この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

齋藤飛鳥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

さいとう あすか
齋藤 飛鳥
プロフィール
愛称 あしゅ
あしゅりん
あすか
生年月日 1998年8月10日
現年齢 20歳
出身地 日本の旗 日本東京都
血液型 O型
瞳の色 黒色
公称サイズ(2015年時点)
身長 / 体重 158 cm / kg
靴のサイズ 23[注 1] cm
活動
デビュー 2011年
ジャンル ファッション
モデル内容 一般
備考 乃木坂46
他の活動 アイドル歌手女優
事務所 乃木坂46合同会社
モデル: テンプレート - カテゴリ

齋藤 飛鳥(さいとう あすか、1998年8月10日 - )は、日本アイドルファッションモデルであり、女性アイドルグループ乃木坂46のメンバー、『CUTiE』の元専属モデル[2]、『sweet』のレギュラーモデルである[3]。元子役[4]東京都出身[5]。身長158cm[注 2]。血液型O型[5]

略歴

1998年8月10日、東京で日本人の父とミャンマー人の母との間に生まれる[7]。名に「鳥」の字を含む2人の兄がいることから、父親から「飛鳥」と名づけられた[8]

小学4年生の時、学校のダンス部員が踊っていた曲が気になり、調べてみるとアイドルの曲だった[9]。それがきっかけでアイドルに励まされるようになり、自分もアイドルになりたいと思うようになった[10]。小学4年生の時はお笑いクラブ、小学5年生の時はテニスクラブに所属し、小学6年生の時は合奏クラブで[11]、ブラスバンドのティンパニを担当した[7]。中学生の頃は吹奏楽部に所属し[11]、サックス[7]、バスクラリネットを担当した[12]

2011年8月21日、乃木坂46の1期生オーディションに合格、オーディションでは西野カナの「if」を歌った[13]。オーディションは中学校の友達に教えられ[8]、知人の勧めで応募した[14]。合格後、夏に吹奏楽部を退部した[15]

2012年2月22日、乃木坂46の1stシングル「ぐるぐるカーテン」でCDデビューした[16]。2012年8月22日、乃木坂46の3rdシングル「走れ!Bicycle」のカップリング曲「海流の島よ」で初のセンターを務めた[17]

2015年1月10日、ファッション誌『CUTiE』(宝島社)で初の単独表紙を務め[18]、翌月、同誌創刊以来初の専属モデルに起用された[19]。2015年7月21日、乃木坂46メンバーの北野日奈子斉藤優里と共に、ANNA SUIの2015年秋冬アジア圏ビジュアルモデルに抜擢されたことが発表された[20]。2015年7月29日、ファッション誌『CUTiE』が2015年9月号をもって休刊することが発表された[21]。2015年7月31日、それに伴い『CUTiE』の専属モデルを卒業し、ファッション誌『sweet』(宝島社)のレギュラーモデルに起用された[22]。2015年10月10日、ファッション誌『sweet』で「乃木坂46齋藤飛鳥のFASHION BUZZ」の連載を開始した[3]。2015年10月28日、乃木坂46の13thシングル「今、話したい誰かがいる」で初の「十福神」に選ばれた[23]

2016年4月2日、ラジオ『POP OF THE WORLD』の「HARRY'S ENGLISH CLASS」のコーナーにレギュラー出演を開始、J-WAVEのナビゲーターとしては史上最年少[24]、かつ女性アイドルグループのメンバーが務めるのは初の出来事だった[25]。2016年6月6日、乃木坂46の15thシングル「裸足でSummer」で初のシングル表題曲のセンターを務めることが発表された[26]。2016年7月4日、テレビドラマ『少女のみる夢』で初の主演を務めた[27]。2016年10月8日、『GirlsAward 2016 AUTUMN/WINTER』で自身が監修したAnk Rougeの衣装を披露した[28]。2016年11月29日、陸上競技マガジン『箱根駅伝2017完全ガイド』の箱根駅伝出場者による「好きな女性芸能人ランキング」で12位を獲得した[29]。2016年12月23日、ソロ写真集『潮騒』の発売を記念し、Instagram[30]、Twitterを開設した[31]

2017年1月23日、755を開設した[32]。2017年1月25日、初のソロ写真集『潮騒』(幻冬舎)を発売[33]、写真集は週間推定売上5万8215部を記録し[34]、2017年2月6日付のオリコン週間ランキングのBOOK総合部門[35]、写真集部門で1位を獲得、乃木坂46グループとして史上最高週間売上を記録し、女性ソロ写真集としては歴代2位の記録を達成した[36]。発行部数は当初7万部を予定していたが[37]、10万部を突破した[38]。2017年6月7日、MONDO GROSSOのアルバム『何度でも新しく生まれる』の収録曲「惑星タントラ」のボーカルを担当[39]

