藤木悠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ふじき ゆう
藤木 悠
本名 鈴木 悠蔵(すずき ゆうぞう)
生年月日 (1931-03-02) 1931年3月2日
没年月日 (2005-12-19) 2005年12月19日(74歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京府荏原郡荏原町(現・東京都品川区
死没地 日本の旗 日本 東京都中央区
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1954年 - 2005年
配偶者 あり
主な作品
映画
イカサマ紳士録シリーズ
ゴジラシリーズ
サラリーマンシリーズ
テレビドラマ
青春とはなんだ』/『アイフル大作戦
バーディー大作戦』/『ウルトラマンレオ
Gメン'75』/『柳生あばれ旅

藤木 悠(ふじき ゆう、1931年3月2日 - 2005年12月19日)は、日本俳優東京府荏原郡荏原町(現・東京都品川区)出身の大阪府大阪市西成区育ち。身長180cm血液型A型。趣味・特技はフェンシング。本名は鈴木 悠蔵(すずき ゆうぞう)。

来歴・人物[編集]

大阪府立鳳高等学校同志社大学文学部卒業[1]。大学在学中の1951年、全日本フェンシング選手権大会男子エペ個人優勝[1]。後に映画『リオの若大将』では出演すると共にフェンシングシーンの監修もおこなった。1953年東宝ニューフェイス第6期に合格、同期に岡田眞澄宝田明佐原健二河内桃子がいた。翌年の映画『魔子恐るべし』でデビュー。『イカサマ紳士録』(1956年)の競馬予想屋役で注目され、『サラリーマンシリーズ』(1961年)で人気となり、共演した高島忠夫とは親友だった[1]。ほかには『隠し砦の三悪人』(1958年)、『小早川家の秋』(1961年)や『キングコング対ゴジラ』(1962年)、テレビドラマ青春とはなんだ』に出演し、1974年にフリー[1]

テレビドラマ『アイフル大作戦』では主人公役の小川真由美に振り回される刑事をコミカルに、『バーディー大作戦』と『Gメン'75』では叩き上げのベテラン刑事を演じた。千葉真一主演時代劇柳生あばれ旅』(1980年)では相棒役の桜木健一と毎話絶妙な掛け合いを演じ[1]1980年代フジテレビ火曜ワイドスペシャルで放送された『タケちゃんの思わず笑ってしまいました』では、刑事ドラマをパロディにした「太陽に叫べ!」でニンニク刑事役を演じた。

『Gメン'75』に出演していた頃、「少し風邪を引いただけで弱気になって、死ぬ、死ぬと連呼する」と雑誌にエピソードを紹介されるほどだった一方で、仕事が好調だったこともあって毎日暴飲暴食と痛飲を繰り返し、「オレは不死身悠だ!」などと自分の名を洒落て豪語していた(「あの頃はころころに肥っちゃってたんだよね」と晩年に述懐している)。が、それがたたり、のちに糖尿病を発症、末梢神経障害で足の指先を少しではあるが、切除することとなった。以後、妻の協力もあり、健康に気をつけ、自らの体験談から糖尿病に対する警告を促していた。

2005年12月19日、肺血栓塞栓症による多臓器不全により、74歳で死去[1]。この年公開された映画『北の零年』が遺作となった。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

演劇[編集]

  • 花吹雪 かしまし一座

吹き替え[編集]

著書・その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f ドラマ「Gメン75」などで活躍した藤木悠さん死去」、『ZAKZAK』、夕刊フジ2005年12月20日2013年11月13日閲覧。