かざま鋭二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かざま 鋭二
生誕 (1947-06-10) 1947年6月10日(74歳)
日本の旗 日本東京都日野市
職業 漫画家
ジャンル 青年漫画
代表作風の大地
テンプレートを表示

かざま 鋭二(かざま えいじ、1947年6月10日 - )は、日本漫画家東京都日野市出身。

来歴[編集]

佐藤まさあきのアシスタントを務め、1966年に『その名はゼロ』(佐藤プロ)で貸本漫画家デビュー。川崎のぼるのアシスタントを経て、1969年に『少年キング』掲載の「栄光への5000キロ」で一般漫画誌デビューする。 ゴルフを題材にした漫画を主に執筆し、1993年には代表作となる『風の大地』で、第39回小学館漫画賞青年一般部門を受賞。

作品[編集]

  • 太陽の恋人(1971年、原作:梶原一騎、『週刊少年チャンピオン』、秋田書店、全4巻)※朝日の恋人→太陽の恋人→夕日の恋人と改題
  • スパイ反逆児ライセンス ライセンス0(1972年、立風書房、全1巻)
  • おれの甲子園(1973年、原作:神保史郎少年画報社、ヒットコミックス、既刊3巻)※後に永岡書店より完結版が出版、全11巻
  • 純愛物語(1975年、原作:神保史郎、日本文芸社、ゴラクコミックス、全1巻)
  • 野球魂(1975年、原作:佐々木守双葉社、全2巻)
  • 海商王(1975年、原作:雁屋哲、講談社、全4巻)
  • 朝焼けの祈り(1977年、原作:梶原一騎、学習研究社、全2巻)
  • 青春山脈(1977年、原作:梶原一騎、講談社、全12巻)
  • デッドヒート(1978年、作:牧野和夫、立風書房、全2巻)
  • 我ら九人の甲子園(1980年、原作:高橋三千綱双葉社、全13巻)
  • さらばサザンクロス(1980年、原作:梶原一騎、『週刊読売』)※単行本未収緑
  • あいつとおれ(1982年、月刊ベストバイク、講談社、全1巻)
  • セニョール・パ(1982年、原作:高橋三千綱、双葉社、全6巻)
  • 九番目の男(1984年、原作:高橋三千綱、双葉社、全8巻)
  • Dr.タイフーン(1986年、原作:高橋三千綱、双葉社、全25巻)
    • Dr.タイフーンJR(1991年、原作:高橋三千綱、双葉社、全11巻)
    • 元祖Dr.タイフーン(1997年、原作:高橋三千綱、双葉社、全16巻)
  • 風の大地(1991年、原作:坂田信弘、『ビッグコミックオリジナル』連載中、小学館、既刊81巻)
  • Bird(1994年、双葉社、全8巻)
  • 大樹の道(1996年、小学館、全5巻)
  • でんでん虫(1998年、原作:坂田信弘、小学館、全6巻)
  • ビ・アンビシャス(1999年、原作:堀井ひろし、文藝春秋、全1巻)
  • ひかりの空(2001年、『週刊ヤングサンデー』連載、小学館、全29巻)
  • AGAINST嵐(2005年、原作:堀井ひろし、漫画アクション、双葉社、全4巻)
  • 陽炎の辻 〜居眠り磐音 江戸双紙〜(2009年、原作:佐伯泰英、『A-ZERO』 - No.12[1]→『漫画アクション』2009年15号[2] - 連載、双葉社、全11巻)
  • 親玉'S マスターズ(2011年、『週刊漫画ゴラク』2011年7月22日号[3] - 連載、日本文芸社、全9巻)
  • Last Tap(2013年 - 、『ボギー』創刊号[4] - 2016年5月号連載)
  • 霧島嵐児(2014年、『漫画ゴラク』2013年12月6日号[5] - 連載、日本文芸社、全3巻)
  • 刃傷(2015年、原作:池波正太郎、『コミック乱ツインズ』6月号[6]、リイド社) - 読み切り
  • 大地の子みやり(原作:坂田信弘、『ビッグコミックオリジナル増刊号』[7]連載、全2巻)
  • 球追う日日(原作:十升八九、『週刊大衆[8]連載、双葉社、既刊3巻(電子版では既刊5巻))

出演[編集]

  • 第12回「西原理恵子の人生画力対決」(2010年9月15日、新宿ロフトプラスワン開催[9]
  • 『週刊漫画ゴラク』創刊50周年記念オールナイトイベント「大ゴラク50年LIVE!!!!!!男たちの劇画祭」(2014年8月2日、新宿ロフトプラスワン開催[10]

師匠[編集]

アシスタント[編集]

出典[編集]

  1. ^ “さよならA-ZERO、「陽炎の辻」はアクション本誌へ移籍”. コミックナタリー (ナターシャ). (2009年6月6日). https://natalie.mu/comic/news/17326 2021年9月30日閲覧。 
  2. ^ “仲村みう日本刀忍ばせ父の仇!漫画アクションに殴り込み”. コミックナタリー (ナターシャ). (2009年7月7日). https://natalie.mu/comic/news/18454 2021年9月30日閲覧。 
  3. ^ “かざま鋭二ゴラクで新連載、ギャンブル親父のゴルフマンガ”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年7月8日). https://natalie.mu/comic/news/52747 2021年9月30日閲覧。 
  4. ^ “ゴルフダイジェスト社がマンガ誌創刊、堀江貴文が300Y挑戦”. コミックナタリー (ナターシャ). (2013年10月11日). https://natalie.mu/comic/news/101121 2021年9月30日閲覧。 
  5. ^ “かざま鋭二がゴラクで新連載、破天荒ヤクザの超体験描く”. コミックナタリー (ナターシャ). (2013年11月22日). https://natalie.mu/comic/news/104167 2021年9月30日閲覧。 
  6. ^ “池波正太郎の短編が乱ツインズで続々マンガに、かざま鋭二が第1弾執筆”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年5月13日). https://natalie.mu/comic/news/147009 2021年9月30日閲覧。 
  7. ^ “「風の大地」のコンビが描く「大地の子みやり」1巻、鈍臭い女子がゴルフに挑戦”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年12月28日). https://natalie.mu/comic/news/170912 2021年9月30日閲覧。 
  8. ^ “かざま鋭二が描くゴルフ場舞台の人間ドラマ「球追う日日」、福本伸行も絶賛”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年3月30日). https://natalie.mu/comic/news/275928 2021年9月30日閲覧。 
  9. ^ “サイバラ画力対決「首寝違えSPECIAL」に三田紀房ら出演”. コミックナタリー (ナターシャ). (2010年8月13日). https://natalie.mu/comic/news/36153 2021年9月30日閲覧。 
  10. ^ “ゴラクの50周年イベントに、高橋よしひろら”. コミックナタリー (ナターシャ). (2014年7月22日). https://natalie.mu/comic/news/121767 2021年9月30日閲覧。