2018年8月8日発売の乃木坂46の21stシングル「ジコチューで行こう!」で、15thシングル「裸足でSummer」以来6作ぶりにシングル表題曲の単独センターを務めた[40]。このシングルのヒット祈願でカナヅチであることが発覚する[41]。2018年10月5日公開の台湾映画『あの頃、君を追いかけた』の日本版リメイク作でヒロイン役を務める[42][43]。この映画が台湾歴代興行収入No.1映画を原作としていることから始球式が実現し、2018年8月15日、台湾プロ野球Lamigoモンキーズ」対「統一ライオンズ」 戦で自身初の始球式を行った[44]

人物

愛称は「あしゅりん」。日本人とミャンマー人のハーフで[45]、母親はミャンマー人[46]。ミャンマーには行ったことがある[47]。8頭身で縦18センチ、頭回り50センチのアイドル界最小クラスといわれる小顔の持ち主[2]。「日本で一番ブログのタイトルが長いアイドル」を自称し[48]、乃木坂46公式ブログのタイトルを220文字の文字数制限限界まで長くしている[49]。クールさとキュートさのあいまったルックスで、男女のファンから支持を得ている[25]

好きな食べ物はパフェ[50]、イチゴ[注 3]、卵かけご飯[45]、ヨーグルト[52]、お粥[53]、コーヒー[54]。おやつはゆで卵[7]。好きな映画は『アヒルと鴨のコインロッカー[55]。好きな色はモノトーン、ピンク[56]。好きなラーメンは味噌ラーメン[57]。好きなゲームはマリオカート[57]。好きなブランドはTOGA、COMME des GARCONS[58]

特技はドナルドダックの物真似[14]、前転、コラージュ画像をつくること[59]。保有資格は語彙・読解力検定3級[60]

趣味

趣味は読書、ドラム[50]

読書は哲学心理学に興味がある[61]。読書が好きになったきっかけは、小学校高学年の頃に休み時間にひとりで図書室に通う習慣がついたからである[62]。2016年のインタビューの際にお薦めの本を3冊選んだが、1冊目は一番好きな作家・貫井徳郎の『微笑む人』[63]、2015年の別のインタビューでも貫井の『崩れる 結婚にまつわる八つの風景』『乱反射』をお薦めの本に挙げている[62]。2冊目は舞城王太郎の『世界は密室でできている。』[63]。3冊目はファンに教えてもらった作家・伊坂幸太郎の『アヒルと鴨のコインロッカー[62][63]。また『砂の女』を初めて読んで安部公房が一番好きな貫井と一瞬で並んだと語っている[63]。小説はファンタジーやコメディより、ミステリーやサスペンスを好み[64]、最後の解説と自身の解釈を比較して読む[65]。本を選ぶにあたって「基本的には人に薦められたものは読むようにしていて」、自分で選ぶ場合は本屋で「裏表紙のあらすじ」「帯に書いてある文章」「最初と最後のページ」を読んで決めている[63]

ドラムはライブで演奏することがある[66]。ギターにも興味がある[7]

ラブライブ! では西木野真姫が好き[8]

乃木坂46

乃木坂46結成時の最年少メンバー[67]ダンス七福神[68]、次世代エース[69]乃木團のドラム[70]メガネ選抜[71]乃木坂読書選抜[72]

乃木坂46のメンバーを尊敬しており[73]橋本奈々未の考え方や冷静な判断力[9]白石麻衣のストイックなところ、明るく綺麗なところを尊敬している[50]

乃木坂46では齋藤飛鳥・斎藤ちはる・能條愛未の3名で『チームN』を結成しており[74]、斎藤ちはるによれば、齋藤飛鳥はクールだが心優しい[75]。その他、中元日芽香とは乃木坂46の7thシングル「バレッタ」で共に選抜入りした時から話をする機会が増えて仲良くなり、格差社会についてよく議論した[76]。齋藤飛鳥・星野みなみのペアはファンから「あしゅみな」と呼ばれている[77]

乃木坂46のダンス七福神で、樋口日奈によれば、齋藤飛鳥が振付を間違えているところを見たことがない[75]。和田まあやによれば、齋藤飛鳥のダンスは癖がなく、模範的である[78]。乃木坂46で好きな振付は「命は美しい[79]。好きなミュージック・ビデオは「世界で一番 孤独なLover」、「シャキイズム」、「水玉模様[80]

