タケちゃんの思わず笑ってしまいました

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タケちゃんの思わず
笑ってしまいました
Former Fuji Television Headquarters.JPG
収録が行われていたフジテレビ河田町本社(当時)
ジャンル バラエティ番組
放送時間 火曜 19:30 - 20:54(84分)
放送期間 1983年3月8日 - 1987年10月6日(9回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
企画 北野武
プロデューサー 横澤彪
出演者 ビートたけし
ほか
テンプレートを表示

タケちゃんの思わず笑ってしまいました』(たけちゃんのおもわずわらってしまいました)は、1983年から1987年にかけて断続的に日本で放送されたバラエティ番組ビートたけし冠番組のひとつである。

フジテレビ系『火曜ワイドスペシャル』の枠内で放送され、同じくこの枠で放送された『ドリフ大爆笑』に続く名物企画として定着していた。

概要[編集]

この時期に放送され、全盛を迎えていた『オレたちひょうきん族』のスタッフが集結。たけしの露出をより強めた構成を取っていた。たけしによる漫談コーナーや、俳優を中心とするゲストを交えてのコントを行っていた。また、後に『ひょうきん族』で人気キャラクターとなった、鬼瓦権造はこの番組で誕生した。命名は同番組の構成作家であった、高田文夫である。

2000年代に入りフジテレビのCS放送で2度の再放送が行われ(2004年1月にフジテレビ721、2009年6月から9月、12月にフジテレビONE)、2010年1月20日にはDVD-BOXが発売されている。

放送リスト[編集]

Part1[編集]

1983年3月8日放送。主な企画は「たけちゃんのゆすりたかりゲーム」「花田たけ次郎外伝 死んでもらいます」「タケちゃんの無声映画 逃げる」「宏ちゃんと語ろう」「火曜ワイドサスペンス劇場 積木の迷路」「芸能レポーターゲーム」など。ゲストは秋野暢子藤田弓子小川宏大島渚安岡力也ポール牧坂本龍一小山明子片岡鶴太郎三遊亭小遊三魁三太郎伊藤美由紀藤原釜足明石家さんま

Part2[編集]

1983年9月6日放送。主な企画は、「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングのパロディー「世界に広げよう友達の×(バツ)」、刑事ドラマのうそをリアルに描くとどうなるかを再現した「太陽に叫べ!」、露木茂に本音、皮肉がたっぷりこめられたニュース原稿を読ませる「本音ニュース」、たけしと石坂浩二の「本音と建前トーク」など。ゲストは石坂浩二桑名正博藤田弓子荻島真一加納竜小野進也藤木悠金井大桑山正一

Part3[編集]

1984年3月13日放送。主な企画は、「ザ・銀行強盗」「ホステスセミナー」「北千住まるごとHOWマッチ」「コメディアンになる為のギャグ講座『愛ある限り』」「たけしの新作漫談」など。「三浦さん当てクイズ」では、当時話題だったロス疑惑の三浦和義を、離婚が趣味という3人の「三浦さん(景山民夫)」の中から当てるという企画だった。ゲストは八名信夫近江俊郎高見知佳おすぎ夏木マリ風祭ゆき森川正太轟二郎森下愛子

Part4[編集]

1984年9月11日放送。主な企画は「ザ・刑事物語」「わくわく人間ランド」「動物対談・犬田ワン」[1]「実践講座結婚への扉」「すしマージャン」など。ゲストは大杉勝男川上麻衣子KINYA松本竜介福地泡介岡田可愛丹古母鬼馬二山本紀彦岡本佳織羽賀研二稲川淳二古舘伊知郎伊佐山ひろ子佐々木功

Part5[編集]

1985年3月12日放送。主な企画は、「実践浮気講座」「軍団ギャグ一本勝負」「15秒に1度笑えるドラマ」など。サブ司会は俵孝太郎。たけしの漫談は「ヤクザのケンカ」。ゲストは金井大、藤田弓子、宮脇康之石井めぐみ江幡高志関弘子、加納竜、小野進也、苅谷俊介草川祐馬剛達人田島令子八神康子

