喜劇 駅前火山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
喜劇 駅前火山
Nishi-Kagoshima Station 1959.jpg
舞台の一つである西鹿児島駅(現:鹿児島中央駅)(写真は1959年当時)
監督 山田達雄
脚本 池田一朗
製作 佐藤一郎奥田喜久丸
出演者 森繁久彌
フランキー堺
伴淳三郎
三木のり平
藤村有弘
ザ・ダーツ
音楽 浜口庫之助
撮影 黒田徳三
配給 東宝
公開 日本の旗 1968年5月25日
上映時間 92分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 喜劇 駅前開運
次作 喜劇 駅前桟橋
テンプレートを表示
舞台の一つである桜島

喜劇 駅前火山』(きげき えきまえかざん)は、1968年5月25日東宝系で公開された日本映画。カラー。シネマスコープ。東京映画作品。92分。

概要[編集]

駅前シリーズ』第23作。本作から脚本は池田一朗(のちの隆慶一郎)が担当、そして監督は本作のみ新東宝出身の山田達雄が務めた。

本作は初(そして最後)の九州ロケで、西鹿児島駅(現:鹿児島中央駅)桜島一体を舞台とし、地熱発電を建設しようとする次郎と、それを利用する詐欺師コンビの騒動を描く。

ゲストはモデル女優の前田美波里、子役から成長したジュディ・オング、そして当時「ケメ子の歌」をヒットさせていたザ・ダーツ

スタッフ[編集]

出演者[編集]

同時上映[編集]

河内フーテン族

参考文献[編集]

関連項目[編集]