喜劇 駅前飯店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
喜劇 駅前飯店
監督 久松静児
脚本 長瀬喜伴
製作 佐藤一郎金原文雄
出演者 森繁久彌
伴淳三郎
フランキー堺
三木のり平
王貞治
音楽 広瀬健次郎
撮影 黒田徳三
製作会社 東京映画
配給 東宝
公開 日本の旗 1962年12月23日
上映時間 95分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 喜劇 駅前温泉
次作 喜劇 駅前茶釜
テンプレートを表示

喜劇 駅前飯店』(きげきえきまえはんてん)は、1962年12月23日東宝系で公開された日本映画。カラー。東宝スコープ東京映画作品。95分。

概要[編集]

駅前シリーズ』第5作。本作から大空真弓山茶花究がレギュラー入りする。

本作では『喜劇 駅前団地』以来3作振りに首都圏に舞台が戻り、神奈川県の中華街を舞台としている。そして森繁久彌を始めとする男性レギュラーは、シリーズでは唯一中国人を演じている。

歌のゲストは大木伸夫おさげ姉妹。そして、この年一本足打法を完成し、38本のホームランを打って初のホームラン王を獲得した、読売ジャイアンツ王貞治選手(現:福岡ソフトバンクホークス球団取締役会長)が、本人の役で出演、これ以後スポーツ界からのゲストも歌手ほどではないが恒例となる。

スタッフ[編集]

出演者[編集]

タイアップ[編集]

  • 本作はエースコックがタイアップしており、周四方が即席ラーメン「エースコックワンタンメン」を食べようとしたり、林奇根が「♪ブタブタコブタ、こいつに決めた、ブウ!」と、同製品のCMソングを歌う場面が存在する。なおエースコックは後年「駅前ラーメン」という即席ラーメンを発売し、周役のフランキー堺を宣伝に起用、1968年公開の『喜劇 駅前開運』にも登場させている。

同時上映[編集]

ニッポン無責任野郎

参考資料[編集]