福本伸行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
福本 伸行
(ふくもと のぶゆき)
Nobuyuki Fukumoto.jpg
生誕 1958年12月10日(57歳)
日本の旗 日本神奈川県横須賀市
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1980年 -
ジャンル 青年漫画少年漫画
代表作 アカギ
銀と金
賭博黙示録カイジ
天 天和通りの快男児
最強伝説黒沢
受賞 1998年:第22回講談社漫画賞
(『賭博黙示録カイジ』)
テンプレートを表示

福本 伸行(ふくもと のぶゆき、1958年12月10日 - )は、日本漫画家漫画原作者神奈川県横須賀市出身。右利き。既婚。

かざま鋭二のアシスタントを経て、1980年月刊少年チャンピオン』(秋田書店)連載の『よろしく純情大将』でデビュー。主な作品に『賭博黙示録カイジ』、『アカギ 〜闇に降り立った天才〜』、『銀と金』、『天 天和通りの快男児』などがある。1998年に『賭博黙示録カイジ』で第22回講談社漫画賞受賞。

経歴[編集]

幼少時は『パーマン』などの漫画を読んで育ち、中学生の時に、周りの女子に便乗して『ベルサイユのばら』を買ったことがある。高校では建築科に進み、本人曰く「勉強は出来ないが不良でもないボーッとした学生だった」という。また、強さに憧れ空手キックボクシングを経験した。高校卒業後、建設会社に就職して現場監督の仕事に就くも、仕事がつまらないと感じ、何か一発当てようと漫画家を志す[1]

会社勤めに並行して描いた剣道漫画を講談社に持ち込んだところ、「まずアシスタントをして経験を積んではどうか」と勧められる。そこでアシスタントを募集していたかざま鋭二に頼み込んでアシスタントの内定を取り付け、「長く勤めて資格などを取ると辞められなくなる」と考えて入社後わずか3か月で会社を辞める[2]。アシスタント入りしたものの、器用な絵が描けなかった福本はもっぱら炊事などの雑用を任される。1年半ほどした後に、福本を案じたかざまから「福ちゃんは性格ががさつだから、トラック運転手なんかが向いてるんじゃないかなあ」と諭され、アシスタントを辞めることになる[1]。これらの経緯についてかざまは(自ら認めるほど絵にほめるところはなかったが)「18歳と若いので可能性にかけた」[1]「福本はあまりにも使えないからクビにしたけど、(俺より)あいつの方が売れちゃった」と語っている。

1980年月刊少年チャンピオン』掲載の『よろしく純情大将』でデビュー。その後、なかなかヒットが出ず、ちゃんぽん店などでアルバイトをし生計を立てつつ、ちばてつや賞などへの応募を続けながら、長く下積みの生活を送る。1983年、『ワニの初恋』で、ちばてつや賞優秀新人賞を受賞[1]。また、バイトも順調でそれなりに稼げていたが、「漫画一本で行くべき」と24歳の時に辞め、退路を断った。この頃使用していたペンネームには、「ふくもと飛火」(とび)というものもある[3]

投稿時代からデビュー当初は主に人情ものを描いていたが、1980年代は日本経済の景気も良く、ギャンブルをテーマにした漫画が隆盛を極めていたため、仕事が取りやすいという理由でギャンブル漫画を描き始める。1980年代末より『近代麻雀ゴールド』に『天 天和通りの快男児』を連載。この作品は増刷されて福本の初めての人気作品となり、漫画家として名が知られるようになる。

この頃から作品に「ギャンブルもの」が多くなり、『近代麻雀』連載の『アカギ 〜闇に降り立った天才〜』や、更にアウトローの世界の駆け引きを描いた『アクションピザッツ』連載の『銀と金』で、一躍人気作家となる。

1996年から『週刊ヤングマガジン』に『賭博黙示録カイジ』の連載を開始する。『カイジ』シリーズは2015年現在で通算57巻、2000万部以上を売るヒット作となり、福本の人気を不動のものとした。2005年には『アカギ』が、2007年2011年には『カイジ』がそれぞれTVアニメ化されている。2007年10月からは『週刊少年マガジン』に『賭博覇王伝 零』を連載開始。

2011年3月11日に発生した東日本大震災の被災地への義援金として現金3000万円を寄付し、応援イラストを寄せた[4]。被災地にも自ら訪れ、被災者にサインやイラストを描いている。

2016年1月現在、『近代麻雀』誌上で『アカギ 〜闇に降り立った天才〜』、『週刊ヤングマガジン』誌上で『賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編』、『ビッグコミックオリジナル』誌上で『新黒沢 最強伝説』の3作品を同時に連載中。

作風[編集]

ギャンブル漫画の第一人者とされ、緻密な心理描写・強烈な人物描写を特徴とする、極限の勝負に賭ける男たちを描いた作品が多い。麻雀に関する作品で知られるが、作中では既存の博打にこだわらず、数多くの独自のギャンブルを生み出している。 非常にディフォルメが効いた尖った絵柄と迫力が特長。

