夏木陽介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なつき ようすけ
夏木 陽介
本名 阿久沢 有(たもつ)
生年月日 (1936-02-27) 1936年2月27日(81歳)
出生地 日本の旗東京府八王子市
血液型 A型
ジャンル 俳優、ラリードライバー
活動期間 1958年 - 現在
活動内容 映画、テレビドラマ
配偶者 なし
主な作品
映画
ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐』(1960年 松林宗恵
秋立ちぬ』(1960年 成瀬巳喜男
用心棒』(1961年 黒澤明
どぶ鼠作戦』(1962年 岡本喜八
なつかしき笛や太鼓』(1967年 木下惠介
ジェラシー・ゲーム』(1982年 東陽一
テレビドラマ
青春とはなんだ』(1965年-66年 日本テレビ)
Gメン'75』(1975年-79年 TBS)
スシ王子!』(2007年 テレビ朝日)

夏木 陽介(なつき ようすけ、1936年(昭和11年)2月27日 - )は、日本の俳優、ラリードライバー。本名:阿久沢 有(たもつ)。株式会社夏木プロダクション代表取締役社長(2014年まで)、オフィス夏木(2015年から)所属。独身。

来歴・人物[編集]

東京府八王子市出身。桜美林高等学校を卒業、1954年明治大学経営学部に入学。同級生だったホキ徳田の祖母の家に画家の中原淳一が寄宿していたことが縁で中原が編集者を務めていたひまわり社を見学した際、中原が発行する雑誌「ジュニアそれいゆ」のモデルにスカウトされ、1958年、大学卒業と同時に東宝へ入社[1]。この時、中原の命名によって「夏木陽介」の芸名を受け[1]、数日後には『美女と液体人間』で映画デビューを飾る[2]。同期には桐野洋雄小川安三がいる。当初、会社からは佐藤允・夏木・瀬木俊一の3人組で「スリーガイズ」と売り出されたが、瀬木が引退したために自然消滅した。また夏木本人もデビューからしばらくは「何かあったら辞めてやる」と軽い気持ちで役者をやっていたという。しかし東宝の俳優養成所では講師役の小杉義男に対して一歩も引かなかったり、東宝撮影所の地主の息子だった守衛の態度に憤慨して撮影所の門の鎖をバイクで引きちぎったりと、他人に物怖じしない行動が畏敬の念を集めることとなり、東宝の社風も重なって、いじめられることはなかったという。

同年、石原慎太郎が監督した『若い獣』に出演。続いて熊谷久虎監督の最後の作品となった『密告者は誰だ』で早くも主演を飾り[1]、『狐と狸』で新人賞を得る。『ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐』で役者としての気持ちが固まった後は、黒澤明監督の『用心棒』や稲垣浩監督の『野盗風の中を走る』などの作品で順調に出演を重ねていく。特に東宝の助監督が一本立ちして監督となる出世作のほとんどに主役として出演する。爽やかさと野性味を兼ね備えた二枚目として、現代アクション、戦争映画、時代劇、怪獣映画、青春映画、サラリーマン物、文芸映画、コメディと東宝がカバーする多彩な領域にくまなく対応した。しかし映画界が斜陽化の一途をたどり始める1964年頃より、徐々に俳優業への情熱が冷めてきて、房総半島に作るレジャーランド計画(行川アイランド)に幹部待遇で迎えられ参画するなど、ビジネスへと関心が傾いてゆく[3]

そんな折にテレビ映画の出演が持ちかけられた。ビジネス優先を考え固辞していたが、東宝の助監督であった松森健がこの作品で監督デビューすることなど、親しいスタッフの三顧の礼もあり、出演を引き受けた。それが1965年に放送開始された日本テレビの青春ドラマ『青春とはなんだ』の主演教師・野々村健介役であった。後に様々なバリエーションで作られる学園ドラマの魁となったこの作品は高視聴率を誇り、一気にお茶の間での知名度を上げることとなる。翌年にはこれにあやかって作られた主演映画『これが青春だ!』も大ヒットし、しばらくは同様の設定の話題作に次々と主演し、人気を博する。

1973年三船敏郎より「力を貸して欲しい、俳優が必要なんだ。」との誘いを受け[4]竜雷太と共に三船プロダクションに移り[1]、テレビドラマに活躍の場を移し、『荒野の用心棒』、『Gメン'75』、『江戸の激斗』などの人気ドラマに出演し、引き続きお茶の間で親しまれる存在となる。映画でも『ゴジラ』(1984年版)や『海へ 〜See you〜』などの話題作に出演した。

1982年に三船プロダクションを退社後は個人事務所「夏木プロダクション」で活動し[1]、自身の活動の傍ら、賀来千香子西村和彦志村東吾小沢仁志小沢和義ら多数の後進を育てた。その後はラリー参戦のため、俳優としての仕事のオファーを断ることが多かった[5]

