イグレシア・ニ・クリスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

イグレシア・ニ・クリスト(Iglesia ni Cristo)は、フィリピンにおけるキリスト教の教派。タガログ語で「キリストの教会」を意味する。

フェリックス・マナロが1914年に創設した、1963年にエラーニョ・マナロが教団を継いだ。

日曜日の朝と木曜日の夜に礼拝が行われる[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 【ドゥテルテ対カトリック③】ドゥテルテを支える「イグレシア・ニ・クリスト」とは”. セブ島留学マナビジン (2019年1月2日). 2019年1月2日閲覧。