作品

シングル

乃木坂46

坂道AKB

アルバム

乃木坂46

MONDO GROSSO

映像作品

出演

映画

テレビドラマ

バラエティ

その他のテレビ番組

舞台

ラジオ

CM

ネット配信

  • 乃木坂46・齋藤飛鳥ファースト写真集『潮騒』スペシャル!(2017年1月24日、SHOWROOM)[91]

イベント

書籍

写真集

雑誌連載

  • CUTiE(2015年1月10日 - 2015年8月11日、宝島社) - 専属モデル[2]
  • sweet(2015年10月10日 - 、宝島社) - レギュラーモデル[3]
    • 乃木坂46齋藤飛鳥のFASHION BUZZ(2015年10月10日 - )[103]
  • 別冊カドカワ 総力特集 乃木坂46(2016年4月2日 - 、KADOKAWA) - 描きおろしエッセイ[104]
  • LOVE berry(2017年3月15日、徳間書店) - モデル[105]
  • MEN'S NON-NO(2018年1月10日 - 、集英社) - 乃木坂46 齋藤飛鳥 モードとデート[106]

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 靴のサイズは2013年時点で23cm[1]
  2. ^ 身長は2013年時点で154cm[6]、2015年時点で158cm[2]
  3. ^ とくにいちごみるくを愛する[51]
  4. ^ ピラメキーノ(2010年12月6日 - 15日、テレビ東京)への出演時は山王プロダクションに所属していた[4]