自動車好きとして有名で、メルセデス・ベンツ・300SLを所有するなど免許を取得してから当時の高級車・スーパーカーを中心に数百台は乗り換えていると語っている。現在の愛車はジャガー・SS100ジャガー・Eタイプ2台、レクサス・SC430ローバー・ミニなど。またラリードライバーとしても活躍しており、1985年1986年にドライバーとしてダカール・ラリーに出場。その後1987年から1993年までは「チーム三菱シチズン夏木」の監督として篠塚建次郎増岡浩らを出場させた。

2009年7月、軽度の脳梗塞が見つかり、約1週間の入院治療を受ける。また2010年3月には、1984年頃から患っていた胆石の経過観察のため検査を受けたところ、左腎臓に悪性腫瘍が見つかり、5月14日に摘出手術を受けている[6]

2014年、自身の高齢を理由として夏木プロダクションを営業終了・解散させる。2015年現在、再び自身の個人事務所「オフィス夏木」を作って活動中。

エピソード[編集]

  • Gメン'75』の出演交渉でプロデューサーの近藤照男から「次の作品がまた失敗に終われば、プロデューサーの地位を失うかもしれない、力を貸して欲しい。」と言われ『Gメン'75』に出演した[7]。また出演に際し、3話に1話の割合での出演にして欲しいと条件を出した[8]
  • 『Gメン'75』のニューカレドニアでのロケの際、プロデューサーの近藤と中華を食べに行き、夏木が先に支払いを済ませた。しかしプロデューサーの近藤はプロデューサーという立場の自分が支払いを、と考えていたため口論となり、夏木が「気に入らないなら降板する。」と言い降板となった。近藤からは降板のエピソードを作らせて欲しいと打診されたが、夏木がこれを固辞したため、突如番組から姿を消すこととなった[9]。夏木は『Gメン'75』は自分にとって大切な作品であったので、もしそのようなことが起きなければ、その後も長く出演していたであろうとしている[10]。また自身が出演しなかった回はあまり視聴していなかったとしている[11]
  • 三船プロの忘年会などで顔を合わせた、フランスの俳優アラン・ドロンとは同世代であったので、意気投合した[12]
  • 日活の俳優赤木圭一郎とは交流があった。赤木が日活のアクションではなく東宝の文芸作品に出演したいと話していたこと、また赤木が死亡した日、赤木の所へ行く前に自分の所に同じカートが持ち込まれ、興味は有ったが、撮影が開始となったため、業者が赤木の所へ行き、そのカートを試乗した赤木が事故死したが、「もしその時、自分が試乗か購入していれば……」と話し、もしその後も赤木が生きていたら、とても良い友人になれただろうと回想している[13]
  • 結婚歴はなく、現在も独身である。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

その他[編集]

ほか多数

CM[編集]

DVD[編集]

著書[編集]

  • 『好き勝手 夏木陽介 スタアの時代』 轟夕起夫編著、講談社、2010年
  • 『アソビ半生記 夏木陽介的極楽メモランダム』 近代映画社、1991年
  • 『男がひとりでいる理由』 講談社、1988年
  • 『サハラ 夏木陽介 '85パリ―ダカールラリー奮戦記』 講談社、1985年

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 日本映画人名事典 P.341 1996年度版
  2. ^ 『ゴジラとともに東宝特撮VIPインタビュー集』 別冊映画秘宝編集部 編、洋泉社〈映画秘宝COLLECTION〉、2016年、84頁。ISBN 978-4800310507
  3. ^ 轟夕起夫(編著) 『好き勝手 夏木陽介 スタアの時代』 講談社2010年、201頁。ISBN 978-4062165112
  4. ^ 轟夕起夫 2010, p. 273
  5. ^ 轟夕起夫 2010, 末巻
  6. ^ “夏木陽介がん告白 左腎臓摘出を「徹子の部屋」で明らかに”. zakzak. (2010年9月24日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20100924/enn1009241248005-n1.htm 2014年9月20日閲覧。 
  7. ^ 轟夕起夫 2010, p. 282
  8. ^ 轟夕起夫 2010, p. 284
  9. ^ 轟夕起夫 2010, pp. 302-303
  10. ^ 轟夕起夫 2010, p. 304
  11. ^ 轟夕起夫 2010, p. 287
  12. ^ 轟夕起夫 2010, p. 281
  13. ^ 轟夕起夫 2010, p. 125
  14. ^ らいおんたまりん (2008年7月25日). “怪獣好きは涙なしに笑えない!? ツボを押さえた怪獣バカ映画『ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発』”. マイナビニュース. マイナビ. 2016年9月7日閲覧。

外部リンク[編集]