Part6[編集]

1985年10月29日放送。主な企画は、「ハードボイルドショートショート 奴を消せ!!」「熱闘ダジャレ野球」「入社試験マル秘必勝法」など。アナウンサーは逸見政孝、ゲストは田口計ほか。CSにおける再放送ではこの回は放映されていない

Part7[編集]

1986年3月11日放送。主な企画は、「怪人√20面相」「視聴率研究ドラマ「見ろ」つくし」「お見合いTVゲーム」「お夜食バンザイ」「興奮する快感ビデオ」など。サブ司会は幸田シャーミン。ゲストは仲谷昇地井武男渥美国泰久保菜穂子浅茅陽子佐野アツ子新田純一沢田和美、藤田弓子、松本明子ほか

Part8[編集]

1986年10月21日放送。主な企画は、「スーパーリアリズム会話 THE会議室」「権造ひとり旅」「私にも歴史あり」「犯人はこいつだ!!」「ワールド駄ジャレプロレス」「みんなのための科学」など。サブ司会は佐々木信也。ゲストは金井大、久保菜穂子、浅沼由紀子かわいのどか、仲谷昇、荻島真一、藤木悠、久保田篤松澤一之

Part9(タケちゃんの思わず休んでしまいました)[編集]

1987年10月6日放送。フライデー襲撃事件の謹慎が解けての放送。120分枠でたけし軍団と演じるミニコントを中心に構成された。新作のほか、以前放送された「ザ・銀行強盗」(Part3)、「ゴルゴ北野」(Part6)を"名作コント"として再び放映。ゲストは荻島真一、ストロング金剛、森川正太、白川和子睦五郎、江幡高志、浜田寅彦

出演[編集]

スタッフ[編集]

  • 企画構成:北野武
  • 構成:景山民夫高田文夫大岩賞介高橋秀樹加藤芳一、腰山一生、ふんころがし→ダンカン、大森うたえもん
  • 美術:鈴木武治
  • セットデザイン:山本修身
  • 美術進行:小野秀樹
  • 大道具:鈴木康之、東谷武文
  • 装飾:栗本誠治、三浦雅夫
  • 持道具:若林一也、松倉一郎
  • 衣裳:城戸政人、土田清
  • メイク:平山美恵子、佐々木睦子
  • かつら:牧野勇
  • 視覚効果:木原正
  • 電飾:吉留正雄
  • アクリル装飾:牛丸隆尋
  • タイトル:藤沢良昭
  • 技術:渡辺宏
  • TD:岩沢忠夫
  • カメラ:藤江雅和
  • 音声:杉山直樹
  • 映像:谷古宇利勝、岡野利丸
  • 照明:小宮俊彦、横山碩鋭
  • 音響効果:川嶋明則(OCBプロ)、小堀叡智
  • 編集:東洋現像所ビデオセンター→IMAGICA
  • EED:瓜田利昭、今井克彦、千頭和久
  • MA:植松巌
  • 振り付け:土居甫
  • ディレクター:三宅デタガリ恵介佐藤ゲーハー義和
  • プロデューサー:横澤オジン彪
  • 制作著作:フジテレビ

関連項目[編集]

  • 新浦壽夫 - 当番組は改編期前に放送されることが多く、予算を抑えたい時や特に企画が無い時に組まれる例えとして当時巨人ローテの谷間で投げていた彼の名を挙げていた。ローテーションの一角となったその後も「当時谷間の新浦も今ではエースになってしまい」と話題に挙げていた。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 後に『FNS27時間テレビ』内のコーナー『さんま・中居の今夜も眠れない』に2008年から「中継」と称して登場する「火薬田ドン」に派生した。

外部リンク[編集]