賭博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ギャンブルから転送)
移動先: 案内検索
パリの路上賭博
ラスベガスのカジノでのルーレット
競馬で金を賭ける人々(Harper's Weekly 1870年10月号掲載)

賭博(とばく、: gambling ギャンブリン、: Glücksspiel: jeu d'argent)とは、金銭や品物を賭けて勝負を争う遊戯のこと[1]

賭(け)事博打(ばくち)、博奕(ばくえき)、勝負事とも。日本語では和製英語ギャンブルとも言う。

概説[編集]

賭博とは、金銭品物などを賭けて勝負を争う遊戯のことである[1]。 金銭や品物などの財物を賭けて、(偶然性の要素が含まれる)勝負を行い、その勝負の結果によって、負けた方は賭けた財物を失い、勝った方は(なんらかの取り決めに基づいて)財物を得る、と言う仕組みの遊戯(ゲーム)の総称である。

日常的に賭博を行う者や、賭博を特に好む者は「賭博師」や「ギャンブラー」、「博打打ち」などと呼ばれている。

賭け事の遊戯(ゲーム)を主催している者を胴元と言う。 胴元(主催者)側が、自分に有利になるように、様々な詐術を用いて表向きのゲームとは違うことが起きるように細工をして行う賭博を、いかさま賭博と言う。よくある手法は、参加者に分からないようなかたちで、なんらかのトリック(技術や道具)を用い、相手を錯誤させ、表向きの確率期待値(見掛けの確率や期待値)とは違うように、実際の確率及び期待値を改竄して行うことである。いかさま賭博を行う者を「いかさま師」や「ゴト師」などと言う。

賭博とイスラム教[編集]

千夜一夜物語には、王達による金銭や奴隷をかけたシャトランジの勝負が描かれているが、現代のイスラム教圏における賭博はあくまでお金を賭けずに行われる。これは、本来イスラム教圏において、金を賭けた賭博(ギャンブル)を行うことが、イスラム教の戒律イスラーム法に違反するためである。

一部の国や地域では競馬などが行われているが、ほぼ純粋な競技であり、競馬で勝ち馬の予想を当てた場合は、払戻金ではなく、賞品や商品の引換券[2]がもらえる。これは「賭博ではない」と言い逃れができるようにするための主催者の知恵である。

なお、世俗化が進んだ地域ではギャンブルも行われている。

大分類[編集]

賭博とは、賭事(とじ)と博戯(ばくぎ)の二つを合わせた言葉である[要出典]

賭事と博戯の違いは、賭ける側の人間が、賭ける対象となる勝負事の結果に当事者として関与できるか否かである。

  • 賭事(とじ) - 勝負事の結果に関与できないもの
  • 博戯 - 勝負事の結果に関与できるもの

公営競技、「野球賭博」「富くじ(宝くじ)」「ルーレット」、「バカラ」などは賭事であり、「賭け麻雀」「賭けゴルフ」「賭けポーカー」などは博戯である。 「クラップス」のように、一つのゲームで賭事と博戯が混在する場合もある。

かつて博(ばく)というボードゲームがあり、それをプレイする(打つ)ことから「博打」と言う言葉が生まれた[要出典]。よって「博打を打つ」「博打打ち」という言葉は本来二重表現であるが、「博打」が「賭博」の同義語として扱われるようになると、二重表現とはみなされなくなった。

さまざまな金融商品相場にも、その賭博性が提起されることがある。金融商品の中でも、保険はギャンブル的性質を持っている。保険の歴史は賭博から生まれた物であり、事故に遭遇するというギャンブルに金銭を賭けるもの、とされているからである。

先物取引株式の購入など、通常であれば商品取引(相場)あるいは株式などのように、投資の範疇に含まれる行為のうち、手持ちの現金以上の金額を投じることのできる信用取引や、投機と呼ばれるハイリスク・ハイリターンな取引[3]を、広い意味でのギャンブルに含むこともある。

世界的には歴史上、手品のはじまりといわれるCap and Ball(カップアンドボール)が賭け事の対象としてヨーロッパ中東地中海地方、遠くは中国まで広がったが、行う者が手品師と同義であることから、いわゆる「いかさま賭博」とも言える。

問題点[編集]

賭博・ギャンブルは、人の射倖心をくすぐり、時に中毒的な依存状態を招き、破産や人格崩壊に至り、果てには自殺殺人に及ぶ場合もある。

マカオのカジノ・リスボアの夜景

また、違法賭博が暴力団の資金源になるなど、社会問題も多く内包する。


ギャンブル依存症

ギャンブルなしでは生きていけなくなった人における依存症精神疾患)であり、WHO(世界保健機関)では「ギャンブル障害(ギャンブリング障害)」「病的賭博」と言う名称を使用している。この疾患にかかった人をギャンブル依存症者と呼ぶ。

自己の生活基盤・価値観、仕事や学業、家族や友人などの人間関係を犠牲にしてでもギャンブルを続けてしまう、と言う進行性を伴う。

この疾患を克服するためには、心理療法、適切な専門職の介入、自助グループへの参加などの方法がある。また当事者に対し、「一生ギャンブルに手を出さない」「新しい生き方を学ぶ必要がある」と言うことを認識させることが必要とされている。それは、再びギャンブルに手を出せば元の依存状態になってしまうからである。

世界の賭博[編集]

各地に多種多様な賭博が存在する。

特に有名なものはカジノである。

またイギリスオーストラリアドイツ等にはブックメーカー(bookmaker)なども存在し、殆どあらゆる事をギャンブルの対象にしている。

日本にも存在するパリミュチュエル方式(parimutuel)でも、日本より種類が豊富である。競馬はその日の全レースや、5着までの順位を全て当てる非常に難易度の高い物も存在し、サッカーもフットボールプールやトトカルチョとして親しまれている。

中国においては3000年の歴史を持ち、映画『ラストエンペラー』のオープニングでも描かれていたが、「蟋蟀コオロギ)」を使った、「闘蟋」が賭博の対象として盛んであり、特に経済開放後、莫大な金額がやりとりされ骨董価値のある虫かごが数千万円相当で取引されたり、コオロギも数百万円で取引されることも珍しくなく、当局による摘発が相次いでいる。

カジノゲーム[編集]

その他の賭博[編集]

ギャンブル漫画[編集]

ギャンブルをテーマにした漫画福本伸行がギャンブル漫画の第一人者とされる。バトルアクションの要素が取り込まれることがある。

ギャンブル映画[編集]

ギャンブルをテーマにした映画アクション映画の一種として扱われることがある。

ギャンブルに関するその他の情報[編集]

作家・ライター[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

漫画[編集]

アニメ[編集]

ライトノベル[編集]

ブロードウェイミュージカル[編集]

ギャンブラー[編集]

ギャンブル依存症者[編集]

職業[編集]

地名[編集]

身内での賭博[編集]

身内では、金ではなく物を賭けることが多い。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 広辞苑第六版「賭博」
  2. ^ この場合の引換券は「ゲームカード」と言われ、当てれば粗品がもらえるカードの意。
  3. ^ 投資商品の中でも、当たれば巨額の利益が得られるが、相場の値下がりなどによる投資額の損失リスクが高いもの。

関連項目[編集]