昭和ひとけた社長対ふたけた社員 月月火水木金金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
昭和ひとけた社長対ふたけた社員 月月火水木金金
監督 石田勝心
脚本 笠原良三
製作 藤本真澄
五明忠人
出演者 小林桂樹
酒井和歌子
加東大介
藤岡琢也
黒沢年雄
東野英治郎
音楽 真鍋理一郎
撮影 志賀邦一
編集 小川信夫
配給 東宝
公開 日本の旗 1971年10月30日
上映時間 86分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 昭和ひとけた社長対ふたけた社員
テンプレートを表示

昭和ひとけた社長対ふたけた社員 月月火水木金金』(しょうわひとけたしゃちょうたいしょうわふたけたしゃいん げつげつかすいもくきんきん)は、1971年(昭和46年)10月30日東宝系で公開された日本映画。カラー。シネマスコープ。

概要[編集]

社長シリーズ』の小林桂樹版の続編。昭和元年生まれの奈良田(小林)が明治生まれの高松会長(東野英治郎)のもと社長として昭和ふたけた世代の若手社員たちとぶつかりながらも奮闘していく姿を描く続編。本作を持って東宝サラリーマン喜劇は終焉を迎えた。さらに前後して、同年1月公開の『若大将対青大将』(監督:岩内克己)をもって『若大将シリーズ』が終結、そして同年12月公開の『日本一のショック男』をもってクレージー映画も終結し、既に1969年(昭和44年)に終結した『駅前シリーズ』を含めて、東宝4大喜劇シリーズが総崩れとなった。

主演の小林桂樹の著書『役者六十年』によると、翌年の1972年(昭和47年)にも社長シリーズ作品を公開する計画があったという。

スタッフ[編集]

出演者[編集]

同時上映[編集]

出所祝い