村井俊哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

村井 俊哉(むらい としや、1966年 - )は、精神医学者、京都大学教授。

大阪府生まれ[1]。1991年京都大学医学部卒、98年同大学院医学研究科修了、「局在脳損傷にともなう重複記憶錯誤について」で医学博士マックスプランク認知神経科学研究所、2001年京都大学医学部附属病院助手、2002年京都大学医学研究科精神医学教室講師、05年助教授、07年准教授、09年教授[2]

著書[編集]

  • 『社会化した脳』エクスナレッジ 2007
  • 『脳は利他的にふるまいたがる 報酬と行動のナゾを解く脳科学』PHPエディターズ・グループ 2009
  • 『人の気持ちがわかる脳 利己性・利他性の脳科学』ちくま新書 2009
  • 『精神医学を視る「方法」』日本評論社 2014
  • 『精神医学の実在と虚構』日本評論社 2014

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • M.シュピッツァー『脳 回路網のなかの精神 ニューラルネットが描く地図』山岸洋共訳 新曜社 2001
  • Wolfgang Hartje,Klaus Poeck 編『臨床神経心理学 第2版』波多野和夫共訳 文光堂 2004
  • ナシア・ガミー『現代精神医学原論』みすず書房 2009
  • ナシア・ガミー『現代精神医学のゆくえ バイオサイコソーシャル折衷主義からの脱却』山岸洋,和田央共訳 みすず書房 2012
  • 米国精神分析協会編『DSM-5精神疾患の診断・統計マニュアル』日本精神神経学会日本語版用語監修 髙橋三郎, 大野裕監訳 染矢俊幸,神庭重信,尾崎紀夫, 三村將共訳 医学書院 2014
  • 米国精神分析協会編『DSM-5精神疾患の分類と診断の手引』日本精神神経学会日本語版用語監修 髙橋三郎,大野裕監訳 染矢俊幸,神庭重信, 尾崎紀夫, 三村將共訳 医学書院 2014
  • レイチェル・クーパー『精神医学の科学哲学』伊勢田哲治共監訳 植野仙経,中尾央,川島啓嗣, 菅原裕輝訳 名古屋大学出版会 2015
  • レイチェル・クーパー『DSM-5を診断する』植野仙経共訳 日本評論社 2015
  • ナシア・ガミー『一流の狂気 心の病がリーダーを強くする』山岸洋共訳 日本評論社 2016

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『精神医学の実在と虚構』著者紹介
  2. ^ 外部リンク参照