谷晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
たに あきら
谷 晃
本名 道家 巻蔵
生年月日 (1910-09-22) 1910年9月22日
没年月日 (1966-08-11) 1966年8月11日(55歳没)
出生地 日本の旗 日本大阪府大阪市
死没地 日本の旗 日本東京市北多摩郡狛江町覚東
(現在の東京都狛江市東野川)
職業 俳優演出家
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1934年 - 1966年
主な作品
酔いどれ天使
用心棒
テンプレートを表示

谷 晃(たに あきら[1]、本名 道家 巻蔵、1910年明治43年〉9月22日[1] - 1966年昭和41年〉8月11日[1])は、日本の俳優演出家大阪府大阪市出身[1]

後に東宝映画の社長となる俳優兼プロデューサー田中友幸とは親友の間柄で、同じ俳優の金平軍之助映画監督稲垣浩とも親しかった。

来歴・人物[編集]

大阪市立東商業学校(現・大阪市立東商業高等学校)を卒業後、様々な仕事をこなして貯金を作り、1934年に新響劇場を立ち上げて[1]舞台俳優として活躍する傍ら東宝に入社し、同社の劇団部では演出家としても活躍した。

1940年には映画『船出は楽し』で念願の初主演を果たし、その後も亡くなるまでの26年間に様々なテレビドラマや東宝を中心とした映画で活躍した。かの黒澤明監督の『七人の侍』にも出演している。主役よりも脇役が多かったが、個性的な演技で名脇役として名を馳せた。その出演数は映画だけでも110本以上に及ぶほどの活躍ぶりで、当時は知名度も抜群の俳優であった。

しかし、1966年8月11日東京市北多摩郡狛江町覚東(現・東京都狛江市東野川)の自宅で首吊り自殺を遂げてしまう。55歳没。同年公開の映画『クレージーの無責任清水港』と同年に放送されたテレビ特撮ドラマ『ウルトラQ』などが遺作となってしまった。

自殺の原因は、俳優としての伸び悩み、持病、借金などが挙げられているが、詳しいことは分かっていない。谷は亡くなる前日まで元気に振舞っていたと言い、谷を慕う親友たちは突然の訃報に絶句したと言う。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 宮本武蔵(1957年)
  • のり平の喜劇教室 かけもち社員(1957年)
  • 新大岡政談 第1話「かどでの日」(1958年)
  • あかね(1959年)
  • 瞼の母(1959年)
  • 失敗(1959年)
  • 自由をおいらに(1959年)
  • 自由を俺らに(1959年)
  • 多甚古村(1960年)
  • 脱走(1960年)
  • 坊つちやん(1960年) - 野だいこ
  • 松本清張シリーズ黒い断層第6・7話「恐喝者」(1960年、KR
  • 卑怯者(1960年)
  • これが真実だ 第33話「葛飾北斎」(1960年)
  • 夫婦百景(NTV)
    • 第127話「お荷物亭主」(1960年)
    • 第132話「果報者亭主」(1960年)
    • 第153話「相惚れ夫婦」(1961年)
    • 第163話「偏屈なる亭主」(1961年)
    • 第309・310話「銀座糞尿譚」(1964年)
  • 女の四季 第29話「花と巫女さん」(1960年)
  • 街の隅っこ(1960年)
  • はみだし十郎(1960年 - 1961年)
  • 裸の家族(1960年)
  • 名勝負物語
    • 第9〜11話「二人の王将」(1960年)
    • 第17・18話「本因坊物語」(1961年)
  • ぼろと宝石(1960年)
  • ここに人あり 第165話「村のよろず苦情処理係」(1961年)
  • こわれた瓶(1961年)
  • 投資夫人(1961年)
  • アメリカ部落(1961年)
  • 国士無双(1961年)
  • がめつい奴
  • 浮気とシャックリ(1965年)
  • ウルトラQ 第2話「五郎とゴロー」(1966年、TBS) - 村人
  • 石になるまで……(1966年)
  • 泣いてたまるか

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 東宝特撮映画全史 1983, p. 531, 「怪獣・SF映画俳優名鑑」
  2. ^ a b c 東宝特撮映画全史 1983, pp. 535–537, 「主要特撮作品配役リスト」
  3. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 39, 「『日本誕生』作品解説/俳優名鑑」
  4. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 91, 「『怪談』作品解説/俳優名鑑」

参考文献[編集]

  • 『東宝特撮映画全史』監修 田中友幸東宝出版事業室、1983年12月10日。ISBN 4-924609-00-5 
  • 『東宝特撮映画大全集』執筆:元山掌 松野本和弘 浅井和康 鈴木宣孝 加藤まさし、ヴィレッジブックス、2012年9月28日。ISBN 978-4-86491-013-2