出典

  1. ^ 齋藤飛鳥 (2013年3月12日). “みなさん最近感じた幸せ(大小問わず)教えてくださった方あり”. 乃木坂46 齋藤飛鳥 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2013年3月12日閲覧。
  2. ^ a b c d “乃木坂斎藤飛鳥がCUTiE専属モデルに”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2015年2月18日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/p-et-tp0-20150218-1435866.html 2015年2月18日閲覧。 
    “乃木坂46齋藤飛鳥「CUTiE」専属モデル卒業 思い出の撮影を振り返る”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年8月11日). http://mdpr.jp/review/detail/1511287 2015年10月11日閲覧。 
  3. ^ a b c “乃木坂46齋藤飛鳥「sweet」で“大人化”スタート”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年10月11日). http://mdpr.jp/review/detail/1532233 2015年10月11日閲覧。 
  4. ^ a b 子役恋物語”. ピラメキーノ 番組公式サイト. テレビ東京 (2010年12月6日). 2013年4月11日閲覧。
  5. ^ a b 「乃木坂46出演メンバー全33名を紹介!!」『CM NOW』Vol.155、玄光社、2012年2月10日、2012年3月4日号、54頁。ASIN B006WP6EEI
  6. ^ 川しまゆうこ、辰巳ちえ、大江麻貴、東島あい 「INTERVIEW」『乃木坂派』 双葉社、2013年10月22日、154頁。ISBN 978-4-575-30587-6
  7. ^ a b c d e 「全国津々浦々美少女ヒストリー AWES♡ME CITY girls」『LARME』2016年9月号、徳間書店、2016年7月16日、023、92-93頁。ASIN B01G7I3UDM
  8. ^ a b c 「飛鳥の入門書 ASUKA'S PRIMER BOOK A to Z」『CUTiE』2015年4月号、宝島社、2015年3月12日、no.381、13-15頁。ASIN B00T3C693I
  9. ^ a b 「齋藤飛鳥-小顔でダンスも高評価ながら悩み多き1期最年少メンバー」『日経エンタテインメント! ネクストメジャー・アイドル Special』 大貫真之介、日経BP社、2013年11月29日、36-37頁。ISBN 978-4-8222-7578-5
  10. ^ 川しまゆうこ、辰巳ちえ、大江麻貴、東島あい 『乃木坂派』 双葉社、2013年10月22日、155頁。ISBN 978-4-57530-587-6
  11. ^ a b 齋藤飛鳥 (2012年5月22日). “ほれ、おまいら! 乃木坂46ホームページのメンバーの写真が変”. 乃木坂46 齋藤飛鳥 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2012年5月22日閲覧。
  12. ^ 「乃木坂46 齋藤飛鳥 ハイスクール Interview!」『HR』2016年1月号、グラフィティ、2015年12月8日、6-9頁。ASIN B018KOLUJ2
  13. ^ “「乃木坂46」なりたい人集まれ〜公募開始”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2011年6月29日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110629-797108.html 2011年6月29日閲覧。 
    “「乃木坂46」最終オーディション取材レポート (3) 【合格者一覧(後半)〜会見】”. スクランブルエッグ on the Web (スクランブルエッグ). (2011年8月28日). http://www.scramble-egg.com/artist/event11/nogizaka46_03.htm 2013年4月13日閲覧。 
  14. ^ a b 「乃木坂46完全名鑑2012」『FLASHスペシャル』2012年新春号、光文社、2011年12月26日ASIN B006NSVZUW
  15. ^ 「十八歳、海へ――。」『月刊ENTAME』2016年10月号、徳間書店、2016年8月30日、10頁。ASIN B01HIP2KN4
  16. ^ “初披露! 乃木坂46デビュー曲タイトルは「ぐるぐるカーテン」”. 東京ウォーカー (角川マガジンズ). (2012年1月12日). http://news.walkerplus.com/article/27248/ 2012年1月12日閲覧。 
  17. ^ 乃木坂46 『乃木坂46 1ST YEAR BIRTHDAY LIVE 2013.2.22 MAKUHARI MESSE』 Sony Music Records、2014年2月5日ASIN B00H6YDZHS
  18. ^ “乃木坂46随一の小顔・齋藤飛鳥「CUTiE」単独表紙に抜擢「きらめきを強く感じた」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年1月10日). http://mdpr.jp/review/detail/1459445 2015年1月10日閲覧。 
  19. ^ “乃木坂46随一の小顔・齋藤飛鳥「CUTiE」専属モデルに抜てき 「大物になってくれる」と期待”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年2月18日). http://mdpr.jp/news/detail/1468496 2015年2月18日閲覧。 
  20. ^ 乃木坂46齋藤飛鳥らANNA SUIモデルに異例の抜てき 日本人は杏以来9年ぶり”. ORICON ME (2015年7月21日). 2015年7月21日閲覧。
  21. ^ “ファッション誌「CUTiE」休刊を正式発表 宝島社コメント”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年7月29日). http://mdpr.jp/news/detail/1507260 2015年10月11日閲覧。 
