瀬良明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
せら あきら
瀬良 明
本名 渡辺 章(わたなべ あきら)
生年月日 (1912-10-14) 1912年10月14日
没年月日 不詳年
出生地 日本の旗 日本岡山県児島郡味野町(現在の同県倉敷市[1]
職業 俳優
ジャンル 演劇劇映画時代劇現代劇トーキー)、テレビドラマ
活動期間 1935年 - 1980年
配偶者 葵令子

瀬良 明(せら あきら、1912年10月14日 - 没年不詳)は、日本俳優岡山県児島郡味野町(現在の岡山県倉敷市)出身。本名は渡辺 章(わたなべ あきら)。

来歴・人物[編集]

1912年(大正元年)10月14日岡山県児島郡味野町(現在の倉敷市)に生まれる。広島県立福山誠之館中学(現在の広島県立福山誠之館高等学校)を経て大阪外国語学校スペイン語部を卒業[2]

1935年(昭和10年)、大阪共同劇団の創立に参加し、久板栄二郎作『断層』や真船豊作『裸の町』などの舞台に出演。1939年(昭和14年)、今井正監督の『沼津兵学校』で映画初出演。劇団解散後の1941年(昭和16年)、大阪放送劇団創立に参加するが、翌1942年(昭和17年)に退団、上京して瑞穂劇団に参加し、終戦まで移動演劇を続けた[2]

戦後、東宝の専属となり、黒澤明監督の『生きる』を始め多くの映画に出演。地味で渋いタイプを身上に気の弱い万年ヒラ社員といった役どころを中心に活躍した[2]。後にフリーとなり、1960年代以降はテレビドラマにも活躍の場を広げた。1980年(昭和55年)以降の消息は不明。

妻は元女優の葵令子で、築地座を経て松竹下加茂撮影所に入社し、衣笠貞之助監督の『雪之丞変化』などに出演した人物である。二人の間に一女をもうけている[2]

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 東芝土曜劇場(CX)
    • 第11話「失敗」(1959年)
    • 第21話「おしくらまんじゅう」(1959年)
    • 第28話「誤算」(1959年)
    • 第80話「むしけら」(1960年)
    • 第83話「陥穽」(1960年)
    • 第86話「失われた特別休暇」(1960年)
    • 第112話「渇いた牙」(1961年)
  • 文芸劇場 / 坊つちやん(1960年、NET) - うらなり
  • 雑草の歌 第145話「わたしは忘れない モンテルンバの灯」(1961年、KR)
  • テレビ劇場 / 山鳩の宿(1961年、NHK)
  • 松本清張シリーズ・黒の組曲 第31話「典雅な姉弟」(1962年、NHK)
  • 夫婦百景(NTV)
    • 第237話「先生女房」(1962年)
    • 第303話「うぐいす」(1964年)
    • 第306話「走れ!夫婦」(1964年)
  • 浪曲ドラマ / 盤獄の一生(1963年、NHK)
  • 短い短い物語(NET)
    • 第84話「ありがとう感謝します」(1963年)
    • 第95話「開業」(1963年)
  • ダイヤル110番(NTV)
    • 第280話「二人に屋根はない」(1963年)
    • 第289話「大阪連続放火事件」(1963年)
    • 第314話「孤絶の島」(1963年)
    • 第326話「土曜日の午後」(1963年)
    • 第356話「猫騒動てんまつ記」(1964年)
    • 第358話「家出」(1964年)
  • 事件記者(NHK)
    • 第295話「血痕」(1964年)
    • 第331話「極秘捜査」(1964年)
    • 第364話「のら犬」(1965年)
    • 第383話「なだれ」(1965年)
  • 何処へ(1966年、NTV) - 阪本先生
  • 三匹の侍(CX)
    • 第4シリーズ 第21話「復讐」(1967年) - 弥衛門
    • 第5シリーズ 第10話「白疾風」(1967年) - 伝兵衛
    • 第6シリーズ 第5話「浪人志願」(1968年) - 吾兵衛
    • 第6シリーズ 第21話「女代官」(1969年) - 用人
  • NHK大河ドラマ(NHK)
  • 戦え!マイティジャック 第20話「宇宙忍者をあばき出せ」(1968年、CX) - 第三原子力発電所関係者
  • 怪奇大作戦 第10話「死を呼ぶ電波」(1968年、TBS) - 小山内久市
  • 河童の三平 妖怪大作戦 第9話「最後の吸血鬼」(1968年、NET) - 吸血鬼
  • 怪盗ラレロ(1968年 - 1969年、NTV) - 中上虎太郎
  • お嫁さん 第6シリーズ(1969年、CX) - 農家の浦さん
  • 旅がらすくれないお仙 第46話「死んだって、思っただけよ」(1969年、NET)
  • ブラックチェンバー 第11話「可愛い女と危険な女」(1969年、CX)
  • 丹下左膳 第10話「スタコラ逃げるが勝ちの巻」(1970年、NET) - 作左衛門
  • 鬼平犯科帳 第52話「艶婦の毒」(1970年、NET / 東宝) - 柏屋四郎助
  • 柳生十兵衛 第16話「三九郎故郷へ帰る」(1970年、CX) - 与左衛門
  • 天皇の世紀 第4話・第5話(1971年、ABC) - 小林良典
  • 人形佐七捕物帳 第12話「鶴の千番」(1971年、NET)
  • 大忠臣蔵(1971年、NET) - 筆安東庵
  • おんな組アクション控 第7話「のぞきはダメよ」(1972年、12CH) - 嘉平治
  • 鬼平犯科帳 第2シリーズ 第25話「礼金二百両」(1972年、NET / 東宝) - 喜兵衛
  • 恐怖劇場アンバランス 第5話「死骸を呼ぶ女」(1973年、CX) - 駐在
  • 前略おふくろ様 第2シリーズ 第7話・第12話(1976年、NTV) - 組頭
  • 大江戸捜査網 第263話「ふたり隠密華麗に参上」(1976年、12ch) - 岩田屋
  • 日本の戦後 第8話「審判の日 極東国際軍事裁判」(1977年、NHK) - 荒木貞夫
  • 大都会 PARTII 第14話「切れたザイル」(1977年、NTV)
  • 若さま侍捕物帳 第13話「参上!! 赤い影法師」(1978年、NET / 国際放映) - 方丈
  • 白い巨塔(1978年、CX) - 繊維問屋組合の幹部
  • 熱中時代・先生編 第1シリーズ 第21話「人情タコ焼き先生」(1979年、NTV) - 古本屋の主人
  • てだのふあ・おきなわ亭(1979年、MBS) - ろくさん
  • 水戸黄門 第10部 第21話「じゃじゃ馬娘はお医者様 -岩村-」(1980年、TBS / C.A.L) - 吾平

脚注[編集]

  1. ^ KINENOTE「瀬良明」の項
  2. ^ a b c d 『日本映画俳優全集・男優篇』p.304