石垣ゆうき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石垣 ゆうき(いしがき ゆうき、1965年11月26日 - )は、日本の漫画家。本名、石垣 雄規三重県四日市市出身。大阪芸術大学出身[1]。 趣味はフルスクラッチビルドフィギュア造り。猫を飼っている[2]

一般には、『週刊少年マガジン』に1990年から1999年まで不定期連載された『MMR マガジンミステリー調査班』の作画担当として有名。すっきりした絵柄ながら写実的な画も描き、ギャンブル、オカルト、探偵物など幅広い分野の作品を手がける。

代表作には先述の『MMR』の他、文庫版も発売されたギャンブル漫画『100万$キッド』などがある。

2014年時点、携帯電話は所持していない[3]。父方の家系が年を取ると禿げやすくなるらしく、その頃に敢えて坊主頭にしたが、母方の家系が禿げない血筋であることを知らず、自身は禿げるどころか生えている、と語っている[4]。2014年現在は老眼が進行したためにデジタル作画へと移行。しかし、長時間画面を見て原稿を作成しているため目を痛めるたびに目薬を差している[5]

経歴[編集]

作品一覧[編集]

漫画[編集]

ドラマ[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ MANGA姉っくす! Vol.22【ゲスト:克・亜樹先生】 - 2014/10/15 20:00開始 - ニコニコ生放送
  2. ^ 伝説の漫画「MMR マガジンミステリー調査班」はこうして作られていた タナカ・イケダ・トマル隊員が語る「MMR」制作の裏側(前編) (3/3) - ねとらぼ
  3. ^ 『新世紀黙示録MMR Resurrection』カバー扉より。
  4. ^ 『新世紀黙示録MMR Resurrection』カバー扉より。
  5. ^ 『新世紀黙示録MMR Resurrection』巻末『あとがきというか近況というか』より
  6. ^ a b 読切版「100万$キッド」は石垣ゆうきの単独作品。同作の連載作品化が決まってから、編集部が漫画原作者の宮崎まさるに声を掛け、宮崎が「原案協力」として参加するようになった。宮崎は毎週3本の原案を提出し、そのうちの1本が採用されていた。(『100万$キッド』講談社漫画文庫版 第1巻[講談社、2001年]巻末エッセイ 宮崎まさる「100万$の苦悩の日々」参照)

外部リンク[編集]