  22. ^ “乃木坂46齋藤飛鳥、史上最年少で「sweet」レギュラーモデルに抜てき”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年7月31日). http://mdpr.jp/news/detail/1507935 2015年8月2日閲覧。 
  23. ^ “乃木坂46 齋藤飛鳥が語る次世代エースへの想い”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2015年12月28日). http://news.dwango.jp/2015/12/28/69355/idol/ 2015年12月28日閲覧。 
  24. ^ a b “乃木坂46がファッション誌に続きラジオも席巻中! 齋藤飛鳥、女性アイドル初の抜てき<コメント到着>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年3月26日). http://mdpr.jp/news/detail/1573693 2016年3月26日閲覧。 
  25. ^ a b 齋藤飛鳥 (2016年7月29日). 乃木坂46齋藤飛鳥「辞めようかと思う時もあった」「すべての始まりはそこから」「次世代って言われるが嫌だった」「ファンの方の気持ちが嬉しい」…まもなく18歳、悩んでもがいて笑顔に!. (インタビュー). モデルプレス.. http://mdpr.jp/interview/detail/1600920 2016年7月29日閲覧。 
  26. ^ “乃木坂46新センターは齋藤飛鳥! 涙、涙…選抜メンバー16人発表”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年6月6日). http://mdpr.jp/news/detail/1589698 2016年6月6日閲覧。 
  27. ^ “乃木坂46・齋藤飛鳥&星野みなみ、ダブル初主演に「台本もらって号泣した」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年6月9日). http://www.oricon.co.jp/news/2073072/full/ 2016年6月9日閲覧。 
  28. ^ “乃木坂46齋藤飛鳥が誘う“夢空間”ステージにファン大歓声&拍手喝采<GirlsAward 2016 A/W>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年10月8日). https://mdpr.jp/news/detail/1622146 
  29. ^ “箱根駅伝ランナーは乃木坂46にメロメロ?「好きな芸能人」でメンバー12人が得票”. アサ芸プラス (徳間書店). (2017年1月2日). http://www.asagei.com/excerpt/72953 2017年1月2日閲覧。 
  30. ^ “乃木坂46齋藤飛鳥、初ソロ写真集の公式インスタ開設 「まさに天使」「カワイイ」と話題”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年12月23日). https://mdpr.jp/news/detail/1648843 2016年12月23日閲覧。 
  31. ^ 『潮騒』特設サイト<齋藤飛鳥写真集>齋藤飛鳥”. 幻冬舎plus. 幻冬舎 (2016年12月27日). 2016年12月27日閲覧。
  32. ^ 齋藤飛鳥 (2017年1月23日). “マウスコンピューター公式サイトにて、新たにショートムービーが公開されています。ここでもドラムを触らせていただきました! うれぴー そしてわたくし、今まで使ってたパソコンが故障しまして、折角だからマウスコンピューターのパソコンに買い換えようと思っています。イェーイ。 ところでわたし、誰かのライブに行くとすぐグッズを買いたくなってしまいます。 なかなか行けないからっていうのもあるけど、Tシャツとかパーカーとかトレーナーとか、わたしが好きなアーティストさんは大体デザインがとても良いので、ついつい買っちゃう。ってい”. 乃木坂46 齋藤飛鳥 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2017年1月23日閲覧。
  33. ^ “乃木坂の新エース斎藤飛鳥、日本縦断の初ソロ写真集”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年11月23日). http://www.oricon.co.jp/article/54588/ 2016年11月23日閲覧。 
  34. ^ オリコン週間 写真集ランキング 2017年01月23日〜2017年01月29日”. ORICON NEWS. oricon ME (2017年2月6日). 2017年2月6日閲覧。
  35. ^ オリコン週間 BOOK総合ランキング 2017年01月23日〜2017年01月29日”. ORICON NEWS. oricon ME (2017年2月). 2017年2月6日閲覧。
  36. ^ “乃木坂46・齋藤飛鳥写真集、総合首位獲得 グループ最高週間売上も記録”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年2月2日). http://www.oricon.co.jp/news/2085328/full/ 2017年2月2日閲覧。 
  37. ^ “乃木坂・あしゅりん、恥ずかし初ビキニ! 初写真集発売”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年1月26日). オリジナル2017年2月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170207112641/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170126-OHT1T50027.html 2018年3月12日閲覧。 
  38. ^ “照れて困る“あしゅ”も可愛い…乃木坂46齋藤飛鳥・1st写真集「潮騒」が大台突破”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年1月26日). https://mdpr.jp/news/detail/1658601 2017年1月26日閲覧。 
