藤木悠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ふじき ゆう
藤木 悠
藤木 悠
国際情報社『映画情報』第21巻2号(1956年)
本名 鈴木 悠蔵
生年月日 (1931-03-02) 1931年3月2日
没年月日 (2005-12-19) 2005年12月19日(74歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京府荏原郡荏原町(現・東京都品川区
死没地 日本の旗 日本 東京都中央区
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1954年 - 2005年
配偶者 あり
主な作品
映画
『イカサマ紳士録シリーズ』
ゴジラシリーズ
『サラリーマンシリーズ』
テレビドラマ
青春とはなんだ
アイフル大作戦
バーディー大作戦
ウルトラマンレオ
Gメン'75
柳生あばれ旅
テンプレートを表示

藤木 悠(ふじき ゆう[1][2]1931年3月2日[1][2] - 2005年12月19日)は、日本俳優東京府[1][2]荏原郡荏原町(現・東京都品川区)出身の大阪府[2]大阪市西成区育ち。身長180cm血液型A型。趣味・特技はフェンシング。本名は鈴木 悠蔵。

来歴・人物[編集]

大阪府立鳳高等学校同志社大学文学部卒業[3]。大学在学中の1951年、全日本フェンシング選手権大会男子エペ個人優勝[3]。後に映画『リオの若大将』では出演すると共にフェンシングシーンの監修もおこなった。

1953年東宝ニューフェイス第6期に合格[2]。同期に岡田眞澄宝田明佐原健二河内桃子らがいた[2]。翌年の映画『魔子恐るべし』でデビュー。『イカサマ紳士録』(1956年)の競馬予想屋役で注目され、「サラリーマンシリーズ」(1961年)で人気となり、共演した高島忠夫とは親友だった[3]。ほかには『隠し砦の三悪人』(1958年)、『小早川家の秋』(1961年)や『キングコング対ゴジラ』(1962年)、テレビドラマ青春とはなんだ』に出演し、1974年にフリー[3]。以後はテレビドラマを中心に活躍[1]

1972年日本テレビ東宝が制作する『太陽にほえろ!』へ「長さん」の役でレギュラー出演を打診されたが、後述する東映ドラマとの出演契約を交わしており、石原裕次郎との共演機会を逸し生涯に渡って後悔したとTBSテレビテレビ探偵団』にて吐露した。藤木の発言に際し太陽にほえろ!のプロデューサーであった岡田晋吉は「 (長さんを演じた) 下川辰平さんの名前は初期の段階から出ており藤木さんの勘違いではないか?」と答えている。だが太陽にほえろ!の企画書に仮題『明日に燃えろ!』と題し出演者も初期のレギュラーメンバーが羅列されているが下川の名前はなかった。東宝所属であった藤木は東宝スタッフから打診されたようだ。

TBSドラマ『アイフル大作戦』では主人公役の小川真由美に振り回される刑事をコミカルに、『バーディー大作戦』と『Gメン'75』では叩き上げのベテラン刑事を演じた。千葉真一主演時代劇柳生あばれ旅』(1980年)では相棒役の桜木健一と毎話絶妙な掛け合いを演じ[3]1980年代フジテレビの『火曜ワイドスペシャル』で放送された『タケちゃんの思わず笑ってしまいました』では、刑事ドラマをパロディにした「太陽に叫べ!」でニンニク刑事役を演じた。

『Gメン'75』に出演していた頃、「少し風邪を引いただけで弱気になって、死ぬ、死ぬと連呼する」と雑誌にエピソードを紹介される[要文献特定詳細情報]ほどだった一方で、仕事が好調だったこともあって毎日暴飲暴食と痛飲を繰り返し、「オレは不死身悠だ!」などと自分の名を洒落て豪語していた。が、それがたたり、のちに糖尿病を発症、末梢神経障害で足の指先を少しではあるが、切除することとなった。以後、妻の協力もあり、健康に気をつけ、自らの体験談から糖尿病に対する警告を促していた。

2005年12月19日午後7時55分、肺血栓塞栓症による多臓器不全により、74歳で死去[3]。この年公開された映画『北の零年』が遺作となった。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

演劇[編集]

  • 花吹雪 かしまし一座

吹き替え[編集]

著書・その他[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 研修生時代の出演[要出典]
  2. ^ ※欠番
    第115話「午前0時 女のミステリー」
    第158話「警官だけを殺せ!」
    第159話「刑事デカが銃殺される時」
    第161話「嘘つき警官」
    第162話「女子大生と警官の異常な関係」
    第163話「首のない女の人形」
    第176話「香港カラテ対GメンPART2」(後半)

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 東宝特撮映画全史 1983, p. 533, 「怪獣・SF映画俳優名鑑」
  2. ^ a b c d e f g 初代ゴジラ研究読本 2014, p. 106, 「オール初代ゴジラ 俳優大図鑑」
  3. ^ a b c d e f “ドラマ「Gメン75」などで活躍した藤木悠さん死去”. ZAKZAK. (2005年12月20日). オリジナルの2013年11月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131113041226/http://www.zakzak.co.jp/gei/2005_12/g2005122007.html 2013年11月13日閲覧。 
  4. ^ a b c d e 東宝特撮映画全史 1983, pp. 536–537, 「主要特撮作品配役リスト」

参考文献[編集]

  • 『東宝特撮映画全史』監修 田中友幸東宝出版事業室、1983年12月10日。ISBN 4-924609-00-5 
  • 『別冊映画秘宝 初代ゴジラ研究読本』洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2014年8月24日。ISBN 978-4-8003-0452-0 

外部リンク[編集]