アミダばばあ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アミダばばあ(あみだババア)は、フジテレビ系バラエティ番組「オレたちひょうきん族」のタケちゃんマンのコーナーで明石家さんまが演じた敵キャラクター。史上唯一、タケちゃんマンに勝利した怪人である。

概要[編集]

タケちゃんマンと三番目に戦った怪人。明石家さんまがキャラクターを考案した。老人のキャラクターであったため「年寄りをいじめるのはまずいんじゃないか」と採用が躊躇われたが、「スマートにやれば大丈夫だろう」という結論に達し採用された。ブラックデビルの死後、息子ブラックデビルJr.がタケちゃんマンと対決していたが、第72話[1]で登場したアミダばばあがホタテマンとともに人気を獲得し、第78話[2]からタケちゃんマンと対決するレギュラー怪人となる。

設定・展開[編集]

本名は網田久慈(あみだのおくじ)。年齢80歳。出身地は不明。若い頃はいじめられていた。身分違いの恋愛・それに伴う失恋の経験があり、老年の現在に至るまで処女である。怪人化した理由は不明。登場当初は都市伝説的存在で[3]、怪人態もあみだくじ模様のエプロンという人間と大差ないもの[4]だったが、中盤第92話[5]から胸に金庫、頭に紫(途中から水色)の鉢巻きという姿[6]というより怪人然とした姿に変わった。

変身能力を持ちお待ち娘などに化けるが、タケちゃんマンの誘導尋問でばれ、「見ぃ〜た〜なぁ〜!」と言い正体を現し対決に突入する。エプロンに描かれたあみだくじや、あみだくじセット、パソコンゲームのあみだくじなどをタケちゃんマンにやらせ、出た文字にちなんだ攻撃をしかけるのが得意技。攻撃前には「死んでも知らんど〜!!」と威嚇するが、富士山と言って手の甲の皮を引っ張ったり、梅干しと言ってこめかみに両拳をつき当てたりするなど非常にせこく、タケちゃんマンからツッコミを入れられるのが毎回のパターンである。1984年のタケちゃんマンが弱体化した時期にはしばしば勝利目前まで追いつめたが、タケちゃんマンロボには歯が立たなかった[7]。最後は第117話[8]にて奇病「四角病」にかかったアミダばばあファンの少年に手術を受けさせるため、タケちゃんマンに決闘を申し込み猛烈な特訓の果てにタケちゃんマンに挑み、ついにタケちゃんマンロボを倒した[9]が、意に反してタケちゃんマンを倒してしまったことで生きがいを失い、少年に訣別の手紙を送った後テーマソングのサビ部分を歌いながら海岸から入水自殺し最期を遂げた。

2008年、「FNS27時間テレビ!! みんな笑顔のひょうきん夢列島!!」のネプリーグのコーナーにて、復活した。その直前にさんまがアミダばばあの扮装のまま、収録中のHEY!HEY!HEY!のスタジオに乱入して、ダウンタウンがアミダばばあと対峙するというシーンが生放送された。

テーマソング[編集]

  • アミダばばあの唄(アミダばばあ&タケちゃんマン) - 1983年10月21日発売、SP版のみ。B面は「アミアミダダバ アミダばば」。表題曲は桑田佳祐が作詞作曲を担当し、B面曲は関口和之が作詞作曲を担当した。
  • 初回発売盤ではジャケットの字体がオレンジ色っぽい黄色だったが、2nd 発売盤以降は赤になっている。
  • 1987年に発売された明石家さんまのアルバム「世渡り上手」でさんま単独で再録音している。

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1983年3月19日放送。「タケちゃんマン恐怖妖怪の館」(新聞発表分)、「丑三つの村の悪霊の館の巻」(正式サブタイトル)。
  2. ^ 1983年5月7日放送。「今夜奇跡が? 超能力者フリ・ゲラーの謎」(新聞発表分)。
  3. ^ 登場シーンも怪談風のモノローグからの登場だった。
  4. ^ テーマソング「アミダばばあの唄」のジャケットにもこの姿で写っている。
  5. ^ 1983年9月17日放送。「タケちゃんマンと時をかけるババア」」(新聞発表分)。
  6. ^ コシノジュンコが衣装をデザインした。
  7. ^ タケちゃんマンロボに対抗してアミダばばあロボにパワーアップしたこともあったが、段ボール製の粗悪な作りで「ロボじゃなくてボロ」と酷評され、結局敗北した。
  8. ^ 1984年3月10日放送。「さらばアミダばばあの巻」(正式サブタイトル)。
  9. ^ タケちゃんマンによる片八百長。

関連項目[編集]