石井めぐみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いしい めぐみ
石井 めぐみ
本名 石井 葉子
生年月日 1958年10月18日(58歳)
出生地 日本の旗東京都調布市
血液型 A型
職業 女優・タレント
活動期間 1979年 - 現在
主な作品
バラエティ
オレたちひょうきん族
テレビドラマ
噂の刑事トミーとマツ
日本の旗 日本の政治家
石井めぐみ
いしいめぐみ
生年月日 1958年10月18日(58歳)
出生地 東京都調布市
前職 タレント
所属政党 無所属
公式サイト 石井めぐみ公式サイト

選挙区 東京都国立市議
当選回数 1回
在任期間 2015年4月26日 -
テンプレートを表示

石井 めぐみ(いしい めぐみ、1958年10月18日 - )は、日本女優政治家。本名は石井 葉子(いしい ようこ)。東京都調布市出身。所属事務所はワンダープロダクション

来歴・人物[編集]

1977年東京都立国立高等学校卒業。1979年早稲田大学教育学部に入学と同時に、少女マンガ研究会『早稲田おとめちっくクラブ』を仲間3人と共に立ち上げた。初代の副会長。さらに在学中に友人の自主製作映画に出演し、8ミリ映画の賞を受賞したことをきっかけに、1979年松竹映画『夜叉ヶ池』の木の芽峠の山椿(妖精)役で映画デビュー。続けて角川映画金田一耕助の冒険』に町娘役で出演。テレビドラマには1980年TBS系の『噂の刑事トミーとマツ』(第1シリーズ)の18話「花の芸者に恋したトミー」の芸者役でデビューし、同ドラマには21話から森村万里子婦警役でレギュラーで出演、自身の代表作となった。

ドラマの他にもフジテレビ系のバラエティ番組『オレたちひょうきん族』に1984年から出演して人気を得た。

25歳の時に1度目の結婚をするも4年で離婚。 1990年(34歳)、テレビ局のディレクターと男性と再婚。2児を儲ける。1996年脳性マヒを患った長男のことを記した『笑ってよ、ゆっぴい』を出版し、同年から1999年までフジテレビ系の単発のスペシャル枠で『ゆっぴいのばんそうこう』としてドキュメンタリーが放送されて話題になった。

1999年、長男が死去。2000年9月、42歳で離婚。次男は父親との生活を選び、親権は夫が取得した。

同2000年、東京・国立市に4LDK・7000万円のマンションを購入。

重度障害児の親の会「てんしのわ」の発起人及び代表の1人を務め、女優やタレント活動の傍ら、講演などの活動を行なっている。NHK教育テレビ『福祉ネットワーク』には準レギュラーで出演。また、国立市フィルムコミッションの委員も務める。

現在は、女性支援の会社「Women's Labo」を立ち上げ、事業の一環として「ラ・アンジェ南青山」を経営している。

2012年山梨県韮崎市の親善大使に就任。

2014年(56歳)、カメラマンとなり、履歴書用写真の撮影で成功する。

2015年4月26日、国立市議会議員に当選[1]。国立市議会議員としての月収は49万円で、年収700万円である。

趣味は人形集めで、2016年(57歳)現在、アニメでの町おこしを行っており、自ら17歳役の声優をしている。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティー・教養番組[編集]

他多数

その他・備考[編集]

映画[編集]

CM[編集]

  • 国鉄(いい日旅立ちキャンペーン)
  • 日清からあげ粉
  • NEC98ノート
  • アリエール(P&G)
  • 養命酒

写真集[編集]

  • 『石井めぐみ そっと』小学館、1982年(篠山紀信激写文庫シリーズの1冊)。

著書[編集]

  • 『笑ってよ、ゆっぴい』フジテレビ出版、1996年(ISBN4-594-02043-7、扶桑社文庫はISBN 4-594-02412-2)。

脚注[編集]

  1. ^ 女優の石井めぐみ氏が市議に当選 東京・国立市”. 西日本新聞 (2015年4月27日). 2016年10月16日閲覧。

外部リンク[編集]