好きなギャンブルは麻雀大小など。競馬は嫌い。麻雀は中学時代から続けており、本人によれば、学生時代はほとんど負けたことがないが、現在の実力は並だという。本人曰く「大会運がある」らしく、麻雀漫画家の麻雀大会で優勝したことも。プロの麻雀対局に出場した事もある。芸能界屈指の雀士と知られるアカギ・カイジの声優萩原聖人と二度ほど対局して、萩原に「この人に勝てる気がしない」と言わしめた。

また、女性キャラクターの登場が極端に少ない。その理由は「描いていなかったら描けなくなってしまった」とのこと[5]で、初期作品にはごく普通に登場している。「ギャンブルの世界に女性はいらない」とも語っていたが、『オトナファミ』2009年10月号では「タカピーな女の娘が体を賭けてギャンブルをして悪いオヤジから金を搾りやっつけるような漫画を描いてみたい」と語っている。

作画の際には「原稿用紙を回しながら執筆する」という特徴的な執筆方法を取る。2009年7月に東京・新宿のロフトプラスワンで開かれた「ビッグコミックスペリオールPresents 第6回『西原理恵子の人生画力対決』」に出演した際には、多数の観客が見守る中でその独特の方法でカイジのイラストを描き、西原や江口寿史など他の出演者を仰天させた[6]

作品リスト[編集]

作品集[編集]

  • あの人のトランペット 福本伸行自撰短編集 1(竹書房、1998年11月)ISBN 978-4812452622
  • 星降る夜に 福本伸行自撰短編集 2(竹書房、1999年1月)ISBN 978-4812452714
  • 前へ…!! 福本伸行自撰短編集 3(竹書房、1999年1月)ISBN 978-4812452721
  • 福本伸行作品集(竹書房、2008年)
    • コンビニ版とも言われる。同じような内容で2004年にも出版しているが、2008年版の方が作品を多く収録している。
    • 鉄と天馬(2008年6月 ISBN 978-4812466797
      • 「無頼な風 鉄」「熱いぜ天馬」収録。
    • 熱いぜ辺ちゃん(2008年7月 ISBN 978-4812466841
      • 単行本2巻まとめて収録。
    • 最強伝説 真実の男(2008年9月 ISBN 978-4812469040
      • 「ワニの初恋」も併録。
    • 銀ヤンマ(2008年10月 ISBN 978-4812469101
      • 「銀ヤンマ」「ガン辰」「遠藤」「赤鼻」「オヤジのオヤジ」「かすみとゲンコツ」「まさみ」「先生お元気ですか?」「千葉ケンの空」「エンマ先生」「あの人のトランペット」「ガメラ」収録。

漫画原作[編集]

漫画監修[編集]

その他[編集]

  • 短編マンガ「合法といって売られている薬物の、本当の怖さを知っていますか?」(2014年、政府広報オンライン)[9]
  • 山田くんと7人の魔女 第4話エンドカード
  • 大戦乱!!三国志バトル 鐘会カードイラスト [10]

関連人物[編集]

師匠[編集]

弟子[編集]

知人[編集]

  • 西原理恵子
    • ビッグコミックスペリオールPresents 第6回『西原理恵子の人生画力対決』」に出演した際には、その場で二十年来の知己であることを明かし、「当時から福本さんは男前でマジメ、ものごしのやわらかいステキな人で」、でも絶対に売れそうにないので女性マンガ家たちに無視されていたと記している。「まさか後から売れるとは、いいえ、今でもどうして売れているのかさっぱりわからない」「次々と出てくる、数式的に間違った頭脳戦(バツで消してある)」と、例によっての毒舌が続くが、少なくとも人柄が好かれていることだけは伺わせる。

テレビ出演[編集]

特集など[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『ワニの初恋』講談社版コミック巻末漫画より
  2. ^ 『ヤングマガジン増刊赤BUTA』12号より
  3. ^ ユリイカ2009年10月号 特集=福本伸行 『アカギ』『カイジ』『最強伝説 黒沢』福本伸行全著作解題
  4. ^ 福本伸行、被災者に3000万円を寄付「絶対に負けないっ!!」 - コミックナタリー・2011年4月1日
  5. ^ 週刊少年「」より
  6. ^ カイジ作画に驚愕の事実!西原画力対決に新宿が揺れた夜 - コミックナタリー・2009年7月10日
  7. ^ 近代麻雀」は月2回発行
  8. ^ 2009年5月から2010年3月までの間、近代麻雀オリジナルのリニューアルにより近代麻雀に移籍していた。
  9. ^ 短編マンガ「合法といって売られている薬物の、本当の怖さを知っていますか?」(2014年3月17日)、政府広報オンライン(内閣府大臣官房政府広報室)、2014年3月18日閲覧。
  10. ^ 『大戦乱!!三国志バトル』に福本伸行氏描き下ろしカードが登場!!|株式会社gloopsのプレスリリース” (2014年8月1日). 2015年6月13日閲覧。
  11. ^ 「カイジ」の連載が始まった頃の福本伸行インタビュー記事('97)
  12. ^ 週刊少年『福本伸行』テキスト起こし
  13. ^ .Walkerplus.com book interview
  14. ^ 「オトナファミ」福本伸行インタビュー:『銀と金』について