポスター展示、パンフレット配布を実施。
    • 北海道新聞社「北からの贈りもの館」 - 道内162市町村の特産品を3ジャンルに分け紹介、また一村一品運動の広がりを表す樹木型のオブジェ・木製汽車・人形クラフトの展示、特産品販売や休憩所も併設。
    • 北海道郵政局「ふれあい郵トピア 明日の郵便局」 - ポストカード作成コーナー、オリジナル貯金箱作成コーナー、郵政事業紹介、5体のバンドロボットを展示。
    • はこだて海洋産業館 - 函館特産のイカを中心に実物のイカ漁船などを展示しグローバルな視点で函館の水産業や海洋産業を紹介。
    • 三菱パビリオン - パリ・ダカールラリー準優勝のパジェロ実車を中心にアドバンストカーやカーナビゲーション、H-IIロケット模型などを紹介。
    • 木の城"超高級"生活文化情報館
    • クボタHu-Tech館
    • 日立インターフェイスシアター動物たちの音楽会
    • TOSHIBA
    • National/Panasonic青函トンネルQ&Aスクエア
    • NTTひっぱりランド
    • NECパルコムランド
    • 富士通富士電機「F-F遊ランド」
    • HOXANサンシャインパレス
    • ゾーン539・JR
    • 日産グループ
    • JALグループパビリオン
    • 日本自転車普及協会「CYCLE PLAZA」
    • 青函アクセス夢21
    • 三菱自動車
    • 北海道ガス「瓦斯灯広場GAS LIGHT SQUARE」
    • タクマ生活環境エネルギー館
    • 日本たばこスポーツプラザ
    • JRA函館競馬場「グリーンプラザ」
    • ニッカウヰスキー
    • 世界・食の祭典「ワールド・キャンディ・マジック」 - 世界7ヶ国の名所にまつわるアスレチックゲームを展開、成績優秀者には外国製の菓子がプレゼントされる。
    • ホクレンおいしさ館
    • サウンドコミュニケーションヤマハ
    • 健康器具&ペリカンコーナー
    • ハリファックス市館
    • 青森EXPO'88コーナー
    • 東急エージェンシー「スペース・ギャラクシー」
    • ワールドバザール
  • アミューズメント・ランド
    • アトラクション:大観覧車、キャメルコースター、ゴーカート、フライングカーペット、スーパースイング、ドラゴンコースター、サイクルモノレール、サイクルコースター、サファリペット、ピーターパン、豆汽車、アストロライナー、銀河鉄道、バッテリーカー、ファンハウス、スリラー館、ダウンタウン、ミラーハウス、体験迷路、プレイハウス、カーニバルコーナー、ふわふわトランポリン
  • シーサイドスクエア
    • レストコーナー
    • シーサイドステージ
  • パンダ展示会場
青森EXPO'88
21世紀青森館に用いられたアスパム・みなと21館に用いられた青い海公園展望台
  • テーマ館 - 長さ195m・最大幅70m・最大高19.5mのエアドーム、「夢来(むっく)ちゃん」の愛称がつけられていた。
    • テーマ展示「あおもり夢の広場」 - クイズ企画を実施、正解するとマスコット「シャコちゃん」のバルーンが浮かび上がる。
    • 松下館「おもしろ映像ランド」
    • 住友化学プラザ
    • TOSHIBA館
    • 郵便局のふれ愛コーナー
    • クボタHu-Tech館
    • サントリーウイスキープラザ
    • ニッポンハムレーザー劇場
    • マイカルグループ・ダックシティ
    • テクノケーション・はちのへ
    • 青森の水産・海洋
    • ふるさとプラザ知恵と技
    • タイシおいしくって体験ゾーン
    • M.M.C.横濱珈琲物語館
    • 地酒の館
    • アルビ健康体験コーナー
    • 未来の電子生活館
    • 三菱未来海峡プラザ
    • 農と緑の館
    • ニッカシードルプラザ
    • かねさ・食・21
    • 光のコンポジション
    • コカ・コーラさわやかコーナー
    • グルメの味フレッシュワダカン
    • イベント広場
  • 21世紀青森館 - 青森県観光物産館アスパムを使用。
    • NTTチャレンジアリーナ
    • エネルギー館
    • パノラマ館
    • 懐かしの名画劇場
  • 3Dアドベンチャーシアター
  • 交通未来館
  • 情報2001館
    • 日立インターフェイス・スクウェア
    • NECパルコムランド
    • 富士通パソコンランド
    • 日本計量協会・青森県計量協会「計量プラザ計る、量る、測る。」
  • 雪とエネルギー館
    • 省エネコーナー
  • みなと21館
  • 日中友好館
  • みちのく手づくり村
  • セキスイハイム
  • EXPO親子ふれ愛ランド
    • アトラクション;観覧車、バルーンサイクル、テレコンバット、スカイシップ、メリーゴーランド、フライングカーペット、フアフア、ミニSL、スリラーマンション、からくり忍者屋敷等17施設
  • みちのくマリーンステージ

屋外展示[編集]

箱館丸(復元)
函館EXPO'88
  • 青函連絡船摩周丸」 - 船内にアマチュア無線局などを展開。
  • 洋式帆船「箱館丸」(復元) - 純国産第1号の洋式帆船として説明されたが、実際には「鳳凰丸」や「昇平丸」が先行している。
  • レゴ・ガリバーランド
青森EXPO'88
  • 青函連絡船「八甲田丸
  • 遮光器土偶オブジェ
  • 現代野外彫刻展

その他[編集]

参考文献[編集]

  • 青函博函館EXPO'88公式記録(青函トンネル開通記念博覧会実行委員会)
  • 青森EXPO′88公式記録(青函トンネル開通記念博覧会実行委員会)

脚注[編集]

  1. ^ 一層の交流発展誓う 青函ツインシティ30周年式典 - 函館新聞2019年11月6日
  2. ^ “青い海公園展望台、老朽化で本年度内に解体”. 東奥日報. (2017年12月21日). https://this.kiji.is/316418226215978081?c=77955783816085513 2018年1月20日閲覧。 

関連事項[編集]

外部リンク[編集]