講談社漫画賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

講談社漫画賞こうだんしゃまんがしょう)は、講談社の主催する漫画作品を対象とした賞である。

概要[編集]

1960年(昭和35年)に講談社創業50周年記念事業で設置された「講談社三賞」の一部門「講談社児童まんが賞」(第1回から第9回まで実施)が前身。1970年(昭和45年)創業60周年記念事業で新たに発足した「講談社出版文化賞 児童まんが部門」(第1回から第7回まで実施)を経て、1977年(昭和52年)に独立した賞「講談社漫画賞」となり、第1回が選ばれてから部門を拡充しながら現在に至る。

少年部門と一般部門は講談社の雑誌掲載作品が選ばれることが多いが、他社発行誌の作品も僅かながら受賞している。

受賞記念に贈呈されるブロンズ像はヒロ・ヤマガタの作品である[要出典]

受賞作[編集]

1970年代(1977年 - 1979年)[編集]

第1回(1977年〈昭和52年〉度)
第2回(1978年〈昭和53年〉度)
第3回(1979年〈昭和54年〉度)

1980年代[編集]

第4回(1980年〈昭和55年〉度)
第5回(1981年〈昭和56年〉度)
第6回(1982年〈昭和57年〉度)
第7回(1983年〈昭和58年〉度)
第8回(1984年〈昭和59年〉度)
第9回(1985年〈昭和60年〉度)
第10回(1986年〈昭和61年〉度)
第11回(1987年〈昭和62年〉度)
第12回(1988年〈昭和63年〉度)
第13回(1989年〈平成元年〉度)

1990年代[編集]

第14回(1990年〈平成2年〉度)
第15回(1991年〈平成3年〉度)
第16回(1992年〈平成4年〉度)
第17回(1993年〈平成5年〉度)
第18回(1994年〈平成6年〉度)
第19回(1995年〈平成7年〉度)
第20回(1996年〈平成8年〉度)
第21回(1997年〈平成9年〉度)
第22回(1998年〈平成10年〉度)
第23回(1999年〈平成11年〉度)

2000年代[編集]

第24回(2000年〈平成12年〉度)
第25回(2001年〈平成13年〉度)
第26回(2002年〈平成14年〉度)[1]
第27回(2003年〈平成15年〉度)[1]
選考委員:内舘牧子きうちかずひろさだやす圭庄司陽子鈴木由美子(欠)・七三太朗弘兼憲史[要出典](賞状・ブロンズ像・副賞100万円)[要出典]
第28回(2004年〈平成16年〉度)[1]
選考委員:内舘牧子・きうちかずひろ・さだやす圭・庄司陽子・七三太朗・弘兼憲史・深見じゅん[要出典](賞状・ブロンズ像・副賞100万円)[要出典]
第29回(2005年〈平成17年〉度)[1]
選考委員:内舘牧子・軽部潤子・きうちかずひろ・さだやす圭・七三太朗・弘兼憲史・深見じゅん[要出典](賞状・ブロンズ像・副賞100万円)[要出典]
第30回(2006年〈平成18年〉度)[1]
選考委員:軽部潤子・しげの秀一寺沢大介・深見じゅん・福本伸行藤本由香里森川ジョージ[要出典](賞状・ブロンズ像・副賞100万円)[要出典]
第31回(2007年〈平成19年〉度)[1]
選考委員:軽部潤子・しげの秀一・寺沢大介・深見じゅん・福本伸行・藤本由香里・森川ジョージ[要出典](賞状・ブロンズ像・副賞100万円)[要出典]
第32回(2008年〈平成20年〉度)[1]
選考委員:軽部潤子・しげの秀一・寺沢大介・深見じゅん・福本伸行・藤本由香里・森川ジョージ[要出典](賞状・ブロンズ像・副賞100万円)[要出典]
第33回(2009年〈平成21年〉度)[1]
選考委員:上田美和・軽部潤子・しげの秀一・寺沢大介・福本伸行・藤本由香里・森川ジョージ[要出典](賞状・ブロンズ像・副賞100万円)[要出典]

2010年代[編集]

第34回(2010年〈平成22年〉度)[1]
選考委員:上田美和・しげの秀一・寺沢大介・福本伸行・藤本由香里・松苗あけみ・森川ジョージ[要出典](賞状・ブロンズ像・副賞100万円)[要出典]
第35回(2011年〈平成23年〉度)[1]
選考委員:安童夕馬上田美和藤沢とおる藤島康介前川たけし・松苗あけみ・三田紀房[要出典](賞状・ブロンズ像・副賞100万円)[要出典]
第36回(2012年〈平成24年〉度)[1]
選考委員:安童夕馬・上田美和・藤沢とおる・藤島康介・前川たけし・松苗あけみ・三田紀房[要出典](賞状・ブロンズ像・副賞100万円)[要出典]
第37回(2013年〈平成25年〉度)[1]
選考委員[2]:安童夕馬・上田美和・藤沢とおる・藤島康介・前川たけし・松苗あけみ・三田紀房[2](賞状・ブロンズ像・副賞100万円)
第38回(2014年〈平成26年〉度)[3][4]
選考委員[3]:安童夕馬・小林深雪・藤沢とおる・藤島康介・前川たけし・松苗あけみ・三田紀房[3](賞状・ブロンズ像・副賞100万円)
第39回(2015年〈平成27年〉度)[5]
選考委員:安童夕馬・小林深雪・藤沢とおる・藤島康介・前川たけし・三田紀房・山下和美[6](賞状・ブロンズ像・副賞100万円)
* 児童部門は、第39回をもって少年部門および少女部門と統合された[6]
第40回(2016年〈平成28年〉度)[7]
選考委員 : 赤松健、うえやまとち、大暮維人、加瀬あつし、小林深雪、森高夕次、山下和美[7]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 過去の受賞者一覧 講談社漫画賞 - 講談社 (2014年3月14日閲覧)
  2. ^ a b 講談社漫画賞 顕彰(受賞一覧) - 講談社 (2014年3月14日閲覧)
  3. ^ a b c 講談社からのお知らせ - 5月8日、第38回講談社漫画賞が決定しました。詳しくはこちらをご覧ください。[1](2014年6月8日閲覧)
  4. ^ コミックナタリー - 第38回講談社漫画賞ノミネート作発表、受賞発表は5月9日(2014年6月8日閲覧)
  5. ^ 『講談社漫画賞』決定 少年部門は『七つの大罪』&『弱ペダ』”. ORICON (2015年5月13日). 2015年5月13日閲覧。
  6. ^ a b 2015 年度(第 39 回)「講談社漫画賞」決定のお知らせ”. 講談社 (2015年5月13日). 2015年5月13日閲覧。
  7. ^ a b “講談社漫画賞が決定!DAYS、私がモテてどうすんだ、コウノドリが受賞”. コミックナタリー. (2016年5月16日). http://natalie.mu/comic/news/187384 2016年5月17日閲覧。 

外部リンク[編集]