特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 IR推進法、カジノ解禁法、カジノ法
法令番号 平成28年12月26日法律第115号
効力 現行法
種類 根拠法
所管 国土交通省
主な内容 統合型リゾート施設の整備の推進
条文リンク 特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律
テンプレートを表示

特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律(とくていふくごうかんこうしせつくいきのせいびのすいしんにかんするほうりつ、平成28年12月26日法律第115号)は、統合型リゾート施設の整備の推進に関する日本法律である。通称はIR推進法カジノ解禁法カジノ法など。

概要[編集]

2016年(平成28年)12月15日の衆議院本会議で可決・成立した。第一章、第二章は公布の日(2016年12月26日)から施行。第三章は公布の日から起算して三月を超えない範囲内において政令で定める日から施行[1]。通称、略称として「IR推進法」「カジノ解禁法」「カジノ法」などがある。法律中で「カジノ施設」などの用語が用いられているが定義はされていない[2]

脚注[編集]

  1. ^ 第三章は内閣総理大臣を本部長とし、国務大臣を副本部長および本部員とする特定複合観光施設区域整備推進本部について規定している。
  2. ^ (条文抜粋)
    (定義)
    第二条 この法律において「特定複合観光施設」とは、カジノ施設(別に法律で定めるところにより第十一条のカジノ管理委員会の許可を受けた民間事業者により特定複合観光施設区域において設置され、及び運営されるものに限る。以下同じ)及び会議場施設、レクリエーション施設、展示施設、宿泊施設その他の観光の振興に寄与すると認められる施設が一体となっている施設であって、民間事業者が設置及び運営をするものをいう。
    2 この法律において「特定複合観光施設区域」とは、特定複合観光施設を設置することができる区域として、別に法律で定めるところにより地方公共団体の申請に基づき主務大臣の認定を受けた区域をいう。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]