ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゲゾラ・ガニメ・カメーバ
決戦! 南海の大怪獣
Space Amoeba
監督 本多猪四郎(本編)
有川貞昌(特撮)
脚本 小川英
製作 田中友幸
田中文雄
出演者 久保明
高橋厚子
小林夕岐子
佐原健二
土屋嘉男
音楽 伊福部昭
撮影 完倉泰一(本編)
富岡素敬(特撮)
真野田陽一(特撮)
編集 永見正久
配給 東宝
公開 日本の旗 1970年8月1日
上映時間 84分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦! 南海の大怪獣』(ゲゾラ ガニメ カメーバ けっせんなんかいのだいかいじゅう)は、1970年8月1日に夏休み東宝チャンピオンまつりの1本として公開された東宝製作の特撮映画作品。カラー、シネマスコープ。上映時間は84分。

概要[編集]

特技監督円谷英二が死去してから公開された初めての東宝の特撮作品で、特撮パートは円谷の愛弟子だった有川貞昌がメガホンを取った。検討用台本の作成時点で病気療養中であった円谷は参加意欲を見せていたため、台本には特技監修の肩書きで記載されており、ポスターなどもこれに準じたものが作られている[1]。クランクイン直後の1970年1月25日には円谷が死去し[1]、告別式には撮影を中断して参加したスタッフが、おやじ(円谷英二)への恩返しと円谷特撮技術の総決算を誓った。

原案は1966年にアメリカとの合作用に書かれた検討用脚本の1つ『怪獣大襲撃』であり、1969年に発表された製作ラインナップにもこのタイトルで記載されている[1]

当初、ヒロイン役には高橋紀子が予定されていたが、結婚して出られなくなったため、高橋厚子に交代した。高橋厚子は、本作への出演直後にTBSのテレビドラマ『アテンションプリーズ』のレギュラーに抜擢されるが、教官役の佐原健二とは先に本作で共演していたことになる。

「ゲゾラ」、「ガニメ」、「カメーバ」のネーミングは、助監督の谷精次によるもの。劇中では、セルジオ島の島民が付けた名前という設定になっている。

DVDは2005年6月24日に発売され、オーディオコメンタリーは製作の田中文雄が務めた。

あらすじ[編集]

無人ロケット・ヘリオス7号を襲った宇宙生物は、それに取り付いて南洋の孤島セルジオ島に飛来し、地球の生物に寄生して怪獣化させた。そこに訪れた日本のカメラマン、生物学者達は島民達と共にそれらの怪獣達と戦うのだった。

登場怪獣[編集]

宇宙生物[編集]

無人宇宙船ヘリオス7号に付着して地球に飛来した液状生命体。高度な進化の末に肉体を失った種族とされ、宇宙アメーバとも呼ばれる。他の生物に取りついて巨大怪獣化させる能力を持つ。高い知性を有し、人間に取りつくことでその人間の肉体を支配、その人間を介して会話することも可能である。長い放浪の末に地球にたどり着き、地球の侵略を企むようになった。

コウモリイルカが発する超音波が弱点であり、これを受けると精神が破壊され混乱を来してしまう(ガニメとカメーバはこれで同士討ちに陥る)。そのため、取り付いた小畑を使って島中のコウモリを焼き殺そうとするが、小畑の抵抗に遭って失敗する。最後は取り付いていたガニメとカメーバが交戦の果てに島の火山へ落下し、小畑に取り付いていたものも彼の火口への投身によって全滅する。

輸出時にはこの生物が憑依した三大怪獣を総称する、ヨグという名称がつけられた。

不定形のアメーバ形態のため、アニメーション作画合成で表現された。

大いか怪獣 ゲゾラ[編集]

宇宙生物がカミナリイカ(モンゴウイカ)に憑依して誕生した怪獣。名前だけはセルジオ島民に海の怪物の伝承として伝わっており、それが名前の由来となっている。体温は0度であり、触れた物を凍らせるが、その反面、超音波だけでなく熱にも極端に弱い。太郎たちが島に乗り込んでから幾度に渡って人間に襲いかかるが、島民たちの村を襲撃した際に松明を嫌ったことから熱に弱いことが発覚する。そして進路上に撒かれたガソリンによる火柱で致命傷を負い、海に逃げ込んだところで死亡する。

スチル写真やオープニング画面等ではガニメやカメーバと戦っているが、劇中ではこの2匹とは交戦せずに死んでいる。

  • 体長:30メートル
  • 体重:2万5千トン

造形は利光貞三、八木康栄による。スーツアクター中島春雄。甲の部分と脚の部分とセパレートになっており、脚だけ写るシーンは上部分を被らず演じている。実物大の触手も制作され、ピアノ線による操演で効果的に使われた[1]

「ゲゾラ」のネーミングは、谷精次によると「ゲソ」から。

ファミリーコンピュータ用ゲーム『ゴジラ』ではX星人の操る怪獣軍団の1匹という設定で登場し、1面から最終面にかけてボスキャラクターとして出現する。ゴジラ以上の巨体を持つうえ、常に触手で飛び跳ねながら行動する。攻撃手段は触腕による打撃のみ。時折、プレイヤーが操る怪獣を画面端に追い詰めて封殺してくるが、ダメージは無い。

ゴジラ FINAL WARS』(2004年)ではライブフィルムで登場する。

大蟹怪獣 ガニメ[編集]

