続・社長行状記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
続・社長行状記
監督 松林宗恵
脚本 笠原良三
製作 藤本真澄
出演者 森繁久彌
加東大介
小林桂樹
三木のり平
フランキー堺
音楽 山本直純
撮影 鈴木斌
編集 岩下広一
配給 東宝
公開 日本の旗 1966年2月25日
上映時間 90分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 社長行状記
次作 社長千一夜
テンプレートを表示

続・社長行状記』(ぞく しゃちょうぎょうじょうき)は、1966年2月25日東宝系で公開された日本映画。カラー。東宝スコープ

概要[編集]

社長シリーズ』第25作。 前作でフランスのチオール商会との技術提携で不況の既製服業界を無事乗り切った桑原サンライズ。本作では、好調時こそ現状に甘えず売り上げ増進のために栗原社長は、石川県金沢市に赴くが、そこで昔の恋人に似た女性と遭遇し、またも浮気の虫が出てしまうという設定。

ストーリー[編集]

桑原サンライズ社長の彌一郎は、益々社運を発展させるべくフランスのチオール商会とさらなる提携で安くて魅力ある婦人既製服の販売を打診するが、チオール商会日本支配人・安中は、安くても品質を落としてはチオールのためにならないとなかなか首を縦に振らない。北陸の安価で生地がいいという福井レイヨンに行き品質、染色の仕上がりをみて契約するか決めたいという。かくして一行は、北陸の旅へ赴くことになる。しかし、安中の女性という女性を口説きまくるという性質の男で、秘書課長の小島の女房にもちょっかいを出す始末。ついに小島の堪忍袋が切れて安中と大喧嘩になる。金沢で旧四高時代の恋人によく似た若い女性とのアバンチュールを期待していた彌一郎の目論見はなくなるばかりか社運にも関わる一大事に慌てふためくのだった。

スタッフ[編集]

出演者[編集]

ロケ地[編集]

同時上映[編集]

大菩薩峠

参考文献[編集]

  • 「演技者 小林桂樹の全仕事」(ワイズ出版) 424頁 1996年

外部リンク[編集]