青森県観光物産館アスパム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
青森県観光物産館アスパム
Aomori Prefecture Tourist Center(ASPM)
Aspm2.jpg
青森県観光物産館(右側は青い海公園展望台)
青森県観光物産館アスパムの位置(青森県内)
青森県観光物産館アスパム
情報
設計者 日建設計
施工 清水建設西松建設、阿部重組JV
建築主)青森県産業振興協会
管理運営 (社)青森県観光連盟
構造形式 RCSRCS
敷地面積 14,996 m²
建築面積 4,034 m² (建蔽率27%)
延床面積 14,303 m² (容積率95%)
階数 地上15階・塔屋3階
高さ 76m
着工 1984年昭和59年)7月
竣工 1986年(昭和61年)3月
開館開所 1986年(昭和61年)4月24日
所在地 030-0803
青森県青森市安方一丁目1番40号
座標 北緯40度49分47.3秒
東経140度44分27.8秒
テンプレートを表示

青森県観光物産館アスパム(あおもりけんかんこうぶっさんかん アスパム)は、青森県青森市安方にある観光施設。一般的に「アスパム」と呼ばれることが多い。

概要[編集]

青森港の再開発事業に基づいて1986年昭和61年)に建設され、日本建築学会東北支部から同年度の東北建築賞作品賞を受賞した[1]

名称は一般公募より採用され、「ASPM」は青森県(Aomori)、観光(Sightseeing)、物産(Products)、館(Mansion)の頭文字であり、「アスパム」という読みを連想させている。

「青森」の頭文字である「A」をかたどった三角形の外観が特徴。展望室(13階)やレストラン、多目的室、物産プラザ、観光プラザ、パノラマ館などを併設する他、津軽三味線の演奏などさまざまなイベントが開催される。

青森ベイブリッジとともに、青森市のランドマークとなっている。

また、電波塔を除いて青森県で最も高い建物である。このため、市郊外からも見ることができる。

施設
1階 おみやげコーナー・ラウンジ・センチュリー・イベントホール
銀行ATM青森銀行みちのく銀行)ほか
2階 青い森ホール(マルチスクリーンによる映画上映/有料)
市町村ホール、青森体験ホールほか
3階 ジョブカフェあおもり ハローワークヤングプラザ(45歳未満の求職者対象に職業相談、紹介、検索及び職業訓練の相談もできる。なお、土曜日は年齢に関係なく在職(パート、アルバイト含む)者のみ対象とした検索、職業相談も実施。但し、土曜日が祝日と重なった場合やシステムメンテナンスで休館する場合あり)
4階 ハローワークプラザあおもり(2009年3月27日をもって閉鎖)
8階 事務局・弘前大学青森サテライトセンター
10階 和食料理「西むら」
13階 有料展望室
14階 Dining「はなぁふ」

乗り入れバス路線[編集]

会社名 路線名 経路 行先
1 (未使用)      
1
JRバス東北 みずうみ号 (降車専用停留所) 青森駅
3 下北交通 むつ線 平内野辺地横浜 むつ
4
(未使用)      

周辺[編集]

沿革[編集]

当館が登場する作品[編集]

その他[編集]

利用案内[編集]

  • 開館時間:9:00〜22:00(展示コーナーは18:00、物産プラザは18:30)
  • 休館日:1月第4週の月・火・水曜日、年末年始(12月31日〜1月1日)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東北建築賞 作品賞部門 受賞作品一覧”. 日本建築学会東北支部. 2019年3月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]