続サラリーマン忠臣蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
続サラリーマン忠臣蔵
監督 杉江敏男
脚本 笠原良三
原案 井原康男(井手俊郎笠原良三戸板康二田波靖男
製作 藤本真澄
出演者 森繁久彌
加東大介
小林桂樹
三船敏郎
東野英治郎
音楽 神津善行
撮影 完倉泰一
配給 東宝
公開 日本の旗 1961年2月25日
上映時間 110分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 サラリーマン忠臣蔵
次作 社長道中記
テンプレートを表示

続サラリーマン忠臣蔵』(ぞくサラリーマンちゅうしんぐら)は、1961年2月25日東宝系で公開された日本映画である。カラー。東宝スコープ

概要[編集]

東宝サラリーマン映画100本記念映画』と銘打って製作された『サラリーマン忠臣蔵』の続編にして、『社長シリーズ』第9作。

本作は、前作ラストで吉良に辞表を叩き付けた大石らが、新たに「大石商事」を設立し、赤穂産業との株主総会で勝利するまでを描く。また本作では、森繁が社長、加東が専務、寺岡が課長と、本来の役割に戻っている。

なお冒頭では、森繁の解説による前作のあらすじが行われているが、これは『社長シリーズ』では唯一である。

ストーリー[編集]

貸しビルの一角を借りて「大石商事」が発足、やがて旧浅野派が次々と赤穂産業から転職、元エレベーターガールの「ヤスベエ」こと堀部安子も入り、その数は47名となった。早速大石社長はアーマン商会の特許を売り込もうと、天野化学の肥後専務を才子のクラブに接待するが、中々進展しない。更にそのクラブに、寺岡課長の妹・軽子が働いていたので驚く。というのも、赤穂産業退社後に夫で元秘書・早野寛平と共に暮らしていた所、かつての常務で赤穂産業の専務となっていた大野久兵衛の息子・定五郎に襲われ、寛平がはずみで定五郎の所持していた銃を撃ったため殺人未遂で逮捕され、この有様だという。

商談は成立せず給料も払えないピンチになった大石は、自宅を売って給料にすると、寺岡の家に下宿。一方息子の力は、大野の娘・小奈美との恋に吉良の妨害が入って大弱り、その上吉良は色々な所で妨害して大石商事は大ピンチ。事を知った寺岡も、軽子に肥後の言う事を聞く様に頼むが失敗、こうなったら最後の手段、大石と寺岡は直接天野化学社長・天野義平に談判、ところが意外にも、あっさり契約を取り交わした。それもそのはず、肥後は吉良の秘書・伴内に買収されていたのだ。かくて、大石商事の株は急上昇した。

そして12月14日、大石は全社員を「山科」に集め、皆に株券を渡し、赤穂産業の株主総会に乗り込むことを発表した。そして総会当日。総会は大荒れに荒れ、吉良社長の退陣要求も株の総額が足りず却下されそうになる。その時、寺岡が才子から渡された株の委任状を出した。これで一発逆転、更に吉良も持病の心臓発作で倒れた。

そして大石商事と赤穂産業は合併し、新社長は浅野の親友で若狭金属の社長である桃井が就任、大石は専務に戻った。更に早野も疑いが晴れ秘書に復帰、その上寺岡も才子と結婚することになった。かくて赤穂産業ビルの屋上で開かれた祝賀会は、盛大に行われた。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

エピソード[編集]

  • 2009年12月31日、同年11月10日に逝去した森繁久彌を偲んで、本作がテレビ東京の年末特番『大みそかシネマスペシャル』の一環として、15:00 - 16:55(JST)で放送、スタジオパートでは劇伴の神津善行や軽子役の司葉子らが出演し、当時を振り返った。
  • なお、前作は放送しなかったが、「あらすじ」は放送、その場面では、出演者と役名のテロップが添えられた(一部を除き)。
テレビ東京 大みそかシネマスペシャル
前番組 番組名 次番組
続サラリーマン忠臣蔵
(2009年)

同時上映[編集]

背広三四郎 男は度胸

参考文献[編集]