喜劇団体列車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
喜劇団体列車
監督 瀬川昌治
脚本 舟橋和郎
製作 大川博
出演者 渥美清
ミヤコ蝶々
笠智衆
大辻伺郎
由利徹
城野ゆき
佐久間良子
音楽 木下忠司
撮影 坪井誠
編集 祖田冨美夫
配給 東映
公開 1967年11月12日
上映時間 91分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 喜劇急行列車
次作 喜劇初詣列車
テンプレートを表示

喜劇団体列車(きげきだんたいれっしゃ)は1967年11月12日公開の日本映画。喜劇列車シリーズの第2作。

ストーリー[編集]

愛媛県の伊予和田駅[1]に勤務する国鉄職員、山川彦一は独身の30歳。助役試験を過去に三度落ちているが、四度目に向けて張り切っている。ある日彦一はいつも通りに改札業務をしていると、客車から車掌に伴われて小さな男の子が下車する。志村敬一と名乗るその子とともに宇和島駅で彦一と下車すると、敬一の母親、志村小百合が待っていた。それがきっかけで彦一は次第に小百合に惹かれていく。もう一方で彦一の叔父、八五郎が彦一を心配し、彦一に見合い話を持ちかけてくる。相手は日高邦子。百合子と同じくらい明るい娘で、父友造も好人物。邦子は彦一に好意を抱くが、それでも彦一の気持ちは、助役試験のために試験勉強をともにしてくれた小百合に向いている。小百合のお陰で助役試験の一次試験にも受かったが、二次試験を目前にして小百合が不在の中敬一の看病を徹夜でし、翌日助役試験の試験会場にぎりぎりで滑り込む。案の定彦一は睡魔に襲われ、二次試験の自由討論も落ちる。試験後、彦一は助役試験の結果を飲み屋で友造に報告していると、助役試験に受かった太宰淳一に遭遇。友造を侮辱した淳一の態度に我慢できず、彦一は淳一を叱る。それを見た邦子は、いっそう彦一に惹かれ、絶対彦一と結婚する、と友造に言う。そして四国を巡る団体列車の運転日が来る。団体の中には友造と邦子、そして小百合と敬一もいた。旅行中も邦子は彦一と行動を共にしていたが、それでも彦一の気持ちは小百合にいっていた。しかし高知に滞在していた頃には夢で小百合に「敬一の父親になって欲しい」と言われ、彦一と結婚の約束をしたのに、徳島に滞在中の夜に、小百合は亡くなった夫の友人と結婚すると告げる。がっかりする彦一。翌年彦一は五度目の助役試験に受かり、講習会のために大阪に向かう。伊予和田駅には彦一を見送りにきた妻の邦子と二人の子供の姿もあった。

出演者[編集]

クレジット順

  • 渥美清:山川彦一。主人公。伊予和田駅に8年勤務している国鉄職員。情に厚いが計算が苦手。
  • 小沢昭一:中村部長
  • 笠智衆:日高友造。邦子の父で元国鉄職員。42年勤務し、助役試験に八度落ちたが、鉄道事故を未然に防ぎ、表彰された。
  • 城野ゆき:日高邦子。友造の娘。彦一に好意を持っている。
  • 東けんじ:東。東京から来た漫才師。高知の旅館で漫才を披露する。
  • 宮城けんじ:宮城。東京から来た漫才師。高知の旅館で漫才を披露する。
  • ミヤコ蝶々:お杉。彦一の母。実家である山川雑貨店を営む。
ミヤコ蝶々は、渥美清主演の国民的映画『男はつらいよ』の初期作品においても、主人公車寅次郎の実の母の役を演じている。

クレジット無し

スタッフ[編集]

ロケ地[編集]

「伊予和田駅」のモデルとして撮影されたのは、予讃線堀江駅であった[2]。作中で登場する車両のうち、C58形蒸気機関車333号機は、廃車後に多度津工場に保存されている[2]。また、国鉄車両のほか、土佐電気鉄道(現・とさでん交通)の路面電車も登場している[2]

参考文献[編集]

喜劇団体列車DVD

脚注[編集]

  1. ^ 実在しない、架空の駅である。
  2. ^ a b c 『喜劇 団体列車』 - 渥美清が四国の駅員を演じる列車シリーズ第2作 - 杉山淳一「詠む鉄道、見る鉄道(42)」(マイナビニュース、2013年11月10日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]