  39. ^ “乃木坂46齋藤飛鳥、MONDO GROSSO新作にボーカル参加 本人出演MVも公開”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年5月19日). http://www.oricon.co.jp/news/2090971/full/ 2017年5月19日閲覧。 
  40. ^ “乃木坂46、新曲センターは?選抜メンバー発表 3人が初選抜<21stシングル>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年7月2日). https://mdpr.jp/music/detail/1776780 2018年7月8日閲覧。 
  41. ^ “乃木坂46齋藤飛鳥、号泣!泳げないのに体一つで渓流下りに挑戦”. the tv. (2018年8月6日). https://thetv.jp/news/detail/156980/ 2018年8月8日閲覧。 
  42. ^ a b “山田裕貴&斎藤飛鳥、台湾大ヒット青春映画リメーク”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年10月3日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201710030000084.html 2017年10月3日閲覧。 
  43. ^ a b “乃木坂46齋藤飛鳥の出演映画「あの頃、君を追いかけた」公開日決定、新場面写真も”. ナタリー (ナターシャ). (2018年7月2日). https://natalie.mu/music/news/289313 2018年7月3日閲覧。 
  44. ^ a b “齋藤飛鳥、人生初始球式で“トルネード投法”披露「普段のライブより緊張」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年8月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2117654/full/ 2018年8月17日閲覧。 
  45. ^ a b 「Book in Book 乃木坂46 全員集合名鑑」『AKB48×プレイボーイ2011』 集英社、2011年10月24日、不定版、133頁。ASIN B005VLKGQ6
  46. ^ 乃木坂って、どこ? の番組概要ページ”. TVトピック検索. NTTレゾナント・ワイヤーアクション (2013年). 2013年4月30日閲覧。
  47. ^ 齋藤飛鳥 (2011年12月3日). “寝ても覚めてもあしゅりんワールd((すいません黙りますすいま”. 乃木坂46 齋藤飛鳥 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2013年4月30日閲覧。
  48. ^ 「乃木坂46-1期生32人全員集合パーフェクト名鑑」『週刊プレイボーイ』2013年7月8日号、集英社、2013年6月24日、no.27、54頁。ASIN B00DDUZR98
  49. ^ 齋藤飛鳥 明日に向かって飛べ!”. BUBKA Web. 白夜書房 (2013年9月27日). 2013年9月27日閲覧。
  50. ^ a b c 「次世代注目メンバー CLOSE-UP! 乃木坂46 U-18 ウワサの美少女名鑑」『FLASHスペシャル』2015新年号、光文社、2014年12月26日、不定版、16頁。ASIN B00R1MM15M
  51. ^ 齋藤飛鳥 (2011年11月2日). 乃木坂46『AKB48の公式ライバルって!? 気になる☆メンバーを全員紹介』. (インタビュー). ORICON STYLE.. http://www.oricon.co.jp/music/special/2011/nogizaka461102/27/7/ 2011年11月2日閲覧。 
  52. ^ 乃木坂46 齋藤飛鳥インタビュー」『EX大衆』2016年5月号、大貫真之介、双葉社、2016年4月15日、41頁。ASIN B01CFJDLHW
  53. ^ 乃木坂46齋藤飛鳥 自己紹介で「アイム、ベリーダーク!」”. J-WAVE 81.3 FM RADIO WEBSITE. J-WAVE (2016年4月2日). 2016年4月2日閲覧。
  54. ^ 齋藤飛鳥 (2015年8月10日). “あすかちゃんはコー ヒーがだいすきです が、さすがに飲み過 ぎるとだめです。”. 乃木坂46 齋藤飛鳥 公式ブログ. 乃木坂46LLC 2015年8月10日閲覧。
  55. ^ 乃木坂46齋藤飛鳥うっとり…その意外な洋楽とは?”. J-WAVE 81.3 FM RADIO WEBSITE. J-WAVE (2016年5月28日). 2016年5月28日閲覧。
  56. ^ 「乃木坂46 齋藤飛鳥のFASHION BUZZ」『Sweet』2016年9月号、宝島社、2016年8月10日、100-103頁。ASIN B01HIP2S7C
  57. ^ a b 「LOVE DIARY 齋藤飛鳥 (乃木坂46)」『Samurai ELO』2017年3月号、ANDRE、三栄書房、2017年1月24日、4-6頁。ASIN B01MSW6LU4
  58. ^ 「すっぴんのぎざか♡100問100答」『non-no』2017年4月号、吉川由希子、集英社、2017年2月20日、159頁。ASIN B01N188QL6
  59. ^ a b 出演者紹介”. Rの法則. 日本放送協会 (2013年11月5日). 2016年10月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月5日閲覧。
  60. ^ 乃木坂メンバーの合否は…? 語彙・読解力検定の結果発表”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2013年7月30日). 2013年7月30日閲覧。
  61. ^ 「齋藤飛鳥 撮り下ろし「美少女の反乱」」『FLASHスペシャル グラビア BEST』2015年早春号、光文社、2015年2月20日、78頁。ASIN B00T9XHW9G
  62. ^ a b c 齋藤飛鳥 (2015年6月5日). 乃木坂46・齋藤飛鳥「“こんなに悪いことがあるよ”ということを知っておきたいんです」. インタビュアー:吉田大助. ダ・ヴィンチニュース.. http://ddnavi.com/interview/241782/a/ 2015年10月15日閲覧。 
