駅前旅館 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
駅前旅館から転送)
移動先: 案内検索
駅前旅館
Ueno Station Main Building.jpg
舞台の一つである上野駅(写真は2005年)
監督 豊田四郎
脚本 八住利雄
原作 井伏鱒二
製作 佐藤一郎
出演者 森繁久彌
伴淳三郎
フランキー堺
音楽 團伊玖磨
撮影 安本淳
編集 岩下広一
製作会社 東京映画
配給 東宝
公開 日本の旗 1958年7月12日
上映時間 109分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 喜劇 駅前団地
テンプレートを表示

駅前旅館』(えきまえりょかん)は、1958年7月12日東宝系で公開された日本映画。カラー。東宝スコープ

キャッチコピーは「舌三寸で客を引き胸三寸で恋のせる番頭家業の裏おもて」。

概要[編集]

井伏鱒二の小説『駅前旅館』を映画化した作品で、森繁久彌フランキー堺伴淳三郎といった豪華な出演者を売りとした。当初は豊田四郎監督の文学喜劇路線の一本として製作されたが、好評だったことから、3年後の1961年公開の『喜劇 駅前団地』よりシリーズ化し、『駅前シリーズ』として東宝の長寿シリーズとなる。

なお、豊田監督は後に、1967年公開の『喜劇 駅前百年』で復帰することとなる。

スタッフ[編集]

出演者[編集]

同時上映[編集]

若い獣』 - 原作・脚本・監督:石原慎太郎/主演:久保明

備考[編集]

  • 本作はシリーズでは唯一「喜劇」の名称が付けられていないが、当時のポスターなどには付けられていた。
  • 上映時間「109分」というのは、シリーズ中最長である。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]