戦艦大和 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

戦艦大和』(せんかんやまと)は、1953年6月15日に公開された、新東宝製作・配給による戦争映画である。

概要[編集]

日本映画で初めて戦艦大和を題材とした作品[1]。原作は吉田満の『戦艦大和ノ最期』。教導として戦艦大和の元副長であった能村次郎が参加している。

大和の造形物は製作費200万円をかけた本編セットや、1/44と1/70の二種類のミニチュアが用意され、新東宝発足以来初めて大規模な特撮となった[1]

配給収入は1億3601万円[2]

あらすじ[編集]

天一号作戦における戦艦大和とその乗員たちの悲劇を描いた作品。 昭和20年4月、軍令部は連合艦隊で残った戦艦大和を沖縄に出撃させる「水上特攻」を第二艦隊に命令した。大和乗組員は、様々な思いが交錯するなかで三田尻沖での最後の夜を過ごす。4月7日午後、大和は沖縄に向けて出撃するが、早くも米潜水艦は大和を発見、平文で報告する。大和は偽装のため進路を鹿児島県南方海上を西にとるが、米航空機部隊は8日正午過ぎから曇り空のなか大和に襲いかかる…。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

ほか

映像ソフト[編集]

  • 2000年8月25日に発売イマジカ・販売エスモックよりDVDが発売された[3]

同一作戦を題材にした作品[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 『日本特撮・幻想映画全集』 勁文社1997年、47頁。ISBN 4766927060 
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)104頁
  3. ^ 「2000TV・映画 特撮DVD・LD・ビデオ&CD」『宇宙船YEAR BOOK 2001』 朝日ソノラマ〈宇宙船別冊〉、2001年4月30日、67頁。雑誌コード:01844-04。