  63. ^ a b c d e 齋藤飛鳥 (2016年1月26日). 本讀乙女 乃木坂46 齋藤飛鳥. インタビュアー:大窪由香. ブックリスタ.. https://www.booklista.co.jp/feature/honyomi-otome/vol1/ 2016年1月26日閲覧。 
  64. ^ 「NOGIZAKA46 ASUKA SAITO SUPER KAWAII BOOK」『smart』2015年12月号、KEI MATSUO、宝島社、2015年10月24日、75頁。ASIN B014TC1MNI
  65. ^ 「齋藤飛鳥-グループの未来を担う美少女は涙をふきながら日々成長中」『日経エンタテインメント! アイドルSpecial 2016』 大貫真之介、日経BP社、2015年12月3日、14頁。ISBN 978-4-8222-7253-1
  66. ^ “氣志團 vs 乃木坂46、双方カバー含む真の“対バン”実現”. ナタリー (ナターシャ). (2014年4月17日). http://natalie.mu/music/news/114676 2014年4月17日閲覧。 
  67. ^ “乃木坂46、2期生がファン1万人を前に初パフォーマンス”. ナタリー (ナターシャ). (2013年8月4日). http://natalie.mu/music/news/96463 2013年8月4日閲覧。 
  68. ^ ワイヤーアクション (2011年11月). “テレビ東京|乃木坂って、どこ?|2011/11/28(月)00:00放送”. TVでた蔵. 富士ソフト. 2016年10月1日閲覧。
  69. ^ “齋藤飛鳥、”次世代”という言葉に抵抗があったんです”. Smart FLASH (光文社). (2016年2月22日). http://smart-flash.jp/akbsp/nogizaka46/2626 2016年2月22日閲覧。 
  70. ^ “乃木坂46&“乃木團”が本家・氣志團と初コラボ 綾小路翔も太鼓判”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年3月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2050519/full/ 2015年3月24日閲覧。 
  71. ^ “乃木坂46「メガネ選抜」6人が初紅白出場へ意欲”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2015年10月6日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1549253.html 2015年10月6日閲覧。 
  72. ^ “乃木坂46・高山一実、齋藤飛鳥、中元日芽香が「東京国際ブックフェア」トークショーに出演決定!!”. ダ・ヴィンチニュース (KADOKAWA). (2016年8月18日). http://ddnavi.com/news/317068/a/ 2016年8月18日閲覧。 
  73. ^ 「乃木坂って、どこ?」2012年8月27日(月)放送内容”. 価格.com. ワイヤーアクション. 2013年4月19日閲覧。
  74. ^ 「乃木坂46の初めての醜聞!! メンバー本人に徹底追及!! ウワサの真相」『週刊プレイボーイ』2013年7月8日号、西中賢治、関根弘康・林将勝・榛村季溶子・西廣智一、集英社、2013年6月24日、No.27、65頁。ASIN B00DDUZR98
  75. ^ a b 「夏空」『B.L.T.』2016年9月号、小畠良一、東京ニュース通信社、2016年7月23日、乃木坂版、28頁。ASIN B01G7I3TG0
  76. ^ 「乃木坂46 ゆるふわ相関図」『EX大衆』2014年10月号、双葉社、2014年9月13日、月刊版、85頁。ASIN B00MW63KAM
  77. ^ “乃木坂46“あしゅみな”がドラマW主演決定に号泣!”. Smartザテレビジョン (KADOKAWA). (2016年6月9日). http://thetv.jp/news_detail/79652/ 2016年6月9日閲覧。 
  78. ^ 「ダンス、MC、楽屋etc…「真夏の全国ツアー2016」ではココに注目!? まあや&ゆったん&かりんが見た 乃木坂46 メンバーのこのクセがすごい!」『EX大衆』2016年9月号、双葉社、2016年8月12日、17頁。ASIN B01HIP2QNS
  79. ^ 「乃木坂46 メンバーアンケート 全メンバーに聞く「乃木坂46の好きなクリエイション」CDジャケット/映像作品/衣装/振付け」『MdN』vol.252、エムディエヌコーポレーション、2015年3月6日、2015年4月号、79頁。ASIN B00TSOFB2G
  80. ^ 「乃木坂46楽曲MV総選挙」『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』2016年12月30日号、筒井優太、集英社、2016年11月24日、90頁。ASIN B01M67T85Q
  81. ^ 蜷川実花 『さくらん』 角川エンタテインメント、2007年8月3日ASIN B000FPEMYU
  82. ^ 東京特許許可局(天てれドラマ)「特許審査20 最強帽子」”. NHKオンライン. 日本放送協会 (2014年10月17日). 2014年10月17日閲覧。
  83. ^ “乃木坂46齋藤飛鳥&星野みなみ、ドラマ初W主演が決定「号泣してしまいました」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年6月9日). https://mdpr.jp/news/detail/1590411 2016年6月9日閲覧。 
  84. ^ 『ほんとにあった怖い話』夏の特別編2016”. とれたてフジテレビ. フジテレビ (2016年7月29日). 2016年7月29日閲覧。
  85. ^ 24:35〜25:05 フジテレビ系「新しい波24」齋藤飛鳥”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2017年7月31日). 2018年1月31日閲覧。
  86. ^ “齋藤飛鳥ドキュメントをフジで放送、後ろ向きな彼女が乃木坂46を続ける理由に迫る”. ナタリー (ナターシャ). (2017年12月29日). https://natalie.mu/music/news/263413 2018年1月1日閲覧。 