ゲゾラから分離した宇宙生物がカルイシガニに憑依して誕生した怪獣。ゲゾラと違って全身を固い甲殻で覆われており、銃火器類の攻撃が一切通用しない。工藤とアヤ子を執拗に追撃した末に誤って崖から転落して動けなくなり、最後は太郎の機転で近くにあった弾薬庫の爆破に巻き込まれて倒される。しかし、宇宙生物が別のカルイシガニに取りついた2体目が登場、小畑に取り付いた群体の指示で太郎らを襲おうと再度上陸した所を小畑が開放したコウモリの超音波を浴びて凶暴化、仲間であるはずのカメーバと戦う。

  • 体長:20メートル
  • 体重:1万2千トン

特技監督の有川貞昌は、このガニメの口の部分の気持ち悪さや泡のギミックに特にこだわったとコメントしている。「ガニメ」のネーミングは、谷精次によると「ガニ(食用にならないカニ)」+「ニャロメ」から。

造形は安丸信行、八木康栄による。スーツアクターはゲゾラ同様、中島春雄。口から泡を吹く仕掛けが組み込まれ、左右の顎、眼球がリモコンで動く。全身の毛は麻を使用した。実物大のハサミも制作され、効果的に使われた。

ゲーム『ゴジラトレーディングバトル』ではゴジラと共演し、本作の怪獣で唯一オープニングにも出演している。

大亀怪獣 カメーバ[編集]

登場メカニック[編集]

ヘリオス7号
国連宇宙局が打ち上げた木星探査を目的としたロケット。無人のカプセルを搭載しており、資料を採取して約3年後に地球へ帰還する予定であった。しかし、打ち上げから約4か月後に消息を絶ったカプセルは謎の宇宙生物に制御系を乗っ取られ、そのまま地球に帰還してセルジオ島近海へ落下し、3種類の怪獣を出現させる要因となる。
冒頭の打ち上げシーンで用いられたミニチュアはパースモデルで、発射台は斜めに組み立てられている。ロケットやカプセル部分のデザインは、アポロ計画で用いられたアポロ司令・機械船の影響がみられる[注 1]
カプセル部分のミニチュアは、特撮テレビ番組『流星人間ゾーン』で、城模型店の商品棚に陳列されている。

登場人物[編集]

工藤 太郎
好奇心旺盛で血気盛んなフリーカメラマン。取材旅行の帰途、セルジオ島の上空でヘリオス7号の墜落を目撃し、真相究明と怪物伝説の謎を追うべく、セルジオ島開発調査に宣伝カメラマンとして同行する。
星野 アヤ子
セルジオ島の観光開発を進めるアジア開拓の宣伝部員。現地調査に赴いたセルジオ島で、怪獣たちの壮絶な死闘に遭遇する。
サキ
セルジオ島の現地住民女性。日本人に対しては好意的。
宮 恭一
アジア開拓のセルジオ島生態観察顧問。生物学の権威であり、工藤とは取材を通じて親交がある。自らの礎を築いた現代科学の限界に絶望感をおぼえつつ、怪獣たちの撃退方法を模索する。
小畑 誠
風俗研究家を名乗って工藤たちに接近するが、その正体はアジア開拓のライバル企業に雇われた産業スパイ。怪物伝説を迷信と一蹴し、事件を島民による自作自演だと吹聴したり、抜け駆けで島からの逃走を目論むなど、性格は軽薄で利己主義的。しかし、そんな男の心の片隅に残っていた一縷の誇りと良心が、最後に人類の危機を救うこととなる。
脚本の初稿では宇宙生物が抜け出して元に戻る結末であったが、監督の本多猪四郎は制作過程でこれを変更し、自ら死を選ぶことで宇宙生物を死滅させるものとした[2]
リコ
サキの恋人。島の案内役として開発調査員たちと行動を共にするが、開発事務所で横山と共にゲゾラの襲撃を受ける。一命は取り留めたもののショックで記憶を失ってしまう。
オンボ
セルジオ島の祈祷師。当初は工藤たち一行を「悪魔の使い」と呼んで拒絶していた。
横山
アジア開拓のセルジオ島駐在員。ゲゾラに佐倉を殺害されて以来神経質になっており、恐怖のあまり島からの逃走を図ろうとしたところをゲゾラに襲撃され、死亡する。
佐倉
横山の相棒。禁漁区で魚釣りの最中、ゲゾラによって海中へ引きずり込まれる。

スタッフ[編集]

※映画クレジット順

キャスト[編集]

※映画クレジット順

※以下クレジット表記無し

備考[編集]

  • 劇中のセルジオ島民の祈祷歌は、『キングコング対ゴジラ』での、ファロ島民の祈祷歌をアレンジしたものが使われている。
  • テレビアニメ『ケロロ軍曹』第57話Bパート「巨大カエル対南海の大怪獣であります」は本作のパロディとなっており、「イカラ」「カニメ」「ガメーバ」という怪獣が登場する。
  • 本作のポスターは当時の『週刊少年マガジン』の表紙に使用されたことがある[要出典]

同時上映[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 本作公開の前年にアポロ11号が有人月面着陸を行っている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 『東宝特撮映画大全集』 ヴィレッジブックス2012年、140 - 143頁。ISBN 9784864910132 
  2. ^ 切通理作 『本多猪四郎 無冠の巨匠』 洋泉社2014年、408頁。ISBN 978-4-8003-0221-2 

外部リンク[編集]