三橋達也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みはし たつや
三橋 達也
三橋 達也
1954年
生年月日 (1923-11-02) 1923年11月2日
没年月日 (2004-05-15) 2004年5月15日(80歳没)
出生地 東京都中央区
職業 俳優
配偶者 安西郷子
著名な家族 三橋忠央(次男)
主な作品
テレビドラマ
西村京太郎トラベルミステリー』(初代)
まんてん
映画
ビルマの竪琴
悪い奴ほどよく眠る
天国と地獄
女の中にいる他人
Dolls

三橋 達也(みはし たつや、1923年11月2日 - 2004年5月15日)は、日本の俳優である。東京都中央区出身。妻は安西郷子、次男は三橋忠央

来歴[編集]

父が木版彫刻家だった関係から、1942年に多摩帝國美術學校に入ったが、戦時中で満足な授業が無く、1年後に中退する。1943年、最初は舞台美術家を志し、舞台美術担当で新劇グループ新制舞台に入団、しかし俳優になるよう人からすすめられ、劇団を転々と渡り歩いたのち、1944年水の江瀧子主催の劇団たんぽぽに入り、映画にもエキストラとして出演していた。そんな中、軍隊に召集されて、シベリア抑留を経て、1947年に復員した。

しばらくは短編映画のプロデューサーや俳優などをして、1948年に大泉撮影所(現、東映東京撮影所)に入社する。大部屋俳優だったが、『執行猶予』などに端役として出演しているうちに、カメラマンの藤井静の推薦で佐分利信監督の松竹映画『あゝ青春』に主演の不良学生役で出演、この映画では照明助手出身の大木実や新人の南川直もデビューしたが、脚本の猪俣勝人はこの時の三橋の自然体な演技、試写会でのウィットにとんだスピーチから、将来大物になるに違いないと確信したという。

マネージャーとなった中野英治の口利きで大映新東宝の映画に出演したのち[1][2][3]、松竹専属となりホームドラマ・タッチの青春映画に数多く出演する。

1954年日活に移籍、同じ移籍組の川島雄三監督の映画『愛のお荷物』では抜群のコメディーセンスを披露。続いて同じ移籍組の市川崑監督の『青春怪談』『こころ』に出演、主演スターの地位を確立した。特に川島雄三作品には『愛のお荷物』以降、『あした来る人』『銀座二十四帖』『風船』『洲崎パラダイス赤信号』と多く起用されて最多出演俳優となった。ちなみに川島の代表作となった『幕末太陽傳』では本来、石原裕次郎が扮した高杉晋作を演じる予定だったが、三橋の方から断ったという。『愛情の系譜』『あした来る人』『飢える魂』『月蝕』『慕情の人』など恋愛映画にも数多く出演し、日本の俳優では稀有なダンディーで甘い二枚目の魅力を存分に発揮した。また喜劇や文芸物のみならず、凄みを利かせた演技でアクション映画でも活躍。

1958年に緊縮財政を打ち出してギャラ・ダウンに踏み切った日活の上層部と対立して日活を退社し、東京映画に移籍。同年、中野英治と手を切り藤本真澄に誘われ東宝へ入社[4]。それまでの恋愛映画、アクション映画のみならず社会派ドラマにも出演。

黒澤明には1960年の『悪い奴ほどよく眠る』や『天国と地獄』に起用された。

女の中にいる他人』では友人に妻を寝取られ殺されてもなおも許すという難役を演じ、毎日映画コンクール助演男優賞を受賞。

日本初の本格的スパイアクション映画「国際秘密警察シリーズ」は4年間で5本が製作され、カルト的な人気を博す。

趣味のクレー射撃では芸能界一の腕前を誇り、日本クレー射撃協会の理事も務めていた。また、芸能人の射撃マニアで結成されていた『芸能文化人ガンクラブ』理事長を長く務めていた。

戦争中にシベリア抑留経験があったことから、ヨーロッパに行く時は決してロシア上空を通過するヨーロッパ便には乗らず、迂回してロシアとは逆方向のアメリカ西海岸経由で行ったらしい。

西村京太郎トラベルミステリー』シリーズでは、主役の十津川省三役を長らく務めた(1999年に降板し、高橋英樹が引き継いだ)。

2004年5月15日、急性心筋梗塞のため死去。80歳没。

紀里谷和明監督作品の映画『CASSHERN』が遺作となった。

容姿が似ていることから「和製ケーリー・グラント」と呼ばれた。

受賞歴[編集]

出演[編集]

映画『洲崎パラダイス赤信号』(ポスター)での三橋達也(中央)

映画[編集]

1950年代
1960年代
1970年代以降

テレビドラマ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

司会番組
レギュラー番組

CM[編集]

[編集]

  1. ^ 三橋達也氏インタビュー 23 日活から東京映画へ (1)”. カワシマクラブ. 2002年7月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月10日閲覧。
  2. ^ 三橋達也氏インタビュー 27 東京映画時代 (2)”. カワシマクラブ. 2002年7月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月10日閲覧。
  3. ^ 三橋達也氏インタビュー 29 川島さんが意識した監督”. カワシマクラブ. 2002年7月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月10日閲覧。
  4. ^ 三橋達也氏インタビュー 26 東京映画時代 (1)”. カワシマクラブ. 2002年7月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月10日閲覧。
  5. ^ 日本代表に前田さん ミス・ユニバース『中日新聞』1972年3月25日社会面・テレビ欄

関連書籍[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]