  87. ^ “乃木坂46・西野七瀬が「あさひなぐ」映画化で主演! 齋藤飛鳥は舞台版に主演”. ナタリー (ナターシャ). (2017年2月22日). http://natalie.mu/eiga/news/221737 2017年2月22日閲覧。 
  88. ^ “SHISHAMO、乃木坂46齋藤飛鳥×中川大志出演「タウンワーク」CMソング担当”. ナタリー (ナターシャ). (2017年1月13日). http://natalie.mu/music/news/216667 2017年1月13日閲覧。 
  89. ^ “乃木坂46・齋藤飛鳥、単独初主演CMで毒舌炸裂 「どうせお前ら…」”. エキサイトニュース (エキサイト). (2017年10月2日). http://a.excite.co.jp/News/entertainment_g/20171002/TokyoPopLine_91451.html 2017年10月4日閲覧。 
  90. ^ “齋藤飛鳥、ニベア「マシュマロケア」のテレビCMに出演決定!”. 乃木坂46 公式ウェブサイト. (2018年9月12日). http://www.nogizaka46.com/news/2018/09/cm-4.php 2016年9月12日閲覧。 
  91. ^ “乃木坂46 齋藤飛鳥 ファースト写真集「潮騒」発売記念 SHOWROOM特別番組配信決定!”. 日刊エンタメクリップ (日刊エンタメクリップ合同会社). (2017年1月23日). http://entameclip.com/news/51325 2017年1月23日閲覧。 
  92. ^ “乃木坂46専属モデル5人がファッションショー出演へ<GirlsAward 2015 S/S>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年3月5日). http://mdpr.jp/news/detail/1471914 2015年3月5日閲覧。 
  93. ^ TOHOKU DREAM COLLECTION 2015 齋藤飛鳥、追加出演決定!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2015年9月17日). 2015年9月17日閲覧。
  94. ^ “乃木坂46白石麻衣・西野七瀬ら5人、TGCメインモデルに抜てき”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年1月26日). http://mdpr.jp/news/detail/1560182l 2016年1月26日閲覧。 
  95. ^ “乃木坂46、『Girls Award 2016』出演決定 西野七瀬、白石麻衣、松村沙友理、齋藤飛鳥がファッションショーモデルに”. Real Sound (blueprint). (2016年1月27日). https://realsound.jp/2016/01/post-6111.html 2016年1月27日閲覧。 
  96. ^ “白石麻衣・西野七瀬・齋藤飛鳥…乃木坂46、過去最多9人がモデルでランウェイ「GirlsAward 2016 A/W」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年7月21日). https://mdpr.jp/news/detail/1599792 2016年7月21日閲覧。 
  97. ^ “乃木坂46、ライブ&ランウェイで「TGC北九州2016」を盛り上げる! 香里奈、竜星涼ら豪華追加ゲスト発表”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年9月15日). https://mdpr.jp/news/detail/1615072 2016年9月15日閲覧。 
  98. ^ “ローラ、乃木坂46齋藤飛鳥らが豪華集結 台湾で大型ファッションショー開催決定”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年12月1日). https://mdpr.jp/news/detail/1641950 2016年12月1日閲覧。 
  99. ^ 齋藤飛鳥; 白石麻衣; 西野七瀬; 松村沙友理 (2017年4月19日). 白石麻衣「大きな一歩」…次は可愛く食べる乃木坂46に期待!? 西野七瀬・齋藤飛鳥・松村沙友理と“舞台裏”でトーク<モデルプレスインタビュー>. インタビュアー:modelpress編集部. モデルプレス.. https://mdpr.jp/interview/detail/1679648 2017年4月19日閲覧。 
  100. ^ “<ガルアワ>に乃木坂46、田口 淳之介の出演決定。秋元真夏はMCに挑戦”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2017年4月5日). https://www.barks.jp/news/?id=1000140522 2017年4月5日閲覧。 
  101. ^ 齋藤飛鳥」『季刊 乃木坂』vol.3 涼秋、東京ニュース通信社、2014年8月11日、24-33頁。ISBN 978-4-86336-426-4
  102. ^ 齋藤飛鳥 『潮騒』 細居幸次郎、幻冬舎、2017年1月25日、1-128頁。ISBN 978-4-344-03053-4
  103. ^ 「乃木坂46齋藤飛鳥のFASHION BUZZ vol.1」『sweet』2015年11月号、宝島社、2015年10月10日、146-147頁。ASIN B014TC1D3W
  104. ^ “新シリーズ誕生! 言葉と写真で綴る“全ページ”乃木坂46”. Smartザテレビジョン (KADOKAWA). (2016年4月14日). http://thetv.jp/news_detail/76204/ 2016年4月14日閲覧。 
  105. ^ “モー娘。牧野真莉愛「LOVE berry」専属モデルに決定 乃木坂46齋藤飛鳥&鈴木絢音も初登場”. TOKYO POP LINE (添野企画). (2017年3月1日). https://tokyopopline.com/archives/78876 2017年12月13日閲覧。 
  106. ^ 雑誌「メンズノンノ」にて齋藤飛鳥の新連載がスタート!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2017年4月1日). 2017年12月12日閲覧。

外部リンク