真紅の男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
真紅の男
The Scarlet Man
監督 本多猪四郎
脚本 問藤守之
製作 田中友幸
三輪札二
出演者 佐藤允
久保明
白川由美
原知佐子
田村奈巳
伊藤久哉
大塚国夫
中谷一郎
野村浩二
三島耕
佐多契子
谷晃
中山豊
若松明
久世竜
沢村いき雄
大村千吉
堺左千夫
天本英世
佐田豊
西村晃
清水元
音楽 広瀬健次郎
撮影 小泉一
配給 東宝
公開 日本の旗 1961年9月12日
上映時間 89分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

真紅の男』(しんくのおとこ)は、1961年9月12日に公開された日本映画。制作、配給は東宝カラー東宝スコープ

解説[編集]

『暗黒街シリーズ』のバリエーション的なアクション映画作品。監督は『ゴジラシリーズ』で有名な本多猪四郎で『モスラ』と『妖星ゴラス』の間に撮られた。本多監督は『宇宙大怪獣ドゴラ』等で怪獣が出てくる刑事アクション物を撮っている。

ストーリー[編集]

勝田組二代目の隆は、大杉一家の組長を殺害したことで4年の刑務所に服役していた。服役した夜に麻薬Gメン・小笠の殺害現場に巻き込まれ怪我をして入院する。高校時代のラグビー仲間である牧川刑事は、街に麻薬が流れていて、勝田組か大杉組が関わっている可能性を伝える。隆は、恋人・トミ子の行方を探してうちに麻薬Gメンの妹の小笠伊久子のバーで勝田組の組員が落としていた麻薬を拾う。隆は、勝田組を乗っ取りを図る三隅の企みを暴くために牧川や伊久子とともに行動するのだった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

主題歌[編集]